Compoundの始め方/使い方?「クリプト通貨」の貸出利息

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

クリプト通貨(暗号資産)の貸出/借入が可能な「Compound」。(コンパウンド?)

仮想通貨をレンディングをすると、利息がゲットできるようで。

 

早速、使ってみました。

忘れないように、始め方/使い方を、まとめておきます。

とみます
この内容は「Compound×貸出利息」についてです。

 

Compoundとは

 

いつものように、

にサッと目を通す。

 

複雑な計算式も少なく、読みやすい。

特に、最後の要約がシンプル↓

 

Compound190225-10

ザックリ言って、

  • お金の市場を作る
  • 供給と需要によって、利息レートが決められる
  • 銀行なくして貸出が可能。
  • プロトコル(内のトークン)を担保として、借入ができる。

といった感じ?

 

これ、銀行、要らなくなるんじゃね?

と、勝手に期待。

 

ザっと使ってみる↓

 

Compoundの始め方/使い方

 

  1. 公式サイトから
  2. 「supply(供給)」を行う。

 

以下、詳細。

 

①公式サイト↓

Compound190225-1

↑「Begin Using Compound」をクリックする。

 

②複数の「Asset」を確認できる。

Compound190225-2

どうやら、

  • BAT
  • DAI
  • REP (Augur)
  • WETH
  • ZRX (0X)

のレンディングができる模様。

 

「Rate」が貸し出し利回り?

試しに「WETH」を選択↓

 

③「Enable WETH」を行う↓

Compound190225-3

「Wrapped Ether」を貸し出すためには、「トランザクション」を1回、作る必要があるっぽい。

 

サクッと、MetaMaskで、トランザクションを作成。

約2分後…

 

④「Supply」のタグが↓

Compound190225-4

↑Supply(貸出)と、Borrow(借入)ができるみたい。

んで、ETHを貸し出すためには、「ETH→WETH」に「WRAP」する必要があるっぽい。

 

「WETH」をもともと所有していたので、そのまま行ける。

が、WETHを持ってない人は、ここで「WRAP」する必要がある。

 

WRAPとは、取引できるように加工する、程度に認識している。

正確にいうと、もともとのETHは、ERC-20標準に従っていないから? だとか?

 

んで、

Weapされた「0.1WETH」を「Supply」する。

 

⑤MetaMaskのトランザクションを↓

Compound190225-5

↑最近、高いね。フォークが近いから?

コスパが良さそうなところで、トランザクションを済ませる↓

 

⑥トランザクションを実行中う↓

Compound190225-6

↑約3分後…

 

⑦貸し出しに成功したっぽい↓

Compound190225-7

↑「Interest Earned」とあるので、利息は、ここに表示されるのであろう。

地味に楽しみ。

 

あ、ちなみに、

預けたクリプト通貨の引き出しは?

 

⑧画面が「WithDraw」に↓

Compound190225-8

↑おぉ、秀逸。

ちなみに、借入するときは、全ての貸出を引き出す必要があるみたい。

 

うへー。

とりあえず、今日はここまで。

 

眠っているETHに、働いてもらおう(`・ω・´)!!

 

おわりに

 

以上「Compoundの始め方/使い方?「クリプト通貨」の貸出利息」でした。

 

試験用に、約1500円の検証です。

少額で可能なのが、地味に嬉しいですね。

 

WETHの場合「0.24%」とありますが、実績はどうなることやら。

気長にフォローしていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「882名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です