5-24 信託系「Jibrel Network(JNT)」ジブレル社のFiat化は進むのか

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

Tether社の問題もあり、オンチェーン通貨とオフチェーン通貨(法定通貨)間のやりとりの行方がわかりません。

そんな中、この上げ相場の中、下がっている通貨を見つけました。

 

「Jibrel Network(JNT)」です。

 

信託を提供する金融機関を目指しているそうですが…

個人的に引っかかったので、調べてみました。

とみます
この内容は「Jibrel Network」についてです。

それでは、どうぞ。



 

Jibrel Network(JNT)とは

 

Jibrel Network(JNT; ジブレルネットワーク)は「金融資産をデジタル化すること」を目的としている。

 

いつものように、

を読んで、簡単にまとめておく。

 

今まで「金融系クリプト通貨」を度々説明していきたが、このJNTの特徴は、この2つかな↓

  • Jibrel Bank(ジブレルバンク)は、独自の信託(CryDRs; Crypto Depository Receipts)を作る
  • オンチェーン⇔オフチェーン間でのアービトラージから利益を出す

 

投資家のメリットとしては、

  • 「Tethered Tokens(テザートークン)」の価値を保持するために、保障機能を設けるらしい。
  • そうすることで、裏付けされた資産をクリプト通貨のように容易に取引できるようになる

 

ん?

Tether社が発行している「USDT」と同じ機能を目指しているのかな。

 

現在、

  • USD ⇒ jUSD
  • EUR ⇒ jEUR
  • GBP ⇒ jGBP (UKポンド)
  • RUB ⇒jRUB (ロシアルーブル)
  • CNY ⇒jCNY (中国元)
  • AED ⇒ jAED (UAEディルハム)

6つの「Fiat(法定通貨)」をサポートするらしい。

 

ジブレル分散型銀行(Jibrel Decentral Bank ;JDB)

 

簡単にいうと、クリプト系の信託バンク。

 

所有者に代わって、資産を受領し、保管する。

そして、それぞれの「CryDR(信託トークン)」が発行され、MyWalletに送られる。

 

所有者がトークンを償還すると、資産が戻ってくる。

という仕組み。

 

将来的には、完全な分散化を目指すが、フルチェーンが完成するまでは、オフチェーンを使用していくとのこと。

それまでは、透明性や信頼性を損なわないように、監視機関を設けるだとか。

 

規制にも準拠しなきゃいけないし、大変そうだね…。

 

実際のイメージはこんな感じ↓

JNT180420-4

Board of Directors Smart Contract (BODC)は、スマートコントラクトのことで、ジブレル社との契約。

 

目指すは「DAO(分散型の自立組織)」で、メンバーは、イーサリアムのアカウントを使って、BDOCの決定に投票する。

 

このときのプライベートキー等の管理は、メンバーの責任らしい。

問題が起きなければ良いけど。

 

んで、図中の中心にある「信託(CryDR)」が発行され、流通していくという仕組み。

 

まとめると、

信託のデジタル化」だね。

 

そうすることで、

  • 投資銀行が、この信託商品を販売できる。ファンドに組み込んだりだとか。
  • 将来的には、オンチェーンで管理されるため、信頼性が担保される。

かな。

 

まあ、金融機関向けのサービスなのかな。

 

なんだけど、すでに「JNT」は上場しているクリプト通貨。

個人でも「Myクリプトポートフォリオ」に組み込むことができる。

 

なので、ウォッチング銘柄にしていくことにした。

 

Tether社の問題もあるからね、競合になるのかな?

Fiat通貨がどうやって解決していくのかもフォローしつつ。

 

JNTの時価総額/取引高と供給量/発行量

 

基本的な情報を、叩き込んでおこう。

JNT180420-2

引用…https://coinmarketcap.com/

  • 時価総額…40億円
  • 24時間の取引高…1億円
  • 流通量…1.5億枚
  • 発行量…2億枚

 

USDTの発行量が「22億枚」だから、約「10分の1」に相当。

ってか、前より、USDTの発行量が増えてるし…。約2倍に。

(これってあり? 今後、どうなるのかを、フォローしつつ。)

 

んで、扱っている取引所は「Bibox」や「Gate」。

第2生産工場の「KuCoin」でも扱っているが、取引高がとても少ない。

 

なので、あくまでも参考までに見てくれ↓

 

JNT/ETHチャート

JNT180420-1

引用…KuCoin取引所

↑KuCoin上場後からの値動き。

 

プレセールスの時が「1JNT=0.20USD」(21円)。

今で、約27円。

 

この相場の中、下落している。

 

なので、

上がっているクリプト通貨を売却し、

このJNTを拾っていくことにした。

 

まあ、クリプト通貨の金融商品が実装されるまで、かなり時間がかかるだろうね。

その時に、上がればJNTを売却するくらいの感じで。

 

JNTの買い方

 

念のため、JNTの買い方を↓

  1. Zaif」等の取引所より「ETH」を買う。
  2. KuCoin」取引所に送金し、「ETH」で「JNT」を買う。

 

金融業界の動きは、早いですからね…

今後どうなるのかを楽しみに。

 

おわりに

 

以上「信託系「Jibrel Network(JNT)」ジブレル社のFiat化は進むのか」でした。

 

まあ、正直、先のことは、わかりませんね。

ただ、言えることは、次々とブロックチェーン技術を使ったサービスが生まれてきているということです。

 

改ざんやなりすましが消滅する? フェアな時代の到来に感謝しつつ、真っ当に生きていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも幸あれ~。

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「534名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、495人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

5-24 信託系「Jibrel Network(JNT)」ジブレル社のFiat化は進むのか” に対して 2 件のコメントがあります

  1. XJRT より:

    ホワイトペーパーのほか、直近の事情については、Mediumでの以下の公式ポストが参考になります。方向転換をしている箇所もありますので、ご参考までにどうぞ。

    https://medium.com/@jibrelnetwork/project-update-q1-2018-85c348e2fe8b
    https://medium.com/@jibrelnetwork/jcash-jbonds-and-proof-of-solvency-3b655444cf3f

    CryDRは jCash、jBonds、jAssetsの3本柱になるようです。また、jCashはAML/KYCとの兼ね合いで完全にFiatに支えられたものとなり、残りの2つがJNTに支えられるものとなるようです。

    “we expect JNT-backed jBonds to represent 70-75% of total value on the network. With fiat-backed jCash representing the remaining 25–30%. In addition, we expect jBonds to grow relative to jCash over time, as solvency becomes easier and easier to maintain (i.e. crypto-economy volatility decreases).”

    とありますので、主軸はjBondsになる見込みです。

    また、先日JibrelがスイスのFINMAの認可を受けた模様です(https://imgur.com/a/ommX8)。すでに報道済のUAEのSEED Groupとのパートナーシップも含め、プロジェクトは着実に前進している模様です。

    1. とみます より:

      XJRT様、初めまして!!
      教えて頂きありがとうございます!!
      jBonds…債券ですか、読ませて頂きます。
      スイスに、UAE…ビズネスが加速しているんですね。とても楽しみです。
      貴重な情報に感謝いたします。XJRTさんに幸あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です