中国株に投資するには

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

米国株が盛り上がっている今、中国株は…

ポテンシャルの高い企業が多そうな。

 

近いようで遠い、中国。

投資判断のために、まずは、市場と指数について、簡単に調べました。

 

手数料を低く抑えて投資するには…

とみます
この内容は「中国株の市場と指数」についてです。

 

米国株の後は中国株?

 

今、米国株投資家ののアーリーリタイアが話題に。

彼らは、数年前から、投資をしている。

 

ということは、彼らみたいに、アーリーリタイアを成功させるには、数年後を見据える必要が。

 

その一つに

  • 中国株?

(もちろん、米国株も、まだまだ伸びそうだけど。)

 

ってことで、中国株の情報を調べていると…

 

まだ、国内における中国株取引は、手数料が高い。

 

最近、米国株の最低取引手数料が、改善されたけど、日本における、中国株投資の環境は整っていないみたい。

まず、10万円以下で、投資しようとすると、最低取引手数料が高い↓

最低手数料 取引手数料 最大手数料
マネックス 630円* 0.25% 6,300円*
SBI 658円* 0.26% 6,580円*
楽天 500円 (10万円以下) 0.5% 5,000円
内藤 1,000円over? 0.3577%+0.44% ?

*1香港ドル14円で計算。

 

↑ここでは、比較するために、香港株を買い付けた場合を、表記。

 

内藤証券と、2つの手数料(現地と国内)体系があって、分かりづらい。

おそらく、1,100円前後かかりそう。

 

だけど、この内藤ならではの、メリットも。

扱っている、中国株の範囲が広い。

 

そのためには、まず、市場の理解が不可欠↓

 

中国株/3つの市場(証券取引所)と指数について

 

大きく分けて、中国株を扱う、3つの証券取引所が↓

  1. 香港市場
  2. 上海市場 (中国大陸)
  3. 深セン市場 (中国大陸)

 

さらに、

それぞれに、3つずつ、指数が↓

 

①香港市場における3つの指数

 

  1. ハンセン指数 (Hang Seng Index) … 香港市場全体の動きを表す指数のこと、33銘柄を対象。
  2. H株指数 (Hang Seng China Enterprises Index (HSCEI)) … 香港証券取引所に上場している中国企業のうち、登記地が中国本土の企業。40銘柄。
  3. レッドチップ指数 (Hang Seng China-Affiliated Corporations Index, (HSCCIi) … 香港証券取引所に上場している中国企業のうち、登記地が中国本土以外の企業。25銘柄。

 

②上海市場における3つの指数

 

  1. 上海A株指数 … 中国国内投資家向け。
  2. 上海B株指数 … 海外投資家向け。
  3. 上海総合指数 … A株とB株の時価総額加重平均指数。

 

③深セン市場における3つの指数

 

  1. 深センA株指数 … 中国国内投資家向け。
  2. 深センB株指数 … 海外投資家向け。
  3. 深圳総合指数 … A株とB株の時価総額加重平均指数。

 

うへー、

色々あって、複雑。w

 

調べてみると、中国大陸にしか上場していない、企業もあるのね。

(香港市場以外。)

 

そのため、

  • 香港市場の株式を売買できる、マネックス、楽天、SBI

よりも、

  • 香港市場+香港以外の株式を売買できる、内藤証券

の方が、軍配が上がるのね。

(その分、手数料高い。)

 

まあ、まずは、

  • 香港市場 (30兆香港ドル)

を抑えておけば、とりあえずは、OKな気がする。

>>中国株式市場の概要 (東洋証券)

 

にしても、毎回、500円以上の手数料がかかるのはキツイ。

手数料安くて、中国株に投資する方法ないかなぁと、色々探していると↓

 

GMOクリック証券での中国株系の取り扱い

 

国内で、手数料が安いのは、

 

特に、指数モノの先物には、持って来い。

(VIXトレードをメインに使用。)

 

んで、ここで扱っている、中華系を調べてみると…

 

先物系

  • 香港H: 香港ハンセン先物 (HKEX) @香港ドル
  • 上海A50: FTSE中国A50先物 (SGX) @米ドル

と、

 

レバレッジ型ETF系

  • 中国ブル3倍ETF: Direxion FTSE 中国株ブル3倍ETF /NYSE ARCA

を発見。

 

  • 先物系は、価格調整額の受け払いが発生し、(金利調整額、権利調整額の受け払いは、発生しない。)
  • ETF系は、価格調整額の受け払いは発生しないで、金利調整額、権利調整額の受け払いが発生する。

 

ん?

どれが、良いんだろ?

 

香港H vs 上海A50 vs 中国ブル3倍ETF 【比較】

 

まずは、

可能な限り、長期のチャートを並べてみた↓

 

①香港Hの月足チャート

china-stcok191028-1

  • 現在価格: 約27,000
  • 証拠金: 約37,000円

 

お、歴史があるね。

上昇トレンドを維持している。

 

ちなみに、リーマンショック級の金融ショックが来ると、約3分の1くらいだね。

頭の片隅に。

 

②上海A50の週足チャート

china-stcok191028-2

  • 現在価格: 約14,000
  • 証拠金: 約15,000円

 

GMOでの? 歴史が浅く、週足にて。

2015年のブレイクすごいね。ざっと、2倍。

 

今は、まあまあ、上昇している。

 

③中国ブル3倍ETFの週足チャート

china-stcok191028-3

  • 現在価格: 約18.50
  • 証拠金: 約400円

 

お、証拠金が低いね。

小資本の場合、1枚単位で裁量コントロールが効くから、これにしよう。

 

ぬ?

上海と、傾向は、似るはずなんだけど…

 

こっちの方が、下への圧が強いね。

なんでなんだろ。

 

商品を調べてみると、

  • Direxion FTSE 中国株ブル3倍ETF (YINN)

は、

 

あ、香港市場から、選出した50銘柄の加重平均の3倍を目指す、っぽい。

上海とは、違うのね。

 

内容を見てみると、

  • 中国建設?銀行 (China Construction Bank) 9%
  • テンセントホールディングス (Tencent Holdings) 8.87%
  • ピンアー? (Ping Aa) 8.87%

ってな感じ。

 

セクターで見ると、

  • 金融 45.84%
  • 通信 18.30%
  • 小売り 9.89%

と、金融依存度が。

 

こりゃあ、金融ショックが恐ぇぇ。w

と、言いつつも、少しだけ、エントリーしてみようかと↓

china-stcok191028-4

 

ETFなので、金利調整額が発生する。

どれくらいになるんだろ。

 

まずは、検証を兼ねて。

 

おわりに

 

以上「中国株に投資するには」でした。

 

現物の場合、手数料が負担になり、小資本には、キツイですね…

近い将来、米株のように、最低取引手数料が、解禁されることに期待しつつ。

 

一方、レバレッジを生かし、証拠金トレードを探求していければ。ただし、リスクコントロールが必須なので、中級~上級向け。(初心者の場合、試しに1枚とかなら大丈夫だけど。)

>>GMOクリック証券CFD

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1137名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

とみますん家

・とみますに興味のある方
・これまで発信してきた内容について、質問したい方
・気楽に相談したい方
・私への仕事依頼や共同コラボを考えていて、事前に検討したい方
・ちょっと様子を見たい方
を対象に、無料オンラインサロンを開設しました。
Discord(ディスコード)と呼ばれるSNSを利用しています。

現在、日頃から応援してくれている読者に感謝を込めて、大還元キャンペーン中!!
保有しているだけでお金が増える配当型NFTを無料でプレゼント!!

原資/
・毎月このブログから得た収益の10%から。

NFTを受け取るには/
・Discordに参加して自己紹介するだけ。

配当を受け取るには/
・保有しているNFTのメタ情報に応じて、ランダムに当選者を決定します。

一言/
NFTだけ欲しいとかでもOK! お気兼ねなく!
少しでも豊かになった読者が増えたら嬉しいな!!

free Mint数と配当実績/
'22年07月, 合計Mint数=1人, 配当104.81USDT
'22年08月, 合計Mint数=4人, 配当103.57USDT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です