水切り棚を自分で作る方法

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

賃貸物件のキッチン設備をUPさせるために、水切り棚を造作していきます。

DIYで試行錯誤しながら。

 

1500円で取付け可能!!

簡単に直ぐに取付できる方法です。

とみます
この内容は「水切り棚DIY」についてです。

 

既存のタイプの水切り棚を確認する

drainer-shelf210917-0

↑既存の水切り棚。

もともと金属製のものが使われていたが、30年モノ。

汚かったので、この際、交換することに。

 

drainer-shelf210917-1

↑古い水切り棚を取り外した後の写真。

(4か所のネジで固定されており、電動ドライバーで簡単に取り外せた。)

 

今回は、最終段階。

化粧シート後に、施工していく。

 

水切り棚の造作に必要なモノ・事前準備

drainer-shelf210917-2-00

↑水切り棚の造作に使用したもの。

左上から順に、

  • サラタッピング(ネジ) 4×12mm 98円 @カインズ
  • 両面横長アングル 200mm 298円×2つ=596円 @カインズ
  • 伸縮たためる水切り 1,017円 @ニトリ

小計 1,413円

 

と、お財布に優しい。

折角なので、アングルを白色に塗装していく。

 

drainer-shelf210917-2-01

↑ミッチャクロンを事前に塗ることで、塗装が剝がれにくくなる。

 

drainer-shelf210917-2-1

↑アングル2つに対し…

 

drainer-shelf210917-2-02

↑刷毛で、塗り塗り。

乾燥後、念入りに2回目も塗った。

 

drainer-shelf210917-2-2

↑乾燥した後に、白色の塗料を塗っていく。

 

drainer-shelf210917-2-3

↑じゃん。

ちょっと粗いが、目立つ所では無いので、細かいことは気にしない。

 

水切り棚を自分で作る方法

drainer-shelf210917-3

↑アングル2つを収納棚に取り付ける。

 

drainer-shelf210917-4

↑L字のところに、伸縮タイプの水切りを取り付ける。

ネジなどの固定はしておらず、伸縮のみで、固定しておいた。

(場合によっては、取り外して使うことも?)

 

drainer-shelf210917-5

↑アフター写真。

1Kで狭いキッチンなので、スペースを利用した、水切りがあると便利なんよね。

キレイに使ってくれるに期待しつつ。

 

おわりに

 

以上「水切り棚を自分で作る方法」でした。

 

近くのホームセンターとニトリで部品を揃え、水切り棚を造作しました。

ちょっとしたことに手が届くのが、DIY大家の醍醐味で。

 

少しずつ、部屋の魅力を高めていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です