Mr.fundmakerとは、妙味ある築古アパートが第一号案件

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

円の運用先を探していると、

Mr.Fundmakerという、不動産クラウドファンディングを発見し。

 

なかなか渋いアパートが第一号案件で。

運営元などを確認していきます。

 

Mr.FUNDMAKER(ミスターファンドメーカー)とは

Fundmaker220415-1

 

一言でいうと、不動産投資型クラウドファンディング。

1口1万円から参加できるので、高額で手が出ないけど小口投資ならしてみたいという方向けの。

 

運用利回りとして、年利8%を目標としているそうで。

まあまあ高いね。

 

あまり聞いたことが無い名前だったので、運営元を確認していく。

お金を預け入れることは、リスクがあるので、必ずね。

 

Mr.LAND株式会社とは

 

まずは、保有免許から↓

  • 小規模不動産特定共同事業 東京都知事(1)第10号
  • 登録種別:第1号 (電子取引業務を行う。)(※1)
  • 宅地建物取引業:東京都知事(8)第55474号
  • 不動産投資顧問業:国土交通大臣(一般)第1353号
  • 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(1)第000656号

 

へー、宅地建物取引業が(8)となっており、昔からある会社なんだ。()内の数字は、年数みたいなもん。

一方、小規模不動産特定共同事業に関しては、(1)となっているので、クラウドファンディングの歴は浅いようで。

 

最近のクラウドファンディングの流行で、免許を取得し、クラファン事業を始めたといったところか。

ざっと、ホームページに掲載された情報を整理しておくと、

  • 資本金は、7500万円。
  • 設立は、1988年。
  • 社員数は、40名。
  • 売上高は、約30億円

 

資本金、社員数を見る限り、the 中小企業だけど、

一人当たりの売上高は、高いね。

 

これは、不動産を扱うためか。

扱う金額が大きいため、売上高は大る。

 

一方で、経常利益などに関しては、情報が無く?

探したけど見つからなかった、上場しているわけでも無いので、そんなもんか。

 

まあ、大量の資金を突っ込むのは控えつつ。

気になった第一号案件を。

 

埼玉県戸田市の妙味あるアパート

Fundmaker220415-3

引用…https://mr-fundmaker.com/investment/

 

妙味ある小規模アパートと書かれており。

妙味という、言葉の使い方に感服してしまい。w

 

築古アパートは、

  • 妙味がある、趣がある、

そんな表現が良いのかもしれない。

 

実際、この建物は、

  • 1972年 (築50年)

だそうで。

 

これだけ聞くと、築古の運用の難しさを感じてしまうが、

  • 土地面積 445.30m2
  • 路線価 19.5万円/m2

→8683万円の土地の価値があり。

これは、路線価ベースでの算出なので、実需では、1億円以上の価値がありそうね。

 

埼京線戸田公園駅から徒歩約18分。

この地域の土地勘が無いので直感では分からないので、Googleマップで確認すると、

 

んー、そこまで、駅前が栄えているようには思えず。

にもかかわらず、この路線価なんだ!

埼玉すごい!!

 

というか、東京の池袋駅まで乗車時間17分らしい。

これは、住みやすそうだね。

実際に、自分でも相続税路線価を調べてみたけど、間違っていない路線価で。

 

なるほどー。

これをクラファンで集めて買えれば、美味しいわけね。w

銀行だと、築古過ぎて、貸し渋ることなんだろう。

 

一方で、小口の投資家にとっても、年利8%は、なかなかの利回りで。

今後、こういった類のクラファンが増えてくるのかもね。

 

今回の1号案件は、すでに募集が終わってしまったけど、次回以降の案件をフォローしていければ。

 

おわりに

 

以上「Mr.fundmakerとは」でした。

 

物件情報が詳しく書かれているので、土地勘が無くても、投資する立場として、楽しむことができ。

いきなり大きな買い物をするのではなくて、不動産投資クラファンなどで、投資に慣れるのは良いかもですね。

 

次の案件があるのかな?

とりあえず、会員登録だけは済ませておきつつ。

>>Mr.FUNDMAKER

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です