4-84 【1万円投資】仮想通貨を使った融資プラットフォーム「CoinLoan」に投資

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

今回も、身銭を切った「1万円」ICO投資シリーズです。

 

今回の投資先は「CoinLoan」。

仮想通貨を使った融資系プラットフォームのICOプロジェクトです。

 

聞いただけでワクワクしますね。

金融系とブロックチェーンは相性が良いわけでして…

とみます
この内容は「仮想通貨ICOのCoinLoan」についてです。

それでは、どうぞ。



 

CoinLoanとは

 

いつものように、ホワイトペーパー(英語)を読んで、まとめておく。

英語で結構しんどかったので、あくまでも参考までに↓

 

  • CoinLoanは、仮想通貨による融資のプラットフォーム
  • 貸し手は、お金(ドル)を貸すことで利子を得る
  • 借り手は、仮想通貨を預金し、お金(ドル)を得る
  • CoinLoanは、貸し手からお金(ドル)を預かる
  • CoinLoanは、借り手の仮想通貨を担保にし、借り手にお金(ドル)を渡す
  • CoinLoanは、貸してに利息を配布する
  • CoinLoanは、借り手から、融資の返済を得る

 

ホームページ(日本語対応)にあった図がわかりやすい↓

Coinloan-ico1

 

真ん中の金庫の役割が「CoinLoan」。

この場を提供するのが、この通貨の役目。

 

 

CoinLoanのICO

 

ホワイトペーパーの最後の方に詳細に書かれている↓

  • なぜICOでお金を集めるかは、投資家の誰もが参加できて、事業の立ち上げが迅速にできて、現代の投資方法だから。
  • トークン名は「CoinLoan Token」。略して「CLT」。
  • Pre-ICOは、Q3 2017から。← 今!!
  • ↑最大 5 million (500万トークン)まで。
  • 1 USD = 1 CLT
  • ICOは、Pre-ICOの14日後から、開始。
  • ↑最大 25 million (2500万トークンまで) 。
  • ↑1 CLT = 2~8 USD (投資家の投資金額状況により変化、ICO終了後は、1 CLT = 10 USD)
  • SCO(Secondary Coin Offering)は、最大 15 million (1500万トークンまで)。
  • 残りのトークンは、チームとアドバイザーへの報酬。紹介者へのキャンペーンに使用される。

 

下の図は、トークンの全体バランス↓

Coinloan-ico3

 

個人的に気に入ったポイント↓

  • CLTのトークン数は、有限(50 million)である。⇒ 希少価値がある。
  • 上場すれば、10倍。(ロードマップ通りにいけば。)
  • 融資系の投資は、事業成立がしやすい、と個人的に思っている。

 

面白そう。

ってことで、投資決定。

 

投資金額は、お試しの1万円。

 

 

CoinLoanのpre-ICO最低投資金額

 

CoinLoanへの「最低」投資金額は

  • 0.3ETH

あるいは

  • 0.025BTC

だ。

 

今日の為替(10/15)を参考にして、

3.8万円/ETH × 0.3ETH = 1.1万円

65万円/BTC × 0.025BTC = 1.6万円

 

ETHの方で買った方が、1万円で購入できる。

(BTCの場合、1.6万円分。)

 

最近、BTCが上昇している、ってこともあり、ETHで購入。

金額は、お試しの「0.32ETH」。(約1万円分)

 

 

CoinLoanの買い方

 

  1. 登録
  2. ログイン後、送信アドレスが表示される
  3. 好きな取引所(私はZaifが好き)から送金する

 

以下、ポイント↓

送信アドレスは「ETH」か「BTC」の2つが表示される↓

Coinloan-ico5

↑通貨を間違えないこと。右の「Copy」タグで「送信アドレス」をコピーして、取引所の送金アドレス項目に「貼り付け」る。投資金額を入力して、終了。

ちなみに、他のアルトコインでも可能。パッと見た感じ、50種類以上のアルトコインの送金に対応していた。

 

数分も経たないうちに「CoinLaon」( ⇒ join pre-ICO) のダッシュボードに反映された。

確認メールも来たので、ひとまず安心。

 

 

CoinLoanの今後

 

取り合えず、投資できたことが確認できてオッケー。

そして、これからが本番である。

 

ちなみに、このPre-ICOは、残り「4日」とある↓

Coinloan-ico4

だが、よく見ると、下の方に「October 29 (10月29日の14時(ドイツ時間))」と書いてある。

 

どっちが本当なのだろうか。

 

まあ、どちらにせよ「売り切れ」になったら、この優遇(+5%)は終わってしまう。

買うなら、早めの方が良い。

 

最後に、今後のロードマップを載せておく↓

Coinloan-ico6

 

これでいくと、

  • 2017年末 ⇒ ICOの発足、チーム拡大、法的整備など
  • 2018年夏ごろ ⇒ 支払いライセンス、プラットフォームのコア開発など
  • 2018年の今頃 ⇒ モバイルアプリの開発 (携帯で融資を簡単に)
  • 2019年 ⇒ アジア市場参入

である。

 

国際的な?法的整備に一番時間がかかりそうだけど、どうなることやら。

 

まあ、気長にいこう。

忘れたころに「へーこんな融資方法があるんだ…あ!!!昔、投資したやつじゃん」って気づくくらいが楽しいわけで。

 

ってことで「CoinLoan」が無事プロジェクト始動できるように、陰ながら応援しています。

 

 

おわりに

 

以上「1万円投資、仮想通貨を使った融資プラットフォーム「CoinLoan」に投資」でした。

 

数千円のビットコインが60万円になり、

後から出た国内通貨のMONA(モナー)コインも、100倍以上になり、

次の通貨は、何が来るんでしょうか。

 

まあ、現状、ほとんどのICOが、ローンチ(製品や事業開発)に成功できていませんが、いずれ成功する銘柄?企業?事業者が出てくるでしょう。

 

これからも「ガンガン」自分が面白いと思えるICOに投資していきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

4-84 【1万円投資】仮想通貨を使った融資プラットフォーム「CoinLoan」に投資” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 豊田 より:

    CoinLoanの今後ですが実際に取引できるようになるのは2018年の末頃になると考えて良いでしょうか?
    ご教授お願いします。

    1. とみます より:

      初めまして、ご質問をありがとうございます。
      現状「This information will be available after ICO.」(ICO後に上場日と上場先の詳細を公表する)とあるので、早くて「2018年1月」に情報を得れるかと思います。
      私の推測ですが、他のICOの上場を見ている限り「2017年2月頃」には、どこかしらの取引所に上場し、取引が可能になるのでは、と見ています。
      何でもご質問くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です