INVASE Proのアプリがリリース! 私の借入可能額は…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

INVASE Pro(インベースプロ)のアプリが公開されました。

不動産投資ローンの借入可能額が簡単にわかるそうで。

 

早速、登録してみると…

#PR含みます。

 

INVASE Proをインストールする

MFS6_110_C95935_0

>>INVASE Pro

 

↑スマホの場合、リンクから、App store あるいは、Google Playに飛べる。

PCの場合、上手く機能しないので、スマホでQRコードを読み取ってくれ。

 

スマホ専用のアプリ

  • INVASE Pro

 

一体、何が分かるのだろうか。

一番の魅力は、気軽に融資可能額が分かること。

 

INVASE Proのアプリの使い方

invase240708-1

>>INVASE Pro

 

↑各個人の属性に応じて、借入可能額が分かる。

それに応じて、収益物件を探せるようで。

 

invase240708-2

↑アプリダウンロード後、

  • 買いたい
  • 売りたい

の選択肢が。

保有物件の評価にも使えそうだ。

 

invase240708-3

↑年収や借入状況を入力していくと…

  • 申し訳ございません。入力内容から借入可能額を算出できませんでした。

と表示されてしまい。w

 

あれ?

既存の融資金額が多過ぎたか?

 

試しに、借入状況を4000万円→1000万円に変更してみると、

  • 借入可能額 2300万円

と表示され。

 

やはり、そういうことか。w

簡易的に算出しているだけで、借入の少ない人向けの機能っぽい。

 

評価額の高い物件を保有している中~上級者向けのアプリでは無いようで。

一応、資産情報登録で、物件を登録できるみたいだけど、なぜか都心のみだし。w

 

登録されている物件情報から読み解く

 

借入可能額が表示されなくても、

物件情報を見ることができた。

 

んー、

今のところ、区分マンションのみの扱いなのかな。

 

検索できる物件には、マンションしか出てこない。w

区分だとキャッシュフローが少ないんよな…

 

ざっと、

  • 今後、会社員を数十年続ける人
  • 都内マンションのキャピタルゲイン狙い

のサービスと理解した。

 

今後、一棟モノも追加されることに期待しつつ。

 

おわりに

 

以上「INVASE Proのアプリがリリース! 私の借入可能額は…」でした。

 

まさかの回答不可でした。w

簡易的に算出しているようなので、既存の借入れが多いとダメみたいです。

 

借入れが多くても、それ以上に物件評価額の高い人は、自分で銀行を開拓するしかないですね。w

初心者の方は、自身の属性を把握するくらいに使ってみてください。

>>INVASE Pro

 

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です