2-12 間接金融

こんにちは、

今週は「間接金融」についてです。

 

間接金融とは、

 

仲介業者を利用した資金のやり取りです。

 

戦後の日本は、ずっと、この間接金融を取り入れていました。

 

というのは、

 

復活を急いだ日本は、

 

国内の資金の流れを支配し、

 

銀行・郵便局・生保の窓口で集めて、

 

産業資金に使いたかったためです。

 

結果、

 

高度経済成長と呼ばれる、

 

驚異的な経済成長を達成。

 

しかし、

 

その反響は大きく、

 

私たちに、「貯金が一番」という

 

考え方が根付いてしまいました。

 

そのため、

 

経済成長が終わったのにも関わらず、

 

「投資?信じられない。」

 

という人が多い。

 

以前は、

 

国や大蔵省(現財務省)が何とかしてくれた。

 

が、今は違う。

 

NISAが流行るように、

 

「個人が投資をしてね」

 

と言われている。

 

 

 

私の親から言われた、「貯金しなさい」は、

 

将来、私の子どもに向けて言う、

 

「投資しなさい」

 

に変わるだろう。

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です