3-38 ロバート・ルービン氏の言う、確かなものとは

こんにちは、20代会社員の個人投資家とみますです。今回は、投資における確かなものを追求していきます。まず、参考にした師匠は「ロバート・ルービン氏」です。

 

簡単な「ロバート・ルービン氏」の経歴

ハーバード大学経済学部を最優秀で卒業。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミスに進み、その後、エール大学で法学を学ぶ。

法律事務所に2年勤務後、ゴールドマン・サックスに入社。

クリントン政権の始まりと同時に経済対策補佐官としてホワイトハウスに。

第70代財務長官に。

シティグループの経営執行委員長。

 

なんだかすごそうだ。えぇ、本当にすごいのである。

簡単に言うと、ウォール街の超一流トレーダーであり、著名な財務長官。

 

 

そんな彼の「投資における確かなもの」とは

彼は「投資における確かなもの」についてこう述べている。

 

確かなものなど何もない、すべては確率論としてとらえるべきだ

 

なるほど~、しびれますね。

「こうすれば絶対に勝つ」ということは、あり得ないということらしいです。

マーケットの本質は不確実性だということ。

 

 

私たち個人投資家に落とし込むと

不確実性なマーケットに対し、どう対応していくかが、個人投資家の私たちにとって、大切になりそうですね。

うーん、100%の勝率はあり得ないと、すごい人が言っているんだから、素直にそれを信じて、

いかにして、勝率100%に近づけるトレードを行えるかを考えていきたい。

ただ、人によって、勝率を気にしないトレードの仕方もあるわけだから…、

たとえば、「9回負けて1回大きく勝つ」やり方で、収支がプラスになれば問題ない。

 

私の場合は、インカムゲイン狙いで日経225オプション取引を行っているので、

これには当てはまらない。

なので、毎回のトレードで負けないやり方をしていく必要がある。

 

具体的には、まあ、頭の端にアイディアが眠っているような状況なので…

毎月のトレードで、一回ごとの勝率を限りなく上げていき、結果をこのログに残していこうと思う。

 

来月には、資産がぶっ飛んでるかもしれないけど(;・∀・)

 

これからも、不確実性な市場に挑み続け、確率論的に?戦略を駆使していこう、

20代会社員の個人投資家とみますは誓うのでした。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です