サクソとIG証券の手数料コストは高い。 SVXY(米国VIベアETF)を買ってみた…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

VIX投資を研究して、早4か月。

この投資をするには、CFD証券会社を開設していく必要があります。

 

ですが、証券会社によって、手数料コストが異なります。

 

試しに、今、注目の高い、VIXインバース型、

  • SVXY (米国VIベアETF)

を買った場合の、手数料コストを比較してみました。

 

自分に合ったCFD証券会社を開設しないと、「手数料負け」してしまいますので、ご注意を。

とみます
この内容は「SVXY×証券会社の手数料コスト」についてです。

 

VIX投資を始めるために…

Jpeg

 

実は、VIX投資を始めるにあたり、4つの「CFD」証券会社を開設した。

  1. DMM .com証券 (DMM)
  2. GMOクリック証券 (GMO)
  3. サクソバンク証券 (サクソ)
  4. IG証券 (IG)

だ。

 

開設してみて、色々と分かったことがある。

まとめておこう。

 

SVXY(米国VIブルETF)×手数料コスト、証券会社の違い

 

今回、特に、人気のある「SVXY」に、注目していく。

GMOでいう「米国VIベアETF」だね。

 

正式な名前は、

  • ProShares Short VIX Short-Term Futures ETF。

 

これを買うのに、コストはいくらか。

 

主な、コストは、3つ。

  • 取引手数料
  • スプレッド (見落としがち)
  • 金利。

 

取引手数料 スプレッド 金利
DMMなど 扱っていない
GMO 0円 0.07 約2円
サクソ 10 USD (約1,100円) ×2 0.01 -0.03USD (3円)
IG 1,617円 ×2 0.03 ?
IB ? ? ?

*18/9/12の時。多分、日によって、微妙に、違います。

私の把握する限り、SVXYを扱う証券会社は、4つ。

  • GMO
  • サクソ
  • IG
  • IB。

 

ただし、それぞれ、ターゲット層が違う。

まず、口座を開設するのに、必要な金額↓

  • GMO → 0円
  • サクソ → 10万円
  • IG → 0円
  • IB → 10,000 USD (約110万円)。

 

正直、オプションも扱っているので、今直ぐにでも「IB」を開きたい。

が、あいにく、必要金額が高い。

 

110万円って。泣

結局、小資本の私には、3択になる。

  • GMO
  • サクソ
  • IG。

 

一見、スプレッドが小さい、

  • サクソ
  • IG

が良さそうに思える。

 

ところが…

 

IG証券の手数料は高い

SVXY180912-1

(ん? チャートは、分割前も、そのまま表示されているのか? )

 

どれだけ、探しても、VIX関連の手数料が、書かれていない…。

買ってみるしかねぇ!!!

 

試しに、併合を意識しつつ「12枚」購入。

が、↓

SVXY180912-2

 

ぬ?

  • 取引手数料「-1,677円」
  • GST 「-134円」

 

速攻で、

  • -1,811円

の損が、出ている…。

 

だが、損益上には、表示されない。

えぐ、ナニコレ…。

 

あと、GST、ってなんだー\(゜ロ\)(/ロ゜)/。↓

  • 物品サービス税 (Goods and services tax, GST)

らしい。

 

また、1つ勉強だぜい…。

まだ、コストがあったとは。泣

 

ちなみに、これ。

決済の時にも、かかる。(GSTまでも !!)

 

  • -1,811×2=-3,622円。

 

おいおい、私の取引枚数(少ない)の場合、全部、利益、持ってかれるやんけ。

 

確かに、扱う、VIX銘柄数も多い。

が、小資本でやる場合、絶対に、オススメできない。

 

お金持ち向け。

あと、金利は、明日くらいに、確認するが、もう、キツイゎ。

 

ってことで、残る選択は、2つ。

  • GMO
  • サクソ

 

サクソバンク証券の手数料もそこそこ高い

SVXY180912-3

 

サクソ(SAXO)は、スプレッドが、「0.01」で魅力的。

 

だが、予想手数料は、

  • 10USD (約1,100円)。

 

この証券会社は、以前に、銀オプションで扱っていたが、多分、これ、決済の時にもかかる。

  • 10×2=20USD (約2,200円)。

 

うーん、

「IG」までは行かないけど、やっぱり高い。

 

ちなみに、GMOと比較した場合、

  • 18,000枚以上、買えば、サクソの方がお得になる。

↑スプレッド差異で。(サクッと計算、合ってる?)

 

これも、やっぱ、お金持ち向けかぁ…。

 

小資本者には、GMOがおススメ

 

結局のところ、

  • 多少のスプレッド(0.07)はあるものの、取引手数料「0円」のGMOが、一番、お得

だと、いうことが分かった。

 

これから、VIX投資を始めようとする方は、ぜひ、GMOで。

>>GMOクリック証券CFD

 

それにしても、なんで、こんなに差があるんだろ…

まだまだ、金融のグローバル化(標準化)は、進んでないのかな?

 

何も知らずに突入すると、えぐい「コスト」でやられるので、注意しよう。

 

そもそも、VIX関連銘柄を扱っているのが、少なすぎ。

残念だなぁ。

 

おわりに

 

以上「サクソとIG証券の手数料コストは高い。 SVXY(米国VIベアETF)を買ってみた…」でした。

 

逆にいうと、GMOの手数料「無料」サービスは、ケタ違いに嬉しいですね。

メール問合せの対応も早いですし。

 

ただ、

  • 銘柄数が少ないこと
  • チャート分析の使用感がイマイチ

という、デメリットもあります。

 

まあ、それでも、VIX投資で利益を積むのには、十分かなと。

小資本なりに、実質利回りを高くしていく努力を続けていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「716名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です