【VX】米国VI売り利確と今後の相場感

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

VX(VIX先物)のCFD「米国VI」。

前回、仕掛けてから、約10日が過ぎます。

 

ここで、売りポジションを「利確」しました。

まとめておきます。

とみます
この内容は「VIX投資」についてです。

 

米国VI売りを利確

VIX180919-1

 

約10日前のVIX祭り。

新規に売った、米国VI。

>>【VIX祭りは続く?】米国VI、ベアETF、ブルETFを「軽く」新規エントリー

 

それを、決済した。

4枚とも、全て。

 

+8,275円。

VIX180919-4

 

要した証拠金は「+20,700円」なので、利回りにして「+40.2%」。

上出来だね。

 

ちなみに、利確の理由は…

 

米国VI売り「利確」の理由

 

S&P500の1時間足↓

VIX180919-3

 

↑「2,910ドル」が節目。

何回も反落している。

 

加え、前最高値「2,915ドル」に達せず。

今の力は「弱い」と見た。

 

米国VIの減りが、イマイチなので、リスクをオフに。

保全ポジションにした。

 

急落が来れば、また、新規にポジションを持てばよい。

ジワジワ揉み合うならば、時間的価値の損失で、ベアやブルの利益で。

 

現在のポジション

  • 米国VIブルETF 売 6枚
  • 米国VIベアETF 買 6枚
  • 米国VI ノーポジ。

 

併合後なので、枚数は減っている。

 

S&P500の今後の相場感

VIX180919-7

↑S$P500の1時間足

 

結局、下落は来なかった。

 

現在、想定しているシナリオは、3つ。

  1. 前最高値にチャレンジ
  2. 揉み合い
  3. 下落。

 

1,2で、保有ポジションの利器が増す。

3で、新規に「米国VI売り」の検討。

 

ヒンデンブルクオーメンは、まだ点灯しているから、暴落を警戒しつつ。

 

どちらに動いても、利を追求していく。

>>GMOクリック証券CFD

 

おわりに

 

以上「【VX】米国VI売り利確と今後の相場感」でした。

 

VIX投資の利益が順調ですね。

3か月間、研究した成果が徐々に出ているのかも。

 

まだまだ、細かい所は、精査できていませんが、走りながら考えていきます。

初めて見る方は、こちらを。

>>VIX投資の始め方

 

気長に期待していきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「724名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

【VX】米国VI売り利確と今後の相場感” に対して 2 件のコメントがあります

  1. いしん より:

    利確おめでとうございます!(#^.^#)

    あたしはスイングに切り替えてポジ中ですw

    1. とみます より:

      いしんさん、ありがとうございます!!
      スイング良いですね~、
      私も、短期用は撤退しましたが、長期用はスイングしてます(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です