4-31 iDeCo(イデコ)とは、私が絶対にやらないたった1つの理由

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今日は「iDeCo」についてです。

 

以前行った、読者アンケートにおいて、「とみますさんは、iDeCoをしていますか」という質問がありました。

確かに最近、注目を集めていますよね。

 

そこで、今回は「iDeCoは、投資先としてどうなのか」という視点で、読み解いていきます。

 

このブログを読んだ後のあなたは「iDeCoに投資すべきかどうか」がはっきりとわかるでしょう。

とみます
この内容は「iDeCo」についてです。

それでは、どうぞ。



 

iDeCo(イデコ)とは

 

そもそも「iDeCo」とは、何なのか。

調べてみると、iDeCoは、individual-type Defined Contribution pension plan の略称のこと。

 

それぞれ、

  • individual-type ⇒ 個々のタイプ ⇒個人型
  • Defined ⇒ 定義された ⇒ 確定
  • Contribution pension ⇒ 拠出年金
  • plan ⇒ 計画

 

全てを並べるてみると「個人型確定拠出年金」。

「iDeco」って「年金」なんだね。

 

なんとなーく「年金」に「愛嬌を持たせよう」としている感じがして、あまり好きではない。

 

そんな「iDeCo」が、なぜ、注目を集めているのか。

 

 

「iDeCo」3つのメリット

 

今、会社員に人気らしい。

それは、2017年1月1日から、勤務先に「企業年金制度」のある会社員でも、加入できるようになったから。

あと、公務員も。

 

よく広告で見るようなメリットについて、それぞれを見ていく。

  1. 掛け金が所得控除
  2. 運用益に税金がかからない
  3. 受取時に税金が優遇される

 

まずは、掛け金の所得控除から。

 

1. 掛け金が所得控除

 

「iDeCo」に投資する「掛け金」は、全て所得控除されるらしい。

これだけ聞くと、すごく魅力的に聞こえる。

 

とみますのケーススタディを見てみよう。

28歳、独身、年収450万円、掛け金1万円とする。

その場合の節税額は、なんと

 

 

 

なんと、年間36500円の節税に!!

 

おー、思った以上に、効果が大きい。

「意外に使えるのか?」

 

 

2. 運用益に税金がかからない

 

次に、運用益に「税金」がかからない点である。

一般の金融商品の場合、今だと、運用益に対して「20.315%」の税金がかかる。

(所得税、復興特別所得税、住民税で)

 

しかし、このiDeCoの場合、その税金がかからないのだ。

 

なんだか、NISAみたいだね。

NISAは、株の利益に対して、非課税になる制度である。

 

これだと聞くと、運用益に税金がかからないのは、すごく魅力である。

 

だが、

だが、

だがだ。

 

「運用益がプラスになるのだろうか。」

iDeCoでは、運用する商品を「自分で選択していく」必要がある。

もちろん、窓口?あるいはホームページで教えてくれる場合もあるものの、それが運用益が出る商品であるかどうかは、自分で判断しなければならない。

 

利益が出るかどうかは、結局は「選択した商品」に依存する。

SBI証券の商品群をパッと見た感じ、「インデックスファンド」や「リート」、「外国株」なんかがある…

 

「ん、なに。

思った以上に、商品が充実している。」

 

確かに、自分で「正しい組合せ」を選んで、運用していけばプラスの運用益は出そうだ。

「その運用益に税金がかからないわけだから、結構お得じゃん」

 

 

3. 受取時に税金が優遇される

 

受け取る時にも、税金が優遇されるらしい。

受け取る方法は、「年金として受け取る方法」と「一時金で受け取る方法」がある。

 

年金で受け取る場合、「公的年金等控除」が使えるとのこと。

一方、一時金で受け取る場合、「退職金などと合算して退職所得控除」が使えるとのこと。

 

さらに、これら2つを組み合わせて、使えることもできる。

半分を年金で、残りの半分を退職金で、的な。

 

「へー、意外に使えそうじゃん。」

 

次は、デメリットについて。

ここからが本番ですよー。

 

 

「iDeCo」最大のデメリット「流動性」

 

iDeCoについて、調べてみたけど、「なんだか良さそうじゃん」って、正直思ってしまった。

そこで、もう一度、広告の隅から隅までを見てみる。

穴が開きそうなくらい。

 

 

 

…すると、広告の片隅に「小さい文字」で、

 

*確定拠出年金は、原則60歳まで引き出すことができません。

 

と書かれている。

 

60歳…\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

「長いよー、長すぎる。」

 

原則ってなんだ?

調べてみると、本人が死亡したときや、東日本大震災等で「どうしてもお金が必要になったとき」以外は、途中で引き出しができない。

 

途中で、掛け金の「変更」や、積立の「停止」はできるんだけど、基本的に「一度iDeCoに投資した「お金」は、60歳まで取り出せない」ってこと。

 

簡単に言うと、

 

ideco

 

流動性悪すぎ。

 

だから、私はやらない。

 

だって、途中でお金がどうしても必要な場合が、出てくるかもしれないよ。

 

けがや病気?それもそうだけど…

もっと資産性のある投資案件に出会ったとき、それに「お金を回せない」よね。

 

ウォーレンバフェット氏の若いときの言葉を借りるが、

「私は車を買わない。だって、そのお金があれば、将来●●千万円になるからね」

と言っていて、それが実現した今でさえ、ふつーの車を使っているらしい。

 

要するに「機会損失になり得る」ということ。

とみますの読者なら、絶対にやらないらー。

 

 

手数料がかかる

 

他のデメリットとして、運用先の金融機関に対して「手数料」がかかる。

証券会社によって、手数料を「安く」している場合もあるから、気になる人はチェックしてみて。

 

でも、パッと見た感じ、50万円未満の口座管理手数料で「毎月324円」って書いてあったから、調べる気も失せました(´・ω・`)。

 

 

おわりに

 

以上「iDeCo(イデコ)とは、私が絶対にやらないたった1つの理由」でした。

 

確かに、税金的に優遇されていて、すごく魅力的です。

社会的にハヤるのもわかります。

 

でも、

それでも「流動性が悪い」から、私は絶対にやりません。

 

もっといい投資先を探していきましょー。

むしろ、税金を支払ってでも、利益を出していきましょー。

 

が、私のスタンスです。

たまに失敗するけどね( ゚Д゚)テヘ

それも公開しています。

 

こうやって、たまに読者向けのWEBアンケートを行って、ブログにする場合がありますので、LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

質問して頂いた方に、心より感謝です(^^)/

今日も最後までありがとうございました。

 

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です