【is6comを開設】3万円キャンペーンで「FX」にトライ

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

仮想通貨は、依然として、下げトレンドを維持しています。

トレンドが「上に転換」するまで、様子見の状態です。

 

んで、今回は「FX」。

通貨の売買利益を狙います。

 

仮想通貨と、同じですね(*´▽`*)。

取引所キャンペーンのように、「FX」でも「お得な」キャンペーンをしています。

 

今なら「3万円分」をゲットできるだとか。

ノーリスクで取引できるそうなので、早速、開設してみました。

 

詳細を、まとめておきます。

とみます
この内容は「is6com×開設」についてです。

 

is6comを知ったきっかけ

 

お馴染みの、ゼミメンバー「くじらっきーさん」。

>>Quality of Life~福祉の仕事をしながら投資で豊かな生活を目指すブログ

 

どうやら40代のおじさんは、若手投資家の「教育」に目覚めたらしい。

どこからともなく、耳寄りな「情報」をピックアップしてくれる。

 

彼は、もともと、兼業のFXトレーダー。

普段は「福祉」の仕事に勤務している。

 

毎度のことながら、北の国(北海道)から、ホットな情報を持ってくる。

んで、今回の内容は、これ。

 

3万円キャンペーン」。

どうやら、FXの口座開設をすると、タダで「3万円分」の取引ができるだとか。

 

しかも、たとえ、ゼロ(それ以下のマイナス)にしても「支払いは一切なし」。

なのに、利益が出たら、自分のポケットにお金が入ると…

 

…やらないわけないがな。

ってことで、サクッと開設。

 

と、その前に、一応は、会社をチェックしておこう。

 

is6comの会社は大丈夫?

is6180711-8

引用…Wikipedia

 

サクッと、まとめておく↓

  • 本社は「セーシェル共和国」。(南アフリカの東にある島。)
  • フィリピンにサポートセンターあり
  • 設立は「16年12月12日」。
  • 資本金「2,000万ドル」(約22億円)。
  • 従業員「18名」。

 

うーん、できたばかりの会社だね…。

 

口座開設には、自分の情報を提供する必要がある。

少し不安はあるが、まあ、調べようと思ったら、何でもわかる時代。

 

特に、気にしないことにした。

 

is6comの開設

 

簡単にまとめておく↓

  1. is6com」に登録
  2.  基本情報の登録
  3.  身分証明書のアップロード
  4.  3万円が反映

 

以下、画像↓

①基本情報の入力↓

is6180711-1

↑ここでは、「スタンダード口座」と「JPY」を選択すること。(じゃないとキャンペーン報酬なし。)

 

②財務状況の選択↓

is6180711-2

↑「会社員」「年収」「資産」を入力。

 

③身分証明書のアップロード↓

is6180711-4

↑私は「パスポート」を選択。

 

④住所証明書のアップロード↓

is6180711-5

↑私は「電気代の伝票」をアップロードした。

 

以上。

その後、10分後くらいに、受理されたと「メール」が来る。

 

ログインし、しばらく経つと…

is6180711-6

↑クレジットが「3万円」になりました(*´▽`*)パチパチ。

 

is6comのキャンペーン詳細

is6180711-3

 

実は、これ、さらに「入金ボーナス」がある。

max.10万円を入金すると「+20万円」のボーナスが付与される。

 

合計、3万円+10万円+20万円=33万円ってこと ( ゚Д゚)!!

異常だよね。

 

なんだけど、このボーナスは、出金できない。

つまり「この3万円を使って、いかに利益を積むことができるか」がポイントかと。

 

だが、私は「FX」の経験は浅い。

読者向けのレポートでも言っているけど、トルコリラで失敗しているんだよね…。

 

5万円を入金したけど、結果、3.5万円にしているという…。(-30%の損失…ヒエー!!)

なので…

 

is6com入金なしでトレードスキルを磨く

 

今回は「入金」を見送ることに。

調べていると、2ヵ月に1回、入金キャンペーンをしているそう。

 

なので、入金は、次回に、回す。

(あるか分からんけど。)

 

今回は「ボーナスの3万円」を使って、トレード経験を積むことに。

そして、前回の失敗を反省し「スワップ金利狙い」ではなく、テクニカル分析による「トレード益」にチャレンジしていく。

 

仮想通貨ショック後から、本格的にテクニカルを学び始め、ちょうど良いタイミング、ということもありつつ。

 

is6comデメリット

 

今回、身銭を切らない。

つまり、ノーリスクで臨むことになる。

 

その場合「最悪、無くなってもいいや」という気持ちが、意図せずとも働く。

「is6comキャンペーン×デメリット」を強いて言えば、その「心の隙間」だろうか。

 

と言っても、身元の情報提供をしているので、

  • 私の情報を「3万円」で売った
  • この「3万円」は、私のモノ

という強い意識で、トレードに臨んでいく。

 

トレードが甘くならないように、注意しつつ。

 

取り合えずは、開設だけはしておこう。

今週の金曜日までが締切りなので、早めにね。

>>is6com

 

おわりに

 

以上「【is6comを開設】3万円キャンペーンで「FX」にトライ」でした。

 

この「3万円」で利益を積むことができるか、それとも、ゼロにするのか…

FXは、通貨ペアの選択、トレンドのフォロー、エントリータイミングなど、かなり難しいイメージがあります。

 

が、ここでは、スキルアップを図ります。

そうすることで、日経225オプション取引や米国VIなど、他のトレードにも役に立つかと。

 

「FX×インカムゲイン化」できたら、また、レポート? ブログにしたいと思います。

会社員流の、日中、為替を気にしない方法を模索していきます。

 

開設した方は、こちらから↓

>>【is6comの始め方】初心者が無料でゲットした「3万円」で…

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「630名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

【is6comを開設】3万円キャンペーンで「FX」にトライ” に対して 2 件のコメントがあります

  1. サバちよ♪ より:

    ムムム なんてお得なキャンペーンなんだ!

    FX経験ゼロだけど・・

    とりあえず
    開設だけしておきます

    ありがとうございます❤️

    1. とみます より:

      さばちよさん、コメントありがとうございます!!
      えぇ、トレード実践を積むのに良いのかなと(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です