BTC/USDの利確通知、ドルが弱いのか…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

あらゆる指数が上昇しており。

なぜか、BTCも?

(ドルが弱いってか…トランプさんよー。)

 

9月にエントリーしたロングは、一旦、利確しておきます。

というよりも、指値の利確が刺さり。

 

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「BTC急上昇」についてです。

 

BTC/USDの週足チャート

 

MT4が使えるので、

CryptoGTを利用していたのだが、

いつの間にか、ログインできなくなっており。w

 

一向にチャートが更新されず、困ったもので。

代わりに、Binanceのウェブブラウザにて↓

(といっても、TradingViewの組み込みだが。これもMT4に次いで、使いやすい。)

SBI-crypto-cfd201106-2

↑BTC/USDの週足チャート。

売り手のストップロスの買いと、新規の買いが入りやすく。

 

時間足も週足で、その分、見ている人が多く、大きく動きやすかったか。

トレンド転換まで至るとは。

 

指値してあった、利確通知が届いたので、

今回のトレードを振り返ってみよう↓

 

9月にエントリーしたロングは、一旦、全てイグジットしたことになる↓

SBI-crypto-cfd201106-3

>>SBIの暗号資産CFDのレバレッジ手数料がジワジワ…

 

保有ポジションに対する、レバレッジ手数料がチマチマと痛いといっていたが、

思いのほか、早く決着がつき。

(図中、赤文字のところね。)

 

利益に対する、手数料の割合は、

  • 5~7%

といったところ。

 

けっこうでかい。

まだまだ暗号資産のレバ取引はオススメできない。

 

今回のリスクリワード

 

  • 証拠金: 30万円
  • その場合の許容できるリスク=30万円*2%=6000円。←損切りライン。
  • 結果論になるが、リワード=+22416円。
  • リスク:リワード = 1 : 3.7

 

まあ、上出来ね。

この季節といい、この雰囲気といい、2017年を彷彿とさせる値動きで。

 

だが、先のことは、誰にも分からない。

 

なので、一旦、レバレッジは解除し、

今後は、現物でトレードしていければ。

 

おわりに

 

以上「BTC/USDの利確通知、ドルが弱いのか…」でした。

 

金融緩和に、米国の弱さが重なり、あらゆるモノが高騰し。

資産分散の恩恵を受けつつ、収益の保全の努力を続けていければ。

 

というのも、OKEx取引所の引き出しがまだ制限されているそうで。(泣)

どんだけ、GOXすんねーん。(泣)

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「106名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です