3-37 「99%の会社はいらない」を読んで

こんにちは、20代会社員の個人投資家とみますです。今回は帰省した際に、新幹線で読み切った本について。

そのタイトルは「99%の会社はいらない」です。

著者は堀江貴文氏です。

このタイトルが私の目を引き、購入に至りました。

 

 

「99%の会社はいらない」とはどういうことか。

彼は冒頭に、

これからの時代の幸せは「自分の時間」をいかに生きるかで決まる。

と述べている。

なるほど、私もそう思う、いやむしろ、今までそのように生きてきた。

「自分の時間」とは何か。

それは、あなたが夢中になれること、好きなこと、忙しさを苦に感じないこと、

こんな感じかな、合ってる?

また、彼は、

会社勤めをしながら、自分の時間を生きている人は100人のうち1人くらい。

だから、「99%の会社はいらない」と言っている。

へー、そうなんだ、たったの1%しか、自分の時間を生きていないらしい。

…。

え、そんなにも「自分の時間」を生きている人が少ないんだ。

確かに、会社が自分にしてほしいことと、自分の夢中になれることとが完全に一致することは難しいのかな、

ただ、それらの重なる領域が大きい、会社員も意外と多い気がするのは、私だけ?

図にするとこんな感じかな、

overlap

この重なる領域をいかに大きくするかが、会社員としてポイントなんだ、うん、きっと(;・∀・)

大きくするという自分の言い方から、時間経過とともに努力を伴うみたい感じがするのは、ちょっと嫌だけどね。

でも、自分の場合、円面積9割くらいは、重なっていると思う。

今だけなのかな?

その難しさが、きっと、年齢を重ねるにつれて、わかってくるのだと思う₍泣₎

その恐怖から、オプション(選択肢)のある生き方を、考えるようになったんだと思う。

 

まあ、この枠組みの考え方が、会社員らしくて、いとつきづきしいよね。

堀江さんは、だから、最初から起業を勧めるのだと思う。

そうすれば、自ずと、「自分の時間=会社の時間」になるのだから。

 

そんなこんなであっという間に2度読み切ってしまった。

私もこのログを通して、

「自分の時間」を生きる

ことを実証していきたい。

そして、読者にも「自分の時間」を生きてほしい。

 

そんなこんなで、

会社員向けに書かれたこの本

会社員向けに書いてるブログで紹介しよう。

 

新書やっぱ好きなんですよね。

まあ、ここまで読んでいるあなたは、すでに読破していそうだけど(;・∀・)

 

そんな時代に備えてやっておくべきことは、好きなことをすること。

堀江さんの言葉、嫌いじゃないんですよね~。

 

では、また、次回。20代会社員の個人投資家とみますでした~。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です