3-62 ジャパニーズ インベスターからのIRマガジンが届いた

 

こんばんは、とみますです。日経平均株価は相変わらず高いですね。どこまで高くなるのかはわかりませんが、そろそろ上値の抵抗が強い感じがします。それはさておき「ジャパニーズ インベスター」のIRマガジンが家に届いたので。

 

今回の表紙は「松山ケンイチ」氏

 

届いたマガジンがこれだ。

 

Jpeg

 

ふと思ったのだが、松山ケンイチ氏は投資家なのだろうか…。

加え「ケンイチ」氏の「ケンイチ」は、カタカナ表記だったんだ(´・ω・`)。

それはさておき、定期購読の登録をすると、年に4回この冊子がもらえる。

定期購読は無料であり、企業の広告でビジネスが成り立っている。

読者としてはタダなので、とみますは去年くらいに登録していた。

 

 

個人投資家の目線で考える「投資&IRマガジン」

 

このジャパニーズインベスターは、投資経験の長い富裕層個人投資家を読者層としている。

IRとは「Investor Relations」の略で、「投資家向けの情報」のこと。企業と個人投資家を繋げる役目を果たすのが、この冊子らしい。

調べてみると、20代の読者は6.3%で最も少ない。この数字を残念に思うとともに、割合の増加に貢献できたらなと思う。

それもさておき、中身はどうなのか。

 

 

FinTechがもたらす”お金の未来”

 

表紙のケンイチ氏も気になるところだが、特集の「FinTechがもたらすお金の未来」とは何なのか。

FinTechとは、金融と技術の造語であるが、この分野の先駆者であるマネーフォワードFinTech研究所の瀧所長が語っている。

マネーフォワードのサービスは、口座を一括で管理し「見える化」し、自分らしいお金の使い方「アクション」を起こすためのものらしい。

 

なんだか「見える化」と聞いて、トヨタ生産方式を思い出したぞ。確か「自働化」なんかもあった気がする…。

基礎はどこも大事なんですね(;・∀・)。

 

それもさておき、他にはFinTechの年代チャートや産業の全体像などが図や表できれいにまとまっており、かなり見やすい。

名前は知っているが、説明はできない程度の私にとって、すごくいい参考資料となっている。

 

 

他のテーマは「Jリート」や「IPO」

 

他のテーマとして、Jリート(不動産投資信託)なんかも載っている。

2001年から今までの時価総額の推移や、上場リートの各国の市場規模などが一目でわかるようになっている。

日本の規模は世界2位らしく、結構大きいことに驚いた。

 

また、IPOの社長インタビューが8人も業種を問わず載っており、それぞれの視点が目新しい。

最近まで知らなかったが、家賃債務保証に入らないと賃貸できないことを知った。

そんな保証業務を行っている「ジェイリース」なんかも載っている。

…ちゃんとした人が借りる場合、個人的にはお金が高くつくから、あんまり好きじゃない保証なんだけどね(´・ω・`)。

 

 

さいごに

 

以上「ジャパニーズ インベスターからのIRマガジンが届いた」でした。

1年に4回送られてくるので、投資、金融、経済を知るペースメーカー的な存在だ。

よかったら、とみますの読者もご一読してみることをおすすめする。

今日も最後までありがとうございました。

 

 

公式ライン@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「公式ライン@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「80%」で、「満足率」も「80%」とのことでした。現在、36人の方が登録しています!!めちゃくちゃ嬉しいです。

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です