【戸建て】玄関~廊下の板張り壁のクロス仕上げDIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

融資の引き締めにより、2号物件の取得がなかなか進まず。

そんな時は、お家の修繕DIYを。

 

玄関から廊下までの壁の内装を仕上げていきます。

築古の戸建てによくある板張りの壁を…

とみます
この内容は「板張りの壁×DIY」についてです。

 

戸建ての玄関ビフォー

 

前回、玄関の扉を、業者に施工してもらった。

>>業者による居住用戸建の玄関ドアリフォーム

entrance-croth200906-3

↑玄関の扉が新品に。

 

ところが、周りの壁が、板張りの内装で。

古臭さを感じる。

 

entrance-croth200906-1

↑外から入ると。

 

entrance-croth200906-2

↑築30年以上の物件に、よく使われている。

 

entrance-croth200906-6

↑廊下まで、板張りが続いており。

 

そこで、今回、壁のDIYリフォームを。

白いクロスで仕上げていく。

 

板張り壁の下地処理

 

当時、板張りの壁の家を躊躇なく選んでしまったことを、少し後悔。

それは、下地の処理が必要で、ひと手間かかるため。

(できる限り、汚くてもクロスが施工されている壁の方がオススメ。)

 

まずは、べニア板を貼り付け↓

entrance-croth200906-7

 

一方、板張りの壁は、表面がツルツルしているので、

べニアを貼らない場合は、表面を紙やすりで、ザラザラにしておく↓

entrance-croth200906-9

 

べニア板と板張りの両方の壁に、シーラーを塗布し↓

(シーラーは、①アク止めと、②壁紙との粘着性UPのため。)

entrance-croth200906-10

 

次に、板の間隔に、パテ処理を↓

entrance-croth200906-12

 

entrance-croth200906-13

↑べニア板を打ち込んだビス跡や、板同士の隙間もパテで。

 

パテ処理後、サンダーで、パテの表面を削り、フラットにしていく↓

entrance-croth200906-14

(パテを削ると粉が舞い散るので、モノを置かないように。)

 

そして、下地処理後に、壁紙を施工していく↓

 

クロス壁紙の施工アフター

entrance-croth200906-21

↑玄関入って直ぐ。

おぉ、きれい。

 

entrance-croth200906-22

↑玄関内側から。

なんか、壁の中に扉があるように。w

足場のタイルも、DIYリフォームしていく予定。

 

entrance-croth200906-23

↑廊下。

白の場合、光を反射するため、屋内が明るくなるね。

雰囲気が見違えるので、必ず入れたい内装施工で。

 

おわりに

 

以上「【戸建て】玄関~廊下の板張り壁のクロス仕上げDIY」でした。

 

嫁が時間を見つけて、施工してくれた。感謝。

約3日間くらい。

 

築古の家は、住みながらバリューアップができる。

戸建ての面白さかもしれない。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「100名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です