Zaif取引所のハッキング、今後のZAIFやCOMSAの相場感?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

Zaif取引所がハッキングされました。

2016年より、当方の、利益の第1生産工場(国内メイン)であったため、かなり残念です…。

 

昨日の朝に公表されましたが、Zaif取引所の独自トークン「ZAIF」、「CMS」はどんな値動きになったのか。

チェックしておきます。

 

「ZAIF」は「0.1円」を切ってくると、面白いんですが…

さてさて、どうなることやら。

とみます
この内容は「Zaif×投資」についてです。

 

第1生産工場「Zaif取引所」に対して

 

初期投資額「15万円」。

当時、2016年の夏。

 

見よう見まねで、生まれて初めて、クリプト取引所の口座開設をした。

>>「Zaif」アカウントの開設から実際の運用方法まで、15万円が24万円になりました

 

それが「Zaif(ザイフ)」。

 

その後、原資を回収し、

2017年12月のバブル? もあり、残した資金は「ベンツ」を買えるくらいの評価額まで達した。

 

が、その後、急落。

「プリウスの中古」くらいになった。

 

そこで、本格的に「テクニカル分析」を勉強し始める。

今年の2月。

 

あの時「ダウ理論」を知っていれば、もう少し、まともに、利益を守ることができただろうと…(´・ω・`)ハー。

さらに、ICOには、30案件以上、出資してきたが、今年の成績はヒドイ。

 

ってな感じで、今に至る。

 

結局は「金融リテラシー」がモノをいう時代。

この半年で、大分、探求してきた。

 

と、思っていた矢先、

  • Zaif取引所のハッキング( ゚Д゚)

 

まじか。

  • 第2生産工場「Kucoin」
  • 第3生産工場「HitBTC」
  • 第6生産工場「Huobi」

「日本人お断り」により、海外生産工場の「撤退」を余儀なくされている矢先、主力「国内」生産工場までも…

 

ってことで、絶賛、凹み中?

まずは、ハッキング内容をチェック↓

 

Zaif取引所のハッキング

 

どうやら「ホットウォレット」がハックされたそうだ。

ホットウォレットは、一時的な入出金用のためにあり「リスクの高い」管理状態になる。

 

その不正アクセスが原因。

>>仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について

 

今、把握されている金額で「約67億円」。

  • 内、22億円 → テックビューロ株式会社
  • 残、45億円 → お客様

 

盗まれたのは、

  • BTC
  • MONA
  • BCH

らしい。

 

地合いも悪く、BTCは、ノーポジション。

>>「BTCは上がるのか?」の質問に対して

 

残りの「MONA」や「BCH」が気になるところだが…

全面的に「価格が下落」している。

 

うーん、機能的? に優れていても、上がらないのかぁ…。

クリプト、難しい。

 

んで、個人的には、Zaifでしか扱っていない「ZAIF」や「COMSA」の値動きが気になることろ↓

 

ZAIFの日足チャート

zaif180920-1

 

下がってはいるが、バブル時代に比べると、思ったよりも下がっていない。

 

個人的には「0.1円」を切ってほしいところ。

が、今は、まだ「0.1円」代で推移。

 

ちなみに、去年の夏は「0.1円」を切っていた。

実際、私も「0.07円」の指値で、購入している↓

zaif180920-2

(約1.3万円分。)

 

その後、1週間後には「約2倍」。

一部を売った。

 

(その後に、暴騰するなど、思いもしなかった。20倍以上に…。)

 

ってな感じに、おいしいのが「ZAIF」。

去年通りにいくと、そろそろ「購入」を検討し始めるところ。

>>Zaif取引所

 

ただ、この先のことは、誰にも分からない。

「底値」を切る可能性もある。

 

一生、上がらないかもしれない。

 

やっぱり、クリプトは、少額投資かな。

元本を回収していない人は、リスクを負うことになるので、注意しつつ。

 

元本を回収している私は、少しだけ「ZAIF」を購入した。

まだ下がるのを、虎視眈々と待ちつつね。

 

COMSA(XEM)の日足チャート

zaif180920-3

 

↑ICOの時から参加している。

当時、約「100円」。

 

これも、価格が「1.4倍」あたりから、元本回収をしてきた。

>>COMSAが上場「翌朝+41.6%」って異常だよ、 一部を利確

 

その後、「5倍」になったものの、急落。

さらに、ヒドイことに、今は「0.1倍」に。w

 

COMSA(コムサ)は、テックビューロのブロックチェーンの普及させるプロジェクトと認識しているが…

どうなることやら。

 

全く先が読めない。

むしろ、一生使われなくなり、孫の世代に「アンティークコイン」として、価値が出始めるのではないかとも、思っている。

 

ってことで、これも少しだけ購入。w

まだまだ、下がるかもしれないので、買わないでね。

 

国内取引所のリスクヘッジを

 

これまで、長い間、使い続けてきた「Zaif取引所」。

「第1生産工場」と位置づけ、利益のメイン工場として、活躍してくれた。

 

が、ハッキング。

 

うーん、残念。

最悪のシナリオだ。

 

だが、今年、コインチェック事件もあり、淡々と、国内生産工場の立ち上げを行ってきたのも事実。

>>bitbankを開設、国内取引所も複数体制で

 

リスクをヘッジする。

「社長!! 生産工場、1つだけでは、経営ならないっすよ。」

 

日本は、地震も多い。

今回を機に、いつでも取引できるように、体制を整えておこう。

 

Zaif同様、手数料の安い取引所は、ビットバンク。

>>bitbank

 

その他、手数料は高いが、大手運営会社も。

>>GMOコイン

 

あとは、独自クリプト「QASH」を発行している「QUOINEX」。

>>QUOINEX

 

ってな感じに、全国展開で。

 

おわりに

 

以上「Zaif取引所のハッキング、今後のZAIFやCOMSAの相場感?」でした。

 

一見、暗くなるニュースですが、BTCの価格は崩れてきていませんね…。

意外にも。

 

良くも悪くも、これからのクリプトの普及と技術発展を末永ーく、応援していきます。

気長に期待です。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「727名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です