アイリスオーヤマ「IHC-B112」取付DIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

1号アパート205号室の修繕を進めています。

今回は、キッチンのIHヒーター。

 

Amazonで購入した、

  • アイリスオーヤマのIHC-B112

が届きました。早速、施工DIYしていきます。

とみます
この内容は「IHC-B112」についてです。

 

アイリスオーヤマ「IHC-B112」が届く。

 

前回、型の古い、IHヒーターを取り外した。

>>築古アパート、IHヒーターの取り外し方

 

今回は、取り付けを。

まずは、現場確認↓

205diy_IH-setting200301-1

 

↑29cm × 29cm の穴がスッポリ。

今回、この穴に対応している、IHヒーターを購入↓

 

205diy_IH-setting200301-2

 

↑アイリスオーヤマのIHC-B112。ビルトインタイプ。

 

約1万円と、コスパがいい。

開封すると↓

205diy_IH-setting200301-3

 

取付方法や、使い方のマニュアルが。

スッキリしてるね↓

205diy_IH-setting200301-4

 

ちなみに裏側は↓

205diy_IH-setting200301-5

 

どうやら、このフックが固定治具のようで↓

205diy_IH-setting200301-6

 

それでは、施工していこう。

とその前に↓

 

アイリスオーヤマ「IHC-B112」取付け前に

205diy_IH-setting200301-7

 

↑簡単に、ふき掃除を。

前の汚れが残っている…

 

205diy_IH-setting200301-8

 

↑読めないシールは、スクレーパーにて。

仕上げ後↓

 

205diy_IH-setting200301-9

 

うん、良い感じ。

(築古アパートに100%を求めない。w)

 

アイリスオーヤマ「IHC-B112」取付けDIY

205diy_IH-setting200301-10

 

↑まず、本体を乗せてみる。

お、ぴったり。

 

ほぼ、半分が仕上がった。w

次に、裏側の施工を↓

 

205diy_IH-setting200301-11

 

↑こんな感じのスポンジが同封されているので、これを施工していく。

ちなみに、

  • 3M(スリーエム)

の商品のようで。株でも買おうかー。

 

本体、横についているフック。

それが当たる面に、このスポンジを挟む感じで↓

205diy_IH-setting200301-12

 

↑フックの長さが若干足りてない。w

そこで、このスポンジで少し、幅を取るような感じで。

 

本来の使い方は、クッションなんだけどね、

まあ、今回は、2つの用途として。w

 

逆側↓

205diy_IH-setting200301-13

んー、フックのリーチが短い。w

ぎり、スポンジが挟まる感じに。

 

そして…

本体に水平器を↓

205diy_IH-setting200301-14

 

うん、水平。

多分、大丈夫なはず。

 

余裕があれば、

鍋を持って、稼働テストをしようかー。

 

ってな感じに、今日はここまで。

 

アイリスオーヤマ「IHC-B112」ビフォーアフター

205diy_IH-setting200301-16

 

キッチンは、玄関直ぐ。

開けて直ぐの第一印象を、大切に。

 

おわりに

 

以上「アイリスオーヤマ「IHC-B112」取付DIY」でした。

 

最初、大変そう…

と思いましたが、実際、手を動かしてみると、超簡単でした。

 

事前処理(クリーニング)を含め、合計1時間。

今後、IH交換は、DIYレギュラー入りで!!

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「57名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です