2FL和室→洋室化、壁シーラーとパテ埋め

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

戸建ての和室の洋室化の続きを。

今回は、壁の下地作りの仕上げを。

 

アク止めのシーラー塗布と、

凹凸を埋めるためのパテ塗りを。

 

もう少しで完成が近い?

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「壁作りDIY」についてです。

 

シーラー塗布

2flwa-Sealer210117-1

↑シーラーを塗布するための道具。

一から揃えると、全部で、7000円くらい。

 

受け皿、刷毛、ローラーは、使い回し。

かつ、シーラーも余りモノを使用していくので、実質、今回のコストは無く。

 

2flwa-Sealer210117-2

↑べニア板の上に、塗布していく。

 

表面が多い所は、ローラー。

狭い箇所は、刷毛で。

 

事前に、木材にシーラーを塗っておくと、アクを防止できる。

アクとは、木材から出てくる、汗みたいなもの。

壁紙クロスなどを変色させることがあるそうで。

それを未然に防ぐために。

 

2flwa-Sealer210117-3

↑天井。プリント合板? が板目状に。

ここもクロス仕上げの予定。

シーラーを塗布しておき。

 

2flwa-Sealer210117-4

↑押し入れ面。壁紙クロス予定の箇所には、全て施し。

ちなみに、ドア枠などは、ペンキ塗料を塗ってあるので、シーラーはしていない。

 

パテ埋め

2flwa-pate210117-1

↑次に、パテ。

を準備し、粘土状にさせる↓

 

2flwa-pate210117-2

↑これを、凹凸部分に塗っていく。

 

2flwa-pate210117-3

↑押し入れ奥の、ビス打ち痕など。

 

2flwa-pate210117-4

↑天井の隙間。

天井へのパテ塗りは、けっこうシンドイ…

腕がツラく。

 

2flwa-pate210117-5

↑石膏ボードの繫ぎ目や、ビス打ち痕を埋め埋め。

 

2flwa-pate210117-6

↑ネコちゃんドアの面。

こっちも、大量ら。

 

2flwa-pate210117-7

↑1回目のパテ処理が完了。

模様がすごいw

 

これから、乾かして、さらに、凹凸を無くすため、2度塗り。

そっから、サンダーで研磨して、下地が完成だ。

 

ふー。

まだまだ続きそうだぜい。

 

おわりに

 

以上「2FL和室→洋室化、壁シーラーとパテ埋め」でした。

 

和室を解体し、ほぼ0から壁、床、ドアを造作してきました。

なかなか終わりませんが。w

 

気長にDIYの幅を広げていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「115名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です