洗濯機の排水溝トラップに蓋キャップDIY

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

チョウバエとの戦いに終止符を。

予定している入居者が、まさかの事務所としての利用で洗濯機を使わないとのこと💦

 

内径51mmの排水溝トラップに蓋をして、キャップしていこうと思います。

ハエだけでなく、臭いを防ぐ効果にも期待できそう。

 

これまでのチョウバエとの戦い

 

前回、駆除をしてから、様子を見に行くと…

>>チョウバエとの戦い、11月に入れば活動は減るのか?

 

まだまだチョウバエが発生しており。

あれから1週間が経過。

 

状況を確認してみると↓

haisuicap231119-1

 

ん?

チョウバエの死骸が見当たらない‼

 

部屋の至る箇所を探してみたが、見つけた数は、1匹のみ。

おぉー、かなり減ったね。

 

これは、駆除が効いているのか、

11月に入り、活動期を超えたからなのか…

 

正直、分からないものの、

チョウバエとの戦いに終止符を打てそうで。

 

さらに、この空室に、入居の申込みが‼

今は、保証会社の審査中なので、結果次第になるものの、事務所として利用予定とのこと。

 

聞くところ、洗濯機は使わないらしい。

なんだーい。

 

ということで、この排水溝に、蓋をすることにした。

 

MIYAKO製の洗濯機トラップ用ゴムキャップ取付けDIY

haisuicap231119-2

 

 

↑MIYAKO製の洗濯機トラップ用ゴムキャップをAmazonで購入。

排水溝の内径は、51mm。おそらく、これで行けるはず。

 

haisuicap231119-3

 

↑洗濯機の排水溝のエルボとトラップを取り外す。

もともと、隅に穴が空いており、洗濯パンを取付けれなかった。床に穴が直接空いている感じ。

 

haisuicap231119-4

↑前回、購入した、チョウバエコナーズを吹きかけている。

ちなみに、前回のブログへのコメントで、ワイヤーとピーピースルーFで掃除した方が良いことを教えて頂いた。

駆除?というよりも、ハエが好む有機物(汚れ)を無くして、キレイにすることが効果的なのだと思う。

 

haisuicap231119-5

↑ロックナットと、トラップ用ゴムキャップ。

 

haisuicap231119-7

↑取付後。

おぉー、ぴったし‼

 

haisuicap231119-8

↑裏側。

うむうむ、これなら隙間が無いので、排ハエも出てこないだろう。

ゴムなので、密閉性が高く、異臭の防止にもなりそうだ。

 

haisuicap231119-9

↑トラップを取付ける。

トラップの洗浄としては、お湯を持参して、トラップに溜まっていた大量のチョウバエの死骸を破棄してから。

 

haisuicap231119-11

↑ロックナットと排水溝は、ねじ込み式なので、手でギュッと回して完成‼

僅かな隙間も無いので、もうハエは出てこないだろう。

 

チョウバエとの長い闘いが終わった…?

ふう。

 

おわりに

 

以上「洗濯機の排水溝トラップに蓋キャップDIY」でした。

 

入居予定の審査が通ると良いですね。

仮に、今回の入居話が頓挫した場合は、空室がしばらく続くと思うので、キャップしたままで行く予定。

 

今後、洗濯機を使用することが決まれば、蓋を取り外してエルボを取付けていければ。

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です