Dragonchainが特許取得。DRGNの価格推移と併せて

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ずっと保有しているアルトコイン、DRGN。

ちょっと最近、価格が動き始めており。

 

どうやら、ビジネス×ブロックチェーンに使われる特許(IP)を取得したそうで。

簡単に、メモしておきます。

とみます
この内容は「DRGNのpatent」についてです。

 

DRGNの価格推移

 

去年末のポートフォリオで紹介した、攻め気味の気になるアルトコインたち。

>>主要取引所の暗号資産ポートフォリオ状況(2020年末)

  • CHSB
  • ENJ
  • DRGN

 

最後のDRGNは、塩漬けか…

と思っていた矢先。

 

ん、

取引量が増えている。

 

これは…↓

DRGN210317-1

引用…https://coinmarketcap.com/currencies/dragonchain/

 

↑2018年始のバブルがあったため、

イマイチ、今の値動きが小さく見え。

 

まあ、当時の価格の実績があるから、

ポテンシャルはあると期待している。

 

拡大↓

DRGN210317-2

引用…https://coinmarketcap.com/currencies/dragonchain/

 

お、良い上昇だね。

取引量も伴っており、安心かな?

 

何か、ニュースでもあったのだろか。

調べてみると↓

 

DRGN、ビジネス系ブロックチェーンに関する特許を取得

 

2021年の3月3日、公式サイトより、情報がリリースされていた↓

>>Dragonchain Awarded Patent For Enterprise Smart Contract Orchestration

 

ざっと、

  • 2021年2月16日に米国特許商標庁(USPTO)より公開。
  • Enterprise Smart Contract Orchestrationに関して。
  • これは、スマートコントラクトプラットフォームにモデル化されたRESTfulアーキテクチャを使用することで、
  • 企業がビジネスプロセスを整理および管理するために使える。
  • すべてのスマートコントラクトやトランザクション状態を記録し、実際のビジネスプロセスをスマートコントラクトワークフローにオーケストレーションできるようになる。

Orchestration(オーケストレーション)の和訳に、なかなかピンと来ないが、調和? 的な理解で良いのかな。

 

結論、この特許技術をスマートコントラクトシステムに含めると、

  • プロセス全体に影響を与えることなく、
  • 複雑なビジネスプロセスでステップを追加または交換できる。柔軟性UP。
  • →ビジネスに要する時間、費用、開発者のリソースを節約できる

と理解した。

 

あとは、そのIP情報を↓

  • US 20200285635 A1
  • 2020年9月10日が公開日。
  • 公式サイトで引用されていた、特許全貌
  • ↑請求項や明細書を見れる。図を見るには登録が必要っぽい。

 

んー、

ガッツリだね。w

 

これは、スマートコントラクトを書けるくらいのレベルじゃないと、

有用性があるのかどうかは、判断が難しいね。w

(もちろん、私は、そんなレベルにない。)

 

コアな(バックエンド的な?)根幹的な技術だと思うので、

普及し始めているブロックチェーンの裏で使われるのかな?

 

今後の動向に注目しつつ。

 

おわりに

 

以上「Dragonchainが特許取得。DRGNの価格推移と併せて」でした。

 

ゲームやNFTなど、ブロックチェーン技術が使われ始め、サービスが普及し始める一方で、

裏では、日進月歩に根幹技術が開発されており。

 

B to B ?みたいな技術を持っている企業にも、関心を抱いていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「120名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です