退職後の収入の話

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

会社を退職することで、収入が半減します。

事前に収入源を構築してきましたが…

 

給料みたいに、毎月安定する訳では無く。

退職時の収入状況をまとめておきます。

 

退職前と退職後の月収(手取り)

kaisyain240629-2

 

これまでのキャッシュフローを確認しよう。

>>毎月キャッシュフロー

 

給料とそれ以外の月収と手取りは、大体こんな感じ。

  • 給料40万円 – 社会保険料など10万円 =手取り30万円
  • 不動産50万円 – 返済や経費など25万円 =手取り25万円
  • 副業15万円 – 経費など5万円 =手取り10万円

 

不動産や副業は、その月によって、ばらつきがあるので、参考程度に。(副業は少し低めに見積もっている。)

んで、退職をすると、一番の収入源が無くなってしまうのよね。

 

これまで、月収約65万円であったが、

給料が無くなると、

  • 不動産25万円と副業10万円=35万円

が、実質的な手取りとなる予定で。

 

月30万円の支出なので、ぎりぎりだ。w

一番の変数である、副業収入をどこまで伸ばせるか。

 

副業の伸びしろの話

 

不動産収益は満室で上限値に達している。

会社員というスペシャルな属性を捨てるので、今後、アパート一棟の買い増しは難しい。

(戸建ては、時間や手間の割にリターンが少ないかな? )

 

一方、副業は、伸びしろのある分野で。

副業の内訳としては、

  1. 日経225オプション取引 (月数万円くらい)
  2. ブログ収益 (月数万円くらい)
  3. 3Dプリンタ造形による物販 (月10万円超)

全部、一括りにしてしまったが、今、最も伸びているのが、3つ目の造形による物販だね。

(今後、キャッシュフロー計算時においても、計上しようと思う。)

 

不動産が満室で落ち着いていたこともあり、

副業の副業として初めてみたものの、思いのほか、反響が良く。

 

本腰を入れれば、会社員の手取りくらいになるのでは?

と淡い妄想をしている。

 

まあ、その辺は、検証しながらだね。

ありがたいことに、

  • ① 好きなモノをデザインして、オンラインマーケットで販売する。
  • ② 業者から依頼を受けて、指定のモノを販売する。(受注)

のどちらからも収益を上げることができており。

 

基本は、①をできるだけやって、

②は声を頂いたら実施していこうかと。

(ただし、②は負担が大きくなるので、あまり拡大しないかな。)

 

不動産と副業で、貯蓄を減らさないくらいを目指していければ。

 

おわりに

 

以上「退職後の収入の話」でした。

 

これまでは、会社員として、労働時間をマネタイスしてきましたが、

退職後は、資産やスモールビジネスからのキャッシュフローで、時間を有意義に過ごしていければ。

 

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です