先物市場のテクニカル分析(本)を初心者が購入

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

初心者が「FXトレード」に手を出して、早、数日。

とてもじゃないけど、利益を上げれるイメージがない。

 

このままだと「ヤバい」ので、大人しく「テクニカル分析」を学んでいます。

んで、参考になる本がこれ。

 

「先物市場のテクニカル分析」。

ちょっぴり「お高い」けど、背に腹は代えられない。

 

まずは「テクニカルの基本」を「脳」に、インストールしていきます。

とみます
この内容は「先物市場のテクニカル分析」についてです。

 

先物市場のテクニカル分析(本)を購入

Jpeg

 

先日、とりあえず「FX」の口座を開設し、「3万円」の証拠金をゲットした。

>>【is6comの始め方】初心者が無料でゲットした「3万円」で…

 

試しに「ドル円」を買ってみたものの、今の私には「戦略」がない。

このままだと「焼かれる」だけなので、本格的に「テクニカル分析」を勉強中。

 

不思議なもので「意識」を持つと、自ずと情報が集まってくる。

「テクニカル分析」は、ゼミメンバーの「くじらっきーさん」が得意としている。

 

「ダウ理論」すら知らない私に「トレンド」という概念を知った。

>>【テクニカル記事】ダウ理論とトレンドの深い関係~トレンドフォローという技術を身につけよう

 

ぬ、このままだと、知らなすぎる。

ってことで、早速、彼の推奨本を「Amazon」で購入。

Jpeg

 

「先物市場のテクニカル分析」。

価格は「約5,000円」と、高い。

 

まあ、ネット上での評価が高かったので、即、購入。

「カプランのオプション売買戦略」(約8,000円)のように、多分、元手を回収してくれるだろうと。w

 

並べてみた↓

Jpeg

 

なかなか分厚い。

(ネコ様も、気になるよう。)

 

この4冊あれば、多分、投資で、飯は食えるんじゃないか。

ってことを、これから証明していきたいんさな。

 

早速、開けてみると…

 

先物市場のテクニカル分析「テクニカル分析の定義」

 

これも、まるで、辞書。

眠くなる…

 

まずは、「テクニカル分析の定義」から、確認しておこう。

「テクニカル分析」って、ブログでもよく言うようになったけど、詳しく知らなかったという。w

 

テクニカル分析とは、主として、チャートにより市場の動きを研究するもの。

 

へー、なるほどね。

本業が研究職な私に「研究」とは、…ウズウズするぜ。

 

ん、何のために、分析するんだ?

 

先物市場のテクニカル分析「テクニカル分析の目的」

テクニカル分析の目的は、将来の価格の方向性を予測することにある。

 

とのこと。

 

なーる。

これをちゃんと勉強すれば、もっとエントリータイミングの確度が上がるんじゃね?

って。

 

…どうやら、トレーダーは、みんな使っているっぽい。w

よく今まで、やってこれたよ、me。

 

もはや、トレードで益を出し続けるには「タイミングが全て」と言って良いのかも。

 

んで「テクニカル分析」を語るに当たって、欠かせないのが…

「ファンダメンタルズ」との比較。

 

先物市場のテクニカル分析「テクニカル予測 vs ファンダメンタル予測」

 

簡単に、まとめておこう。

  • テクニカル予測 → 市場の動きの研究。
  • ファンダメンタル予測 → 本来的な価値を見出し、価格に影響を与える要素に焦点をあてる。

 

へー。

 

よく言われるよね。

ファンダメンタル要因は、市場に「織り込まれている」って。

 

これは「テクニカル」を前提にした話なんだ。

もっと言えば「テクニカルは、ファンダメンタル分析の省略を可能とする」と。

 

さらに、驚くべき事実は、

多くのファンダメンタリストは「チャート分析の基本」を仕事上、身に付けていると。

 

んぎゃあ、

業績とかチェックしていたり、長期ホールドしている投資家は、やるべきことをやっているという…

 

むしろ、長期保有の投資家ほど、テクニカル分析のレベルが高いって言うしね。

そりゃそうか。長い間ポジションを持っているんだから…

 

どっちにしても、マストなのは「テクニカル分析」。

投資をする上で、避けては通れない…

 

なら、サッと、身に付けてしまった方が良いやんけ。

おそらく、今の20代は、これから「投資スキル」は、欠かせないモノになってくる。

 

むしろ、もっと早くに、知るべきだった…

まあ、人生100年時代、残りの70年以上を考えれば、今、出会えたことに感謝。

 

ありがとう、くじらっきーさん。

180326-1

 

どうやら、この本は「ダウ理論」に定評のあるようだ。

一歩ずつ、理解を進めていく。

 

「ダウ理論」を説明できない人は、必ず、読んでおこう。

>>先物市場のテクニカル分析

 

おわりに

 

以上「先物市場のテクニカル分析(本)を初心者が購入」でした。

 

なんとなーくのテクニカル分析から、理論に基づいた分析ができるようになることを期待して。

 

習得さえしてしまえば、

  • FXだけでなく、
  • 仮想通貨、
  • 日経225オプション取引
  • 株式、→ 米国VIにも?
  • 貴金属、
  • 石油、

にも、生かせそうです。

 

最近は、専業トレーダーの体系化された本も、参考にしています。

>>【維新の介】9割のトレーダーが失敗する理由 (550円でコスパが良い)

 

「投資×知識」の底上げを継続していきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「634名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です