暗号資産とは、仮想通貨からの呼称変更、普及するのか

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

「仮想通貨」から「暗号資産」に、呼称が変更されるそうです。

これまで「クリプト通貨」と呼んできましたが、まさか「資産」とは。w

 

確かに、株式のような一面もありますし…

サクッと、まとめておきます。

とみます
この内容は「暗号資産」についてです。

 

暗号資産とは

 

先日、18年12月14日、

が、行われた。

 

そのレポートを見てみると、

 

現状、国際的に、使用されるのは、

  • crypto-asset (暗号資産)。

 

日本も、

  • 仮想通貨

という言い方をやめて、

  • 暗号資産

にしよう、とのこと。

 

うへー。

 

どうやら、

「仮想」という言葉が、誤解を生みやすいだとか。

 

なーる。

それは、わかる。

 

私も、これまで「クリプト通貨」と呼ぶようにしてきた。

が、一番、「クリプト通貨」がしっくりくるんだけど。w

 

まさか、暗号「資産」とは。

印象が大分、違う。

 

確かに、株式の配当のように、保有しているだけで、配当が付与される「クリプト通貨」も存在する。

これが、ドルや円のような「通貨」と異なる理由か?

 

通貨としての流動性を持ちつつ、資産性がある、ってことか。

まあ、まだまだ、流動性の低い通貨が、山ほどあるけど。w

 

なぜ仮想通貨? (暗号資産ではなく)

 

昔、

  • Financial
  • Action
  • Task
  • Force

通称「FATF」 (金融活動作業部会)が、そう呼んでいたらしい。

 

当時は、まだ、

  • virtual currency

が用いられていた。

 

その邦訳が

  • 仮想通貨。

 

それで、仮想通貨という言い方が、日本でも普及していたらしい。

なーる。

 

確かに、そのキーワードを使った方が、認識はされやすい。

うーん、でも、しばらくは、「仮想通貨」が使われそうな…。

 

暗号資産は普及するのか

 

株式や債券を

  • paper asset (紙の資産)

と言う。by 金持ち父さん (ロバートキヨサキさん)

 

  • ポートフォリオ資産

とも呼ばれたり。

 

そんな感じに、クリプト通貨も、

  • 暗号資産

と呼ばれていくのだろうか。

 

第5の所得?

  1. 勤労所得
  2. 紙の所得
  3. 不動産の所得
  4. ビジネスor情報所得
  5. 暗号所得?

 

いかにも、怪しいが。w

まあ、慣れない間は、そんな感じだろう。

 

ってことで、

暗号資産の普及には、時間はかかるけど、いづれは普及するのかな。

 

まあ、結局のところ、

  • 資産=自分のポケットにお金を入れるモノや仕組み

を構築していきましょ、ってことで。

 

20代は、

  • 4…情報所得
  • 5…暗号資産

の伸びしろに期待だね。

 

ちなみに、前回、BitPointの口座を開設し、ハガキが届いた。

>>BITPOINT公式HPへ

 

ん?

MT4の設定ってどうやるんだ?

 

分かりずらい…。

まあ、また調べてブログにできれば。

 

おわりに

 

以上「暗号資産とは、仮想通貨からの呼称変更、普及するのかな?」でした。

 

ちょうど、米株がVIXショックのレジスタンスを割り、ベアマーケットに突入しています。

株式は「紙の資産」ゆえに、もろいんですよね…。

 

これまで、キャッシュ化を言ってきたので、大丈夫だとは思います。

そのキャッシュの一部で、次世代の暗号資産に、少しだけ、入れるというのもありかもしれませんね。

 

ってな感じに、マーケットの周期を上手く利用していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「832名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です