汚部屋のキッチン内装②シンク下

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

汚部屋キッチンの原状回復の続きを。

今回は、シンク下。

 

扉を開けると、収納スペースがあるのだが…

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「キッチン内装DIY」についてです。

 

シンク下の収納スペース

203kitchenpanel200706-21

↑扉を外した後の写真。

黒い。w

 

30年の汚れが蓄積しているに違いない。

セスキで拭きあげても、全然落ちない。

 

そこで、4mmべニヤ板を充てることに。

家に残っていた余り物。

 

シンク下にべニヤ板を敷設

203kitchenpanel200706-26

↑適度な大きさに、丸ノコでカット。

3等分にすることで、施工しやすいようにした。

 

203kitchenpanel200706-27

↑パネル用に購入してあった、接着剤を塗り付け。

 

203kitchenpanel200706-28

↑ビス打ちも加え、完全に汚れを埋め。w

次いで、収納扉。

 

シンク下の収納扉にリメイクシート

203kitchenpanel200706-22

↑表面は、キレイに落ちたが…

 

203kitchenpanel200706-23

↑裏側は、落ちず。

これは、表側はツルツルだが、裏側は板むき出しのザラザラのためか。

 

まあ、ある程度、汚れが落ちたら、お得意のリアテックを↓

203kitchenpanel200706-24

↑表側。

 

203kitchenpanel200706-25

↑裏側。

 

うふふ。

もう汚いなんて言わせまい。w

 

取っ手の新規交換

203kitchenpanel200706-29

↑金属の方が、高価に見える?

元々の取っ手は黄ばんでいたので交換。

 

203kitchenpanel200706-30

↑取付後。

青色にシルバー、良いねぇ。

 

蝶番(ちょうつがい)のお酢の洗浄

203kitchenpanel200706-36

↑家に持って帰って、蝶番をお酢で洗浄。

錆がけっこう落ちる。まあ、見えないところなので、80%仕上げで。

 

ちなみに、扉の復旧後、

組合せが悪いためか、扉が噛み合わず、扉が閉まらない。w

 

扉や蝶番の1つ1つにクセがあるのね。

新規に、受け側に、穴を開けることで、解決させたが…

(やはり、極力、建具は外したくない…)

 

クッションゴムの取り付け

203kitchenpanel200706-37

 

203kitchenpanel200706-38

↑細かい所にも、気を配り、クッションゴムを。

板が傷まないのもある。

 

シンク下の仕上げ

203kitchenpanel200706-31

↑パテは持ち帰ってしまったので、コーキング材にて代用。

隙間やビス打ち後の穴を埋め。

 

また、排水管の穴に隙間があるので↓

203kitchenpanel200706-32

203kitchenpanel200706-33

203kitchenpanel200706-34

↑パッキン? ゴムプレートで塞ぎ。

これで、ゴキブリは浮上しないやろ。

 

203kitchenpanel200706-35

↑リアテック(白色)を施工して、完了。

大きな汚れは、業者の空室クリーニングを依頼するので、気にせずに。w

 

203kitchenpanel200706-39

↑最後に、復旧。

大分、印象が変わったんじゃない?

 

おわりに

 

以上「汚部屋のキッチン内装②シンク下」でした。

 

少しずつ、シンクが化粧して、キレイになっていきますね。

株で言うと、低位株が上がり始めた…!! みたいな気持ちです。w

 

次回、シンクの壁面を施工していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「92名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です