ブラックフライデーのAmazonセール開始、2つの小技

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ブラックフライデーのAmazonセールですね。

欲しかったものを順にチェックしていくのだが…

 

より買い物が楽しくなる? 小技が2つあるので、それらを用いながら。

忘れない内に、まとめておきます。

とみます
この内容は「ブラックフライデー」についてです。

 

ブラックフライデーとは

amazon201127-1

引用…Amazonブラックフライデー

 

黒字の金曜日とも訳される

  • ブラックフライデー

 

米国での感謝祭の翌日にあたることから。

小売店がこぞって安売りをし、年最大の売り上げになる慣習から、ブラックフライデー(黒字の金曜日)と呼ばれるそうで。

 

うへへ。

大セールと聞くと、ウキウキしてしまい。

 

何だかんだ言って、

ショッピングは楽しいのよねぇ。

 

まずは、必需品の購入を…

せっかくなので、私なりの買い方を。

 

①URLの最後に「&emi=AN1VRQENFRJN5」を入力

 

嫁の

  • キッチンスケール

をこれから買おう。

 

早速、Amazonで「Black Friday」→「キッチンスケール」と検索すると↓

amazon201127-2

↑たくさんのキッチンスケールが出てきた。

一番上には「スポンサー」商品、俗にいう「広告品」が掲載されており。

広告費を出してまで売ろうとしているので、外れが多い気がする。

こういった商品を一蹴できないのだろうか…

 

そこで、今の画面のURLの最後に、

  • &emi=AN1VRQENFRJN5

と入力して、最検索すると…

amazon201127-3

↑こんな感じに、URLの最後に、コピペで入力。

 

amazon201127-4

↑結果、商品がグッと絞られた。

詳しく調べてみると、このコードは、

  • Amazonが販売会社である、商品に絞られる

そうで。

 

つまり、

  • 発送はAmazonだけど、実は販売元が怪しい会社だった

なんてことを防ぐことができる。

 

良いじゃん。

早速、一番の左上、タニタのキッチンスケールを選択し。

 

②過去の価格推移のチェックは「Keepa」で

 

前回のセール時に、初めて導入した「Keepa」。

>>年に一度のAmazonプライムデー「Keepa」で価格推移を確認

 

これを、Googleクロムに、インストールしておくことで、

半永久的に、どの商品に対しても使用できる。

 

こんな感じだ↓

amazon201127-5

↑従来の商品の販売情報ページに、その商品の過去の価格推移を表示してくれる。

たとえば、このキッチンスケール。

 

11月くらいまで、2000円台で売られていたが…

このセールでは、1680円に!!

 

おぉー、

ってなるじゃない。

 

ってことで、1つ目の商品購入は、終了。

そんな感じに、ショッピングを楽しんでいければ。

 

おわりに

 

以上「ブラックフライデーのAmazonセール開始、2つの小技」でした。

 

どうしても「お得」を確かめた上で、買い物したい貧乏性で。(泣)。

いづれは「値札」を見ないで買えるような、経済的に余裕を持った大人を目指しつつ…

 

今を楽しみながら、少しずつね。

>>amazonのブラックフライデー

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「107名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です