保有株が含み損になる前に、利益を守る5つの方法

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

株価市場の先行きが怪しくなってきました。

一時的な調整…

 

なら良いですが。

 

仮に「暴落」や「下落」が来た場合、

利益の出ている保有株に対し、どんな対策ができるのか。

 

パッと浮かんだ方法を並べてみました。

とみます
この内容は「含み損×対策」についてです。

 

保有株が含み損になる?

 

S&P500の値動きが怪しくなってきた。

 

さすが、トランプさん。

>>米大統領、中国全輸入品に追加関税も 新たに2670億ドル相当用意

 

一言で、流れを変える。

 

現在、S&P500とVIXの逆相関が崩れていることから、警戒している。

>>【日本株見通し】注目ポイントは「米株上昇は続かない?」9月7日(金)

 

(↑ゼミメンバーが教えてくれた、感謝(*´▽`*))。

 

自分でも調べてみると、

 

  • バフェットさんが現金比率を高めていること。(動画時間40分~)
  • 米国の失業率が底値に近いこと、12ヵ月移動平均線を超えるとヤバい (動画時間47分~)

とのこと。

 

確かに、2000年, 2008年、S&P500は、大きく下落している。

 

仮に、現在、株やETFなどの金融商品を保有している場合、大暴落が来たら、含み損を抱えることになる。

来るかどうかは別にして、対策しているか…

 

もう一度、確認しておこう。

 

保有株が多いほど…

 

私も、実際、株やファンドを保有している。

 

「ドルコスト平均法」と言って、毎月、一定額を購入。

数年前から続けているので、〇〇〇万円以上の評価額に。

 

機械的に買っているので、暴落が来たとしても、多く買えるメリットがある。

が、やっぱり、評価額が「含み益」を抱えるのは、居心地の良いものじゃない。

 

ってことで、仮に、暴落が来た場合に、資産を守ることはできないのだろうか。

色々と、考えてみた。

 

含み損になる前に

 

パッと浮かんだ、5つの方法↓

 

①現金化する

 

これが「1番」かな。

 

利確する。

すでに、私も利確をし、現金比率を高めている。

 

が、デメリットがある。

利益に対し、税金がかかる。

 

できれば、株を保有したまま…

 

②インバース型のETFを買う

 

保有株の含み益が増えた場合に、インバース型ETFの利益を増やす。

 

うーん、でも、やっぱり、どこかで利確する必要はあるのよね。

 

あと、そのETFが、完全に逆相関になっていればの話。

 

場合によっては、買い手と売り手が少なすぎて…

なんてことも?

 

③プットオプションを買う

 

プットオプション(売る権利)を買う。

低い権利行使価格を、安値で買っておき、何かあったときに、売り戻す。

 

ただし、限月が限られている。

日経225オプションの場合、1か月、2ヵ月、3ヵ月…と、短期しかない。

 

毎回、保険料(プレミアム価格)を支払う必要が出てくる。

うーん。

 

④先物を空売りする

 

レベルの高い方は、そうしてる?

私は、やったことない。w

 

1枚の金額が大きいのが不安。

手数料や賃株料? などの手数料もある。

 

⑤VIX先物を買う (CFD)

 

個人的に、一番、これが良いかなぁ。

株価と逆相関のある「VIX」。

 

その先物指数を買う。

国内なら「米国VI」。(海外では「VX」と呼ばれる。)

 

現在、扱っていて、手数料が安いのは「GMO」だけ。

>>GMOクリック証券CFD

 

底値の判断もしやすい。

 

デメリットは、毎月、価格調整額があること。

逆にいえば、その日を逸らすように、売買すればいいのか?

 

まあ、今、探求している。

 

「後出し」で、もっと利益を狙うなら

 

そして、最後。

仮に、①利確をし、その後に、下落が来た場合。

 

⑥安くなったところを買い戻す

 

バフェットさんもやっている手法。

現金比率を増やしておき、下落後に、大量に買う方法。

 

簡単に見えるけど、下がっていくものを買うのには、勇気がいる。

まあ、必ず、手元には「現金」を残しておこう。

 

⑦VIX先物を売る (CFD)

 

金融ショックなどの下落が来た場合、1週間~数か月間、不況に陥る可能性が高い。

 

ゆっくりと構えて、後出し(じゃんけん)で勝てる?

その場合も、VIX商品が使えるかも。

 

短期~中期レベルでの過熱感は、長期で見れば、必ず、静まる。

それを狙って、VIX先物を売る。

 

あるいは、VIXのインバース型を買う。

現在、底値にいることもあり、初心者にも、人気だった。

>>VIX投資の始め方

 

が、9/17には、併合が行われるので、また、扱いが難しくなってくる。

順次、報告していく予定。

 

保有株が含み損になる前に、利益を守る5つの方法

 

簡単に、まとめてみた。

  1. 現金化する
  2. インバース型のETFを買う
  3. プットオプションを買う
  4. 先物を空売りする
  5. VIX先物を買う
  6. (後出しで、安くなったところを買い戻す)
  7. (後出しで、VIX先物を売る)

 

自分の納得できる手法を選んでいこう。

100人いたら100通り。

 

他にもあるのかな。

何はともあれ、相場がどのように動いても、利益を守りたい。

 

おわりに

 

以上「保有株が含み損になる前に、利益を守る5つの方法」でした。

 

警戒を続けますが、日足レベルでは「上昇トレンド」を維持しています。

どこまで、上昇を続けるのか…

 

あるいは、落ちるのか。

 

先のことは、誰にも分かりませんが、「いざ本番」でテンパらないように、事前に備えておきます。

気長に期待です。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「709名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

保有株が含み損になる前に、利益を守る5つの方法” に対して 2 件のコメントがあります

  1. toyotoyo より:

    「保有株が含み損になる前に、利益を守る5つの方法」を読ませていただきました。
    自分の知識だけで①~⑥までのプランが浮かばないです。
    いつも面白い記事を書いていただきありがとうございます。

    今後もブログの更新お願い致します。

    1. とみます より:

      toyotoyoさん、
      コメントありがとうございます!!
      嬉しいお言葉(*´▽`*)感謝します。
      これからも、選択肢を多く持ち、その中で適切な判断ができるように努めていきます(`・ω・´)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です