4-71 ついに初確定申告による還付金をゲット、会社員は節税術を取り入れよう

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

 

そろそろ、今年の税金を考えるときですね。

今日は、半年前に行った「確定申告」の「還付金」についてです。

 

給料以外に収入のある人は、

原則「自分で」確定申告をする必要があります。

 

そんな私も、

去年2016年の税金を、

今年2017年、生まれて初めて確定申告を行いました。

 

ですが…

  • 申告書の記入漏れ
  • 税務署に電話
  • 普通徴収を選んでも特別徴収

だとか、色々やらかしています↓

 

関連記事【6月になっても還付金が届かない3つの記入漏れと会社員の確定申告あれこれ

 

まあ学んだことを活かして、

次に進んでいきましょう。

 

今回は、その確定申告により、

「還付金」が口座に振込まれました。

 

だいぶ時間が経ってますが( ゚Д゚)オソーイ。

(身から出たサビです、反省。)

 

最近の、IPO、仮想通貨より得たキャピタルゲインに加え、

還付金というキャピタルゲイン?により、

現金の割合が増えて、いい感じですね。

 

ってことで、不動産投資による節税スキームを復習していきましょう。

 

特に、年収が高ければ高いほど、効果が大きくなるので。

これから資産収入を増やしていく方にとっては、マストな戦略です。

とみます
この内容は「不動産投資による還付金」についてです。

それでは、どうぞ。



 

 

国税還付金振込通知書

 

税務署からはがきが届いた。

「表面のシールをはがして、内容をご確認ください。」

 

ってことで、さっそくシールを外す。

 

おー、

自分の銀行に、

約3万円が支払われた

とのこと。

 

さっそく、インターネットバンキングで、

金額を確認。

 

確かに、その通りに、振込まれていた。

 

3万円。

 

少ないか、

多いかは、

人によって、感じ方は違うと思う。

 

が、

私にとっては、大きい。

 

3万円の余剰資金があれば…

今だったら、Zaifトークンを約4万通貨買えるし。

 

まあ、何に使うかは、人それぞれにしても、

節税のスキームは、早めに身に付けてほしい。

 

 

なぜ、会社員が還付金を貰える?

 

もう一度、還付金のスキームを復習しておこう。

 

なぜ、会社員が還付金をもらえるのか。

 

それは、今年提出した「確定申告」で、不動産所得の欄がマイナスだったから。

 

特に、不動産を買った年は、大概マイナスになる。

 

その理由は、

不動産購入時の初年度は、かかる経費が多いから↓

 

たとえば、

  • 区分1室の購入手数料
  • 司法書士への登記手数料
  • 管理会社への代行手数料
  • 不動産取得税
  • 火災や地震保険

など。

 

これらは、必要経費としてみなされる。

 

結果、

家賃収入<必要経費=マイナス

になり、

 

払い過ぎた「所得税」が返ってきた

ってわけ。

 

その額が3万円。

 

年収400万円くらいの会社員が、

1500~2000万円のワンルーム区分を買ったときは、

「還付金=3万円前後」ゲットできることを覚えておこう。

 

ただ、この規模の区分だと、

「固定資産税=6万円前後」

をあっけなく、持ってかれるので、

結局、たしなむ程度の還付金だね。

 

 

区分投資の振り返り

 

にしても、

区分は「利回りが低い」。

 

毎月のキャッシュフローは、

  • 1区分目 ⇒ +8,514円 (ROI = 17%)
  • 2区分目 ⇒ +9,598円 (ROI = 12%)

(2区分目は頭金を入れているため、ROIは低い。)

 

投下金を回収するのに、6~9年かかる。

これは長過ぎる。

あまりいい投資ではなかったかな。

 

まあ、第一歩目のステップとしては、

悪くはないか。

 

自分が働くずとも、

資産が働いてくれる。

 

そんな習慣を身に付けれれば。

 

 

おわりに

 

以上「ついに初確定申告による還付金をゲット、会社員は節税術を取り入れよう」でした。

 

金額は少なくとも、

節税の考え方やそのスキームってのは、

これから「必ず」役に立つと自負しています。

 

これから資本金を大きく動かせるようになったら、

この術を思い出していきましょう。

 

ちなみに、本来4~5月で振り込まれるはずなのに、

ここまで遅くなったのは、こんなことがあったからです↓

 

関連記事【6月になっても還付金が届かない3つの記入漏れと会社員の確定申告あれこれ

 

まずは、

自分の銀行口座に、給与以外に振込まれた実績を

1つづつ増やしていきましょう。

 

あとは、額を大きくすれば良いわけですからね。

 

もともと資本金が1000万円とかある人は、

資産運用は余裕なわけで。

 

資本が無いなりに、

上手くやっていきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です