BISS取引所とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

IOSTで、できることを模索していると、BISS取引所に辿り着いた。

ん? CFDにも対応している、クリプト取引所?

 

なんだか面白そうなので、色々、調べてみました。

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「BISS取引所」についてです。

 

IOST×BISS取引所の協業?

 

前回、IOSTを無料でアカウントを作成した。

>>IOST wallet(アカウント)を無料で作る方法 (PCで)

 

IOSTで、何ができるのかなー?

と、探っていると、投票システムに参加できるみたい。

>>https://iost.biss.com/

 

19/5/5現在、

  • Huobi Pool が一位。
  • BISS.com が二位

 

どうも、

  • node (個人サーバーみたいな?)

を持たなくても、マイニングシステムに参加できる?

 

(選挙の順位に応じて、IOST報酬。

各参加者らによる、エコシステム構築が目的?)

 

お、面白そう。

試しに、投票しようとすると…

 

BISS取引所から、IOSTトークンを送る必要があるみたい↓

BISS190505-12

 

この際、開設することに。

ん? BISS取引所って大丈夫? 怪しい?

 

BISS取引所とは (株価CFDに対応している?)

BISS190505-30

 

  • 世界初のトークン→株式のCFD取引プラットフォーム

 

ぬぬ?

株価のCFDだと!?

 

ざっと見てみると↓

BISS190505-14

引用…BISS.com

 

  • QQQ (ざっくり、米国株価指数、NASDAQ100連動。)
  • Short QQQ
  • CSI 300 (ざっくり、中国株価指数、上海上場株式と深セン上場株式。)
  • Short CSI 300
  • Alibaba

 

まじかぁ。

確かに、あるやんけ。

 

すぐさま、板をチェック。(どうせ、価格が離れているんでしょ?)

が、市場がオープンにならないと、見ることができないみたい。(今度の平日に、確認する。)

 

ちなみに、CFDとは、差金決済取引のこと。

>>CFD (Contract for difference; 差金決済取引)とは

 

証拠金取引といって、レバレッジを活用することで、資金を効率よく運用することができる。

ただし、ロスカット設定や資金管理といった、スキルが必要なので、初心者は、やめてね。

 

BISSのファンダー

 

BISSの取引所の詳細について。

>>About BISS Exchange

 

ファンダーとして、

から、出資を受けている模様。

これが、ホントだったら、すげーな。

 

BISSは中国系?

 

中国語だね↓

BISS190505-17

 

拠点は、ケイマン諸島。

また、NFA(National Futures Assosiation*)ライセンス番号は、

  • 0517503。

(*全米先物協会)。

 

全米先物協会でBISSを確認

 

早速、NFA公式サイトで検索してみると、

>>https://www.nfa.futures.org/basicnet/

 

確かに、ヒットする↓

BISS190505-18

ふーむ。

あながち?

 

ただ、会社「BISS limited」でググったけど、サクッと見つからなかった。

まあ、懸念もある。

 

独自トークンBISS

 

独自トークンも発行している模様。

>>BISSトークンとは

 

ざっと、

  • BISS.comのプラットフォームトークン。
  • イーサリウム規格。
  • 発行日: 19/4/13 と、新米通貨。
  • 発行枚数: 10億枚 (一定。)
  • 流通量: 5000万枚 (5%)
  • メリット①: 通貨および株式取引の手数料割引
  • メリット②: プラットフォーム収益の配当
  • メリット③: BISS UPの割引? (BISS UPは、トークン上場、IEOのことか。)

などなど。

 

おぉ、久しぶりに、リスクの高い案件。w

(初めての人は、大手取引所Binanceとかの方が安心かも。)

 

上場後、価格は上がっている模様↓

BISS190505-16

引用…https://www.biss.com/#/cryptocurrency

 

どうも、4/12から、トークン販売があったようで。

>>BISS Launches 「BISS UP」for Initial Public Sale of BISS Token

 

上場時に、約2~3倍。

うーん、ちょうど今は、高騰ぎみ?

 

値崩れしそうな…? w

 

さらに、出来立てホヤホヤの取引所なので、リスクは超高め。

最悪、ハックされる可能性も。

 

リスクを十分理解した上で、投下金は、少なめにしておこうかな。

 

BISS取引所の始め方、開設方法

 

  1. BISS.com」にメールアドレスを登録する。
  2. メールアドレスに認証番号が送られてくるので、入力する。
  3. Google Authenticatorの登録をしておく。(任意だけど、推奨。)

 

以下、画面を用いて↓

 

①「BISS.com」にメールアドレスを登録する。

BISS190505-19

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 再パスワード

を入力する。

 

  • nnmhly

は、私の招待コード。

 

サービス規約を軽く読んで「Sign up」する。

すると↓

BISS190505-2

パズルを、はめ込むと…

 

②メールアドレスに認証番号が送られてくるので、入力する。

 

登録したメールアドレスに、認証番号が送られてくる。

それを入力する↓

BISS190505-20

 

これで、完了だ。

 

③Google Authenticatorの登録をしておく。(任意だけど、推奨。)

BISS190505-22

 

↑スマホにGoogle認証アプリを入れることで、スマホが無いとログインできないようになる。

セキュリティーは強化されるが、スマホ替えには、要注意。

(その際は、スクリーンショットをデスクトップに保管したりだとか。)

 

BISS取引所への送金方法

 

一例として↓

  1. 「BISS取引所」より、「Depositアドレス」を表示させる。
  2. bitbank」より、出金する。*

(*自分のよく使う取引所でOK。)

 

①「BISS取引所」より、「Depositアドレス」を表示させる。

BISS190505-23

↑Balances → Cryptocurrency Account より、ETH の Depositを選択する。

(ちなみに、他の通貨でもOK。個人的に、ETHの送金手数料が安い印象があったので。)

 

Deposit Addressが表示されるので、コピーしておく↓

BISS190505-25

 

②「bitbank」より、出金する。

BISS190505-26 BISS190505-27

↑ログイン後、出金を選択。

「イーサリアムアドレスを追加する」と出てくるので、BISS.comでコピーしたアドレスを入力する。

 

その後、引出数量を入力して、送金。

メールアドレス認証で、送金指示が完了。

 

5分もしない内に…

BISS190505-28

送金完了。

 

今回は、お試しの、

  • 3ETH (約5万円)

を。

 

BiSS.comに戻ると、反映されていた↓

BISS190505-29

 

ちなみに、ETHだと、

  • BISSの購入や
  • Stock Account

を使えないみたい。

 

双方に対応している

  • USDT

に変換しておくことに。

 

板は、そこそこに薄いー。

(まだまだメジャー級では無い感じ。)

 

あと、指値すると、前後に注文が。

誰かのアルゴリズム? 全然、約定しないんだけど。w

 

まあ、この取引所では、

  • BISS
  • IOST
  • USDT

のポートフォリオを作れればいいか。

成行(market)で致し方なく、確実に。

 

気長にフォローしていく。

 

おわりに

 

以上「BISS取引所とは」でした。

 

個別株CFDに対応している取引所があることに、驚きました。

過去を振り返ってみると、ビットコイン先物が17年12月に。(CBOEやCME。)

 

近い将来、BTC-VIXやクリプト通貨のオプションも近いのかもしれませんね。

考えただけでも、末恐ろしいですが。w

 

クリプト通貨×取引所の情報も、少しずつアップデートしつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「980名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って、行動してきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

BISS取引所とは” に対して 2 件のコメントがあります

  1. IOST-Loser より:

    ウワサではBISSは中国政府より現在取り調べ中の模様で、出金が一切できません。ご注意ください。2019/11/8

    1. とみます より:

      IOST-Loserさん、
      教えて頂きありがとうございます!!
      日に日に価格は下がっていますね…、監視していきます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です