要注意! CryptoGTのMT5、休眠口座に10ドル/月に。

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

暗号資産をこよなく愛するモナ(皆)さま。

CryptoGTのMT5の利用者は、特にご注意を。

 

どうやら、90日以上トレードしていない方(休眠口座)に、

  • 月10ドル

の口座維持手数料が課せられるそうで。

 

簡単に、確認していきます。

とみます
この内容は「CryptoGTのMT5」についてです。

 

CryptoGT Japanからのメール喚起

 

CryptoGTから、メールが。

  • トレーディグアカウント(MT5)につきまして…

 

ポイントを抜粋しておくと↓

  • 90日間、トレーディングアカウント(MT5アカウント)のご利用がない状態で、トレーディングアカウント(MT5アカウント)に残高(Balance)がある場合は、毎月10ドル相当額の口座維持手数料が発生する。

とのこと。

 

うほ。

まじか。

 

日頃から、暗号資産のチャートを見るのに、使っているのに…

  • 5月上旬より、順次、手数料が発生する

そうで。

 

早速、アカウントの方に、ログインすると…

 

CryptoGTのMT5トレードしない人は、eWalletに資金移動させよう

gt200416-1

引用…CryptoGT

 

↑お、サイトがかなり見やすくなっている。

日本語にも対応したのね。(うる覚え。)

 

どうやら、

MT5に残高がある場合、

  • TraderRoom内の「資金移動」よりeWalletへ資金移動させれば、手数料は払わなくて良い

らしく。

 

早速↓

gt200416-2

 

↑「CryptoGT」にログイン後、

  1. 「資金」を選択する。
  2. MT5 Liveの残高のある口座を選択
  3. クリプト通貨の確認し(自動で選ばれる。)、残高資金を入力する。
  4. 「資金移動」を選択する。

 

以上。

すると…↓

gt200416-3

 

↑資金移動は完了しました。

とのこと。

 

早い!

直ぐに、eWallet(画面上のアカウント)に反映された。

 

ふー。

これで、知らぬ間に、お金が減っていくことは無く。

 

ってか、残高少ねー。w

10ドル分もないし。w

 

何よ、約40円って。

仮に、そのままにしておいたら、ゼロになるのか?

 

まあ、無謀なことはせずに。

とりあえず、eWalletに忍ばせておこう…

 

CryptoGTのMT5がアーカイブ(休眠口座)になったら…

 

メールの後半に、詳細が書かれていた↓

  • 90日以上トレードしない場合は、アーカイブされる。(データは保管された休眠口座と認識した。)
  • アーカイブ時には、ボーナス(クレジット)は撤回。
  • MT5に残高(Balance)が入っている場合、毎月10ドル相当額の口座維持手数料が発生し、トレーディグアカウント(MT5)内の残高からのみ差し引かれる。
  • eWalletの残高に対しては発生しない
  • MT5に入っている残高以上に追加で発生することはない。

 

あ、記載されとるやん。w

マイナスになることは無いようね。

 

他にも↓

  • アーカイブ並びに口座維持手数料発生開始日は、20/5/2~から。
  • アーカイブされても、カスタマーサポート連絡すれば、再度有効化が可能。

とのことで。

 

うむ、

とりあえず、eWalletに資金移動させておき、また使うときがくれば、連絡すれば良さそうね。

 

…ん?

コロナで、月10万円が配布されるらしいやん。

 

ここは、

暗号資産のレバレッジトレードで…

 

うふふ。

  • コロナ10万円の使い道! 30歳会社員は暗号通貨FXに消費した

w

 

いや、増えるかもしれないし。

 

おわりに

 

以上「要注意! CryptoGTのMT5、休眠口座に10ドル/月に。」でした。

 

休眠口座にしないために、トレードするのも面白そうな。

が、あぶく銭は、消えやすく。w

 

使い道は、慎重に考えよう…

(レバレッジ500倍は、魅力だけど。)

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「82名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です