築古アパート、IHヒーターの取り外し方

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

IHクッキングヒーター。

築古にありがちな? ビルトイン(備え付け)タイプの仕様で。

 

まずは、取り外しを。

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「IHヒーター取り外し」についてです。

 

1号アパート205号室のキッチン

205diy_IH-removed_200224-2

 

↑まだ未着手の、このキッチン。

大分、汚れてんなぁ。

 

特に気になるのが、このコ↓

205diy_IH-removed_200224-3

 

調べてみると↓

三化工業のSPH-131S

  • 定格電圧: 100V
  • 定格消費電力: 1300W

 

うへー、

まだ売られているんだ。

 

約1.2万円。

けっこうする。

 

あと、気になるのが、備え付けのスイッチ↓

205diy_IH-removed_200224-4

 

↑キッチン周りの電気系が、ここに集約されている。

  • 換気扇
  • 照明。

 

どうなってんだろ。

早速、下から覗いてみる↓

 

205diy_IH-removed_200224-5

 

回線が3つ。

まずは、IH本体を取り外していく。

 

IHクッキングヒーターの取り外し方

205diy_IH-removed_200224-6

 

↑4か所に、ビス打ちされているので、それらを取り除いていく。

じゃっらーん↓

 

205diy_IH-removed_200224-7

 

下から、手で、力を入れると、

  • ガタッ

 

お、動いた↓

205diy_IH-removed_200224-8

 

思ったよりも、簡単。

そして、気になるケーブル線たち↓

 

205diy_IH-removed_200224-9

 

棚壁を外さないと、見れないっぽい。

ネジを取り外していくと↓

 

205diy_IH-removed_200224-10

 

なはー。

まさかの、コンセントが宙ぶらりん。w

 

これでいいのか?

まあ、30年の実績があるから…大丈夫なのだろう。

 

  • 1つが、IH本体に繋がるコンセント
  • もう1つが、スイッチに繋がるコンセント↓

 

205diy_IH-removed_200224-11

 

ふむふむ。

 

絶縁体は施工しておらず、

赤白黄ケーブルは、照明や換気扇のケーブルなんだね。(消去法。)

 

このスイッチ系も変えたいけど…

電気工事士の資格が要りそうな。

 

ってことで、

とりあえずは、IH本体だけを交換で。

 

事前に、寸法を測っておき↓

205diy_IH-removed_200224-13

 

  • 横: 29cm
  • 縦: 29cm

 

合いそうな、ビルトイン型のIHを、

amazonで探すと…

 

1万円切るし、デザインも良さげ。

次回、これを施工していければ。

 

おわりに

 

以上「築古アパート、IHヒーターの取り外し方」でした。

 

知らないと、めちゃくちゃハードルが高く感じるけど、いざ、手を動かしてみると、とても簡単で。

賃貸系の設備を網羅しつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「54名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です