【家計金融資産がヤバい】金融庁のレポートから読み解く20代の資産運用

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

10/25「金融庁」が「金融レポート」を公表しました。

全146ページのレポートで、国内金融のあれこれデータが書かれています。

 

その中で、気になったのは…

家計の金融資産」。

 

簡単に言うと、

「個人の資産運用の動向はどう?」

ってこと。

 

比較として、アメリカやイギリスが挙げられているが…

 

やばいよ、日本。

個人の資産運用力?

ってのが低い。

 

改めてそう感じたので、その問題をシェア!!

 

このブログに辿り着いているあなたは「金融リテラシーが高い」。

なので、問題ありません。

 

でも、ふと油断していると…

周りにいる人の歩幅に合わせていると、死にますから。

 

お金が増えなくて。

だから、お金を回すスキルを磨いていきましょう。

 

詳しく見ていきます。

とみます
この内容は「日本人の金融資産動向」についてです。

それでは、どうぞ。

 

個人の金融資産のポートフォリオ

 

では、さっそく。

まずは、20年前の1995年のときと、2016年のときの、金融資産のポートフォリオについて↓

kinyuu2017-1

出典…金融庁「レポート2017」

  • 1995年⇒合計1,182兆円
  • 2016年⇒合計1,815兆円

で、成長比「1.5倍」。

 

取り合えず、増えていて、良かった。

 

ただ、日本人は、現金・比率の割合が高い。

昔から「50%以上」の割合を占めている。

日本人は「現金」が好きなのだ。

 

持っていても、あまり意味無いのに。

 

一方、アメリカは、どうだろうか↓

kinyuu2017-2

出典…金融庁「レポート2017」

  • 1995年⇒合計2,343兆円
  • 2016年⇒合計8,821兆円

で、成長比「3.7倍」。

 

ひえー。

すごい成長だこと。

なんか、日本の「1.5倍」とか、大したことないじゃん。

 

そして、アメリカ人のポートフォリオは「いい感じに」分散されている。

現金の割合は、たったの「13%」。

しかも、その傾向は、昔から。

 

「国自体の成長力が違う」ってのもあるけど、

ポートフォリオの「違い」が、金融資産の拡大に繋がっているんじゃないの。

 

もう1回、言いますが、

今の時代、現金を持っていても、お金は増えない

 

アメリカのように、現金を「お金を増やす特性のある」資産に変えるべき。

この事実を基に、自分の資産構成(資産ポートフォリオ)を見直してみよう。

 

ってことで、18年5月の資産ポートフォリオ↓

>>【18年05月】資産状況の振り返り、課題はまだまだ多い

 

日本、アメリカ、イギリスの家計金融資産の推移

 

もう1つ。

「イギリス」のデータもあったので、載せておく↓

kinyuu2017-3

出典…金融庁「レポート2017」

20年前と、今の運用リターンの比率について↓

  • 日本 ⇒ 1.2倍
  • アメリカ ⇒ 2.4倍
  • イギリス ⇒ 1.7倍

 

やはり、日本人は、資産運用が苦手なんだよね。

けっこうヤバいと思うけど↓

 

これから、

  • 日本の人口は減ってくるし、
  • 経済力アップは見込めないし、
  • 昔は、面倒をみてくれたが、今はNISAを見てわかるように、
  • 「個人で投資をしてくれ」と

言っている状況だし。

 

なんだけど、個人の資産運用がへたくそ

もちろん、私も(´・ω・`)。。。

 

それもそのはずで、金融や資産運用のことを誰も教えてくれない。

学校で習わないし。

 

変な先進国なんさな。

 

もう、矛盾しまくりの社会だわさ。

まあ、ここで愚痴っても、仕方ないけど。

 

じゃあ、この問題を解決するには?

結局は、個人が身銭を切って、学んでいくしかないんじゃないかな。

 

自分で、お金を払って実践した方が、はやく習得できるからね。

だから、20代のうちに、リスクを負って、投資しよう、って…

 

20代の株式/債券/投資信託の保有割合

 

金融商品として「株/債券/投資信託」があるよね。

いわゆる「紙(paper)」に相当する商品。

 

その「保有割合」ってのが「世代別」に出ている↓

 

左が日本で、右がアメリカ↓

 

kinyuu2017-4

出典…金融庁「レポート2017」

見てわかるように、老人(65歳以上)の割合が、日本は多い

 

一方、20代は、(もはや、20代ってのが、表示されていないんだけど、)

  • 日本の39歳以下 ⇒ 2.3%
  • アメリカの34歳以下 ⇒ 2.3%。

 

まあ、ここで表示されているのは「合計の資金力」だから、20代の「お金」が少なくて、影響力は小さいってのもわかる。

が、それでも、残念なことに、アメリカに比べて少ない。

 

最近の選挙で「自民」が勝って、国民の税金の負担がより大きくなってくるだろ(;・∀・)オイオイ。

20代のこれからの生きる時代が、どんどんきつくなる。

 

だから、あなたも「2.3%」の人材になってほしい。

 

もちろん、金融資産は、株だけではない。

不動産やビジネス投資、社債やソーシャルトレーディング、今だったら仮想通貨なんかもある。

 

将来を見据えて、今できることを実践していこう。

資金力が少なくても、今のうちにやれることは、あるはず。

 

目指すは、ファーストペンギン↓

kinyuu2017-6

引用…インベスターZ   ←資産運用についてかなり学べます。

 

(ちなみに。先陣を切れという意味でね。)

これからも、投資で実績をあげていこう。

 

おわりに

 

以上「【家計金融資産がヤバい】金融庁のレポートから読み解く20代の資産運用」でした。

 

ホットな話題だけに、リアルな家計のポートフォリオに危機を感じました。

 

個人の資産運用に出遅れている日本ですが、いづれは個人投資家のレベルがアップし、アメリカのように、洗練された個人投資家が普及してくるでしょう。

ぜひ、あなたも「洗練された個人投資家」になってくださいね。

 

みんなで、国内の資産運用力を上げていきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

主に、ブログ更新のお知らせです。

おかげさまで「586名」を超えました。

 

いつもありがとうございます。

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

うざかったらブロックしてください。

それで、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

【家計金融資産がヤバい】金融庁のレポートから読み解く20代の資産運用” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 石高志保 より:

    こちらの記事を読んで、国が出す資料もきちんと見ていこうと実感しました。ありがとうございます。

    1. とみます より:

      コメントありがとうございます。
      ぜひ確認してみて下さい。日本は素敵な国なのですが、問題はまだまだありますので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です