【ヒンデンブルグオーメンとは】米国株の暴落/下落が来るのか?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

18年8月9日、ヒンデンブルグオーメンが点灯しました。

米国市場の株価急落を予兆するシグナルです。

 

S&P500のチャートを確認しつつ、嵐に備え「SVXY」のポジションを減らしました。

詳細をまとめておきます。

とみます
この内容は「ヒンデンブルグオーメン」についてです。

 

ヒンデンブルクオーメン(Hindenburg Omen)とは

 

ヒンデンブルクオーメンとは、一言でいうと、米国市場の暴落サイン

今年2月「VIXショック」前にも、このシグナルが出ていたことから、信頼できるのかも…

 

ってことで、詳細に、調べてみた。

 

この記事が参考になる。

>>ヒンデンブルグオーメンの点灯メカニズム

 

どうやら、4つの条件を満たすと、点灯するそうだ↓

 

ヒンデンブルクオーメンを満たす4つの条件

svxy180811-5

引用…The Hindenburg Omen 

 

パッと見、理解に苦しむので、簡単な言葉に↓

 

まず、ニューヨーク証券取引所の値が、もと。

  1. 52週の新「高値」銘柄数/(値上がり銘柄数+値下がり銘柄数) > 2.2%。かつ、52週の新「安値」銘柄数/(値上がり銘柄数+値下がり銘柄数) > 2.2%。
  2. 今日の終値/50日前の終値 > 1
  3. マクラレンオシレーター? < 0
  4. 52週の「高値」更新銘柄数/52週の「安値」更新銘柄数 <2

かな。

 

うーん、

分からん単語は、宿題にしておくことにして、高値と安値の「銘柄数」の割合が大事かと。

 

新高値の銘柄も、新安値の銘柄も、一定の数が必要。

かつ、高安の更新の割合は低く…

 

「1」に限っては、「2.2%」だけでなく「2.5%」「2.8%」もあるらしい。

大きいほど、シグナルが強いってことね。

 

んで、今回は「2.2%」で見ていく。

その条件で、今年のヒンデンブルクオーメンの点灯日↓

 

最近(2018年~)のヒンデンブルクオーメンの点灯日

 

同じ、参考記事に記載されている↓

  • 18/1/19
  • 18/1/30 ←
  • 18/4/24
  • 18/6/18
  • 18/7/18
  • 18/7/26
  • 18/8/2
  • 18/8/9 ←

 

ぬぬぬ、VIXショック前に、点灯している…

そこで、本格的に、妥当性をチェック↓

 

ヒンデンブルクオーメンの的中率(2018~)

svxy180811-6

引用…サクソバンク証券

↑米国市場なので「S&P500」の日足チャートで。

「ヒンデンブルクオーメン」のシグナルが出た時を、「ピンク色のレ点」で示した。

 

なるほど…

確かに、点灯後「暴落」の局面を迎えている場面も。

 

特に、VIXショック。

2月前に、1回、2回と出ている。

 

そして、この「ヒンデンブルクオーメン」、約1か月の「下落注意」を意味するだとか。

 

暴落までは行かずとも、下落の的中率としては、2018年上半期は「100%」。

そして、今日が「8/11」なので、あと一週間で下落が来れば…

 

しかも、ここ1か月「連打」で点灯しているという。w

ってことで、ポジションの見直し。

 

と、その前に、テクニカル分析を実践しつつ↓

 

S&P500の日足チャート

svxy180811-9

引用…サクソバンク証券

↑再度、ラインを引き直した。

(相場に合わせて、柔軟に対応するのが大事。)

 

今、想定しているシナリオは「下落」。

「チャネルライン」の「反落」を、喰らっているので、しばらくは、上に抜ける力は弱そうかと。

 

そうなった場合、①の下落は、あっけない。

次に、サポートラインがいくつかあるので、しばらく「揉み合い」は起きるが…

 

結局、②で、下落。

その勢いは、サポートラインが少ないので「下抜けは速い」と。

 

さらに、下に行くと、100日平均線、200日平均線、さらに、トレンドラインがあるので、そこでようやく反発する。③。

ってな、イメージを持っている。

 

まあ、この通りにはいかない。w

イメージの実践をね。相場は「予想力」。

 

どちらにせよ「下落」と見たので、VIXポジションを、さらに、整理することにした。

 

SVXYの一部をさらに利確

 

前回に引き続き、

>>「SVXY」上昇!! 一部を利確

 

さらに「SVXY」のポジションを減らすことにした↓

  • 米国VI…ノーポジション
  • 米国VIベアETF(SVXY)…買い「135枚」→「85枚」に。
  • 米国VIブルETF(UVXY)…ノーポジション

 

「13.45ドル」の建玉「40枚」を全て売却↓

svxy180811-2

利確としては「1,603円」-「388円」(金利)=「+1,215円」。

証拠金「34,134円」に対し、利回り「+3.5%」と、上出来だ。

 

まだ、検証段階も兼ねているので「枚数を少なくしている」こともあり、利益は小さい。

が、次のチャンスが来た時に、大量に仕込む予定。

 

んで、その第一チャンスは「②」の時かなと。

それまでは、ガマン。(できるかなぁ。)

 

まあ、仮に「下落」が来た場合、「SVXYの買い増し」チャンスが来るわけ。

虎視眈々と狙っていく。

 

それまでに、買える準備だけはしておいてね。

>>GMOクリック証券CFD

 

おわりに

 

以上「ヒンデンブルグオーメンとは、米国株の暴落/下落が来るのか?」でした。

 

下落が来る×2と言われ、ここまで来ました。w

先のことは、誰にも分かりませんが、値動きに合わせて柔軟に、対応していきます。

 

上手く暴落をマネタイズできたらいいですね。

暴落で「ほほ笑む」トレーダーを目指します。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「661名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

【ヒンデンブルグオーメンとは】米国株の暴落/下落が来るのか?” に対して 2 件のコメントがあります

  1. HajimeChan より:

    いつもお世話になります。
    ヒンデンブルクオーメンの存在は自分も気になっていたので参考になりました。
    指標の点灯はどちらのサイトで確認されていますか?
    また、2017年以前の的中率も気になっています。

    VIX/VXV ratio、IAI、 VVIXなどなど他にも面白そうな指標はあるので、その辺りもいつかまとめていただけると助かります!

    1. とみます より:

      HajimeChanさん、
      コメントありがとうございます!!
      https://www.ewarrant-sec.jp/comment/%E6%9C%AC%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC/
      ↑こちらに記載されておりました。
      2017年…気になりますよね!! 当方でも調べてみようと思います(*´▽`*)
      ぬぬぬ…知らない「ワード」がたくさん…
      勉強させて頂きます!! 色々と教えて頂き感謝です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です