洗濯機の防水パンのDIY交換

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

地方築古割安アパートの割には珍しく、室内の洗濯機置き場。

が、業者クリーニング後に、防水パンが割れていることに気付き…

 

DIYにて、新規品に、交換していきます。

初めてだけど、できるのか?

 

簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「防水パンの交換」についてです。

 

洗濯機の防水パンのひび割れ

203Washing pan-200723-1

↑空室クリーニングにて、指摘された、防水パンの割れ。

どんな風に使えば、こうなるのか…

 

まあ、古いので、壊れやすかったのかも?

まずは、既設品の取り外しを。

 

トラップを可能な限り、取り外し、

隅に、ビスが打ち込んであるので、全てを外す。

ガタガタ、左右に動かしながら、持ち上げると…

203Washing pan-200723-2

↑うっひょ。

古い、クッションフロアが出てきた。w

 

まじか。

全く同じ大きさの防水パンじゃないと、ハマらないのね。w

203Washing pan-200723-3

↑取り外した方の、防水パン。

サイズを測ると、

  • 64cm×80cm

 

直ぐに検索すると、同じ大きさの防水パンが見つかった。

ふー、なんとかなりそうね。

 

ちなみに…

203Washing pan-200723-4

↑排水口の奥を覗くと、床下に。(2階だけど)

へー、こんな感じの構造になってるのね。

思ったよりも、床の厚みも薄く。

あと、トラップ内の残水が汚い…

 

とりあえず、クッションフロア表面をキレイにしておき↓

203Washing pan-200723-5

203Washing pan-200723-6

↑やはり、カラーの違和が残る。w

 

洗濯機の防水パンの施工DIY

203Washing pan-200723-8

↑近くのホームセンターで購入。

この大きさの在庫は、残り1つだった。

ラッキー。

Amazonで調べると、

送料を考えると、ホームセンターの方が、ちと安い。(ほとんど同じだが。)

 

203Washing pan-200723-9

↑まずは、仮置き。

お、旧クッションフロアをぴったり覆うことができた。

 

203Washing pan-200723-10

↑ゴムパッキンは、単独で販売していないとのこと。

そこで、既存のものを再利用。

 

203Washing pan-200723-11

↑ここの部分ね。

ダメなら、トラップを新規に購入するか…

 

203Washing pan-200723-12

↑防水パンを固定するための、付属ねじ。

 

203Washing pan-200723-13

↑インパクトドライバーを使って、打ち込み。

 

203Washing pan-200723-14

↑ついでに、ソケットやL字エルボも、新規品に。

 

203Washing pan-200723-15

↑ソケットをはめ込み。

トラップの受けの黄ばみは、どうしようもなく。w

 

203Washing pan-200723-16

↑L字型のエルボを。

これを取り付けることで、洗濯機との接続が楽に。

 

203Washing pan-200723-17

↑最後に、ねじ穴に、付属品のキャップを締めれば…

 

203Washing pan-200723-18

↑完成。

トラップ受けの黄ばみが、めちゃくちゃ目立つ。w

 

まあ、良しとしよう。

203Washing pan-200723-19

↑洗濯機が運ばれるのが、待ち遠しく。

 

おわりに

 

以上「洗濯機の防水パンのDIY交換」でした。

 

空室クリーニングも終わり、募集開始を意気込んでいましたが、出鼻がくじかれ。w

あとは、浴槽の電灯を。

 

これは、配線工事が要るので、業者に依頼するしかなく。

今月中に仕上げたい!!

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「92名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です