4-21 初めての確定申告!!6月になっても還付金が届かない3つの理由とは

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

そういえば「確定申告」後の「還付金」って、どうなったんだろ?

6月になっても振り込まれないので、税務署に問合せしました。

ということで、今日は「初めての還付金」について。



 

確定申告書を提出したのは今年の2月

 

2016年に不動産収入を得るようになったので、今年の2月末に初めて、確定申告書を作成した。(詳細はこちらのブログ)

作成したと言っても、国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」で、WEBに言われるがままに、記入していっただけ。

簡単すぎて「これで大丈夫なのか」と不安になるほど。

 

記入し終えた申告書を印刷し、ふるさと納税の証明書や源泉徴収票などの必要書類をそろえ、最寄りの税務署に提出した。

そこでは、あっけなく受理され、印のハンコを押された。

 

だが、今になっても連絡は来ないし、振り込みもない。

インターネット上では、還付金は受理後「約2か月」で振込まれるとのこと。

もう、3ヵ月以上経つ

 

とみます
これはおかしい…

 

気になった私は提出した税務署に電話をしてみた。

 

 

税務署に電話で聞いてみる

 

早速、電話で問い合わせてみる。

 

とみます
今年の2月に提出した確定申告書の件で、還付金を申請したのですが…進捗状況を確認してもらえますか。

 

税務署の担当者A
承知しました…

 

税務署の担当者A
とみますさんの申告書は記入漏れがあり、未処理な状況です

 

記入漏れ!?

なんだとー!!

 

聞くところによると、

  1. 会社員の給料が書かれていない
  2. 申請する税金の箇所が書かれていない
  3. 口座を記入していない

とのこと。

 

…だめだめじゃん、自分。

そして、自分から言わないと、処理されないんだね(・_・)とほほ。

 

国税庁のホームページ通りにやった。

だが、実は自分でかなり埋める箇所がある

 

なので、初めて作るときは、特に注意が必要だ。

 

会社員が確定申告をする場合、

国税庁の無料ソフトから作成した後、

  1. 給与所得
  2. 申告する税金
  3. 振込口座

これらが記入してあるか、必ず確認してほしい。

 

そして忘れてはならないのは「地方税を自分で納付するか」、あるいは「会社に知らせて会社の給料から天引きするか」の選択である。

これは、確定申告書の第2表の右下にチェックする場所があるので、会社に知られたくない場合は、事前に必ずチェックをしておこう

後述するが、このチェックを入れたとしても市役所によって、会社に通知がいく場合がある。

気になる方は4~5月中に一度、自分の市役所に電話で確認した方がいいだろう。

 

 

税務署の担当者A
とみますさんの還付金は〇〇円です
税務署の担当者A
修正した申告書を郵送しますから、記入して返却してください。

 

おー、なんと対応が早いこと。さすが。

税務署の担当者が代わりに打ち込んでくれ、それを郵送してくれるらしい。

私は内容を確認し、名前、住所、マイナンバー、捺印をするだけでいいとのこと。

翌日には、郵送が届きましたー。

 

税務署の担当者は、思った以上に「親切に対応」してくれた。

ありがとう。

 

ここから言えることは「何かおかしい」と思ったときは、

税務署に問合せるのが、一番おすすめです。

 

 

気になる還付金の振込み時期は…

 

今回のケースは特殊のよう。

そのため、今から「遅くて約3ヵ月かかる」とのこと。

まーしょうがないよね、自分のミスだし。

気長に待とう。

 

 

住民税は「市役所」に電話する

 

ちなみに「住民税はどうなるのか」を、電話を切る前に、聞いてみた。

税務署の担当者A
管轄が違うので、あなたの住む市役所に聞いてみてください。ただ、この場合は特別徴収になると思います。

 

とのこと。

住民税は、会社の給料と合算して計算される「特別徴収」なのか、

あるいは、自分で納付ができる「普通徴収」なのか、

2パターンある。

 

気になった私は、市役所にも電話してみた。

ただ、市役所には色々な「課」があって、どこにかければいいかわからない。

そこで、まず「納税課」にかけてみた。

結果、違うと言われ「市民税課」に内線を通じてもらえた。

ホント知らない人にとったら、ややこしいよね(´・ω・`)。

 

 

とみます
確定申告書を提出したものですが、私の住民税の徴収の状況ってわかりますか。

 

市役所の担当者B
少しお待ちください…

 

市役所の担当者B
あなたは「とくちょう」ですね。

 

ん?とくちょう?

あー、特別徴収の略か。

業界用語で言われても…、むずかしいって。汗

 

自分の勤務先が、不動産所得を合算して「地方税」を天引きしてくれるんだって。

 

なるほどね、

ん?それって、会社に通知が行くってこと?

 

気になる私は、電話を切る前に、もう一度、担当者に聞いてみた。

 

とみます
所得の種類の詳細まで、会社に通知がいくんですか。
市役所の担当者B
少しお待ちください…

 

電話越しに上司に聞いているみたい。

すまないね、手間暇をかけてしまい…

 

市役所の担当者B
「所得の種類までは通知しない」とのことでした。

 

へーそうなんだ。

市役所の方も、とても「親切」。

ありがとう。

 

 

結局、住民税は「特別徴収」で会社に通知がいく

 

たとえ、普通徴収の「住民税を自分で納付」を希望したとしても、今回の私の場合では、特別徴収になるとのこと。

そして、勤務先の会社には「所得の種類までは知られないが、給料以外の所得があることは計算額からわかる

ってことね。

 

ただ、会社の担当者が、そこまでチェックするかどうかはわからない。

聞かれたら「親から不動産をもらいました」って言おうと思う。

 

これは、自分が住む「市役所」によっても、ケースが異なるようだから、自分の市役所に聞いてみるのが一番いい。

 

 

おわりに

 

以上「初めての確定申告!!6月になっても還付金が届かない3つの理由とは」でした。

給料以外に所得がある場合、なかなか面倒な作業があり、正直、億劫になりますね。

 

初めて確定申告書を作成する場合は、

会社の給料、申請する税金額、振込口座

を必ずチェックしてください。

 

来年度は、自分で正しく「税金」を申請しようと思います。

税務署と市役所の人は、とても親切に対応してくれました。

ありがとう。

 

還付金の具体的な金額は、ライン@で公表していますので、まだ登録していない人は、登録のほどよろしくお願いします。

 

税金の知識を身に着け、みんなで徐々にステップアップしていきましょー。

今日も最後までありがとうございました。

 

 

公式LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「公式LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「80%」で、「満足率」も「80%」とのことでした。現在、43人の方が登録しています!!めちゃくちゃ嬉しいです。

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です