KuCoin取引所とは、直近の配当実績から「KCS」トレード方法まで

 

こんにちは、読者の富も増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

3ヵ月ぶりに来ましたね。クリプト通貨の上昇が。

特にKuCoinに上場している通貨が爆上げしています。

 

これまで買い増ししてきましたが、皆さんもおめでとうございました。

 

ただし、資金の流入量は、まだ油断できない状況にあります。

原資を回収していない人は、必ず一部を利確し、リスクオフの状態でクリプト通貨トレードに向かってくださいね。

 

一方、

  • そもそもKuCoinとは?
  • KCSの配当の利回りって?
  • SCAM(詐欺)じゃないの?

って方は、改めて基本情報をまとめたので、ご参考ください。

 

今回は優先的に「KCS」を見ていきます。

とみます
この内容は「KCSの配当とトレード実績」についてです。

それでは、どうぞ。



 

KuCoin取引所とは

 

去年の11月にKuCoin取引所を知った。

>>ChangeCoinがついに「11/7」に上場するって、取引所「KuCoin」とは。利益確定は…

 

それから早半年。

改めて振り返っておこう。

 

彼らは「安定性のある取引所プラットフォーム運営」を目指している。

 

実際、私が普段使用している国内の「Zaif取引所」と比べ、かなり安定している。

(さすがに、去年末あたりの「プチ?バブル」時は、サーバーメンテが頻繁に行われたけどね。)

 

んで、人気がある理由は、独自トークン「KCS」だろう。

 

KCSトークンの配当とは

 

KuCoin取引所の独自トークン「KCS」を、KuCoin取引所内で保有していると、毎日、彼らの手数料利益の一部を得ることができる。

正確にいうと、彼らの手数料利益の「50%」を「KCS」ホルダーらで按分する

 

しかも、彼らが扱っている全てのクリプト通貨に対して。

今「133種類」のクリプト通貨を扱っている。

 

…とんでもねぇ。

 

しかも、上場しているクリプト通貨の質がいい。

これまでファンダーに怪しい動きがあったら、直ぐにでも「Unlist(上場取り消し)」してきた。

 

んで、一応、この収益を便宜的に「配当」と読んでいる。

正確には「KuCoin Bonus」だが、まあ「配当」の方が頭に残りやすいので。

 

んで、この「配当」が

  • 証券法に触れる?
  • 実際に支払われていない?

だとか、悪い噂が流れて、先月には「SCAM(詐欺)」扱いされていた。

 

まあ、個人としては、得た収益を、ちゃんと所得(大半な人は雑所得)計算して、確定申告をしていれば問題ないだろう。

(詳しくは、担当の税理士や税務署に聞いてね。)

 

最近、トレード履歴も吐き出せるようになって、地味に嬉しい↓

 

んで、マイナスなニュースが流れた時は、基本は「買い」なわけで。

3月~4月にかけて、ちょくちょく、買ってきた。

>> 疑惑が多々ある中で、私はNo.31の「KuCoin」の「KCS」を少しずつ買い戻し…

 

まあ、トレード話は後にして、その前に「配当実績」をみておこう。

 

KuCoin「KCS」の配当実績

 

KCS180422-4

 

↑今、手元に約「10万円」に相当する「KCS」を所有している。

この「配当実績」は、「KuCoin」⇒「Discover」⇒「KuCoin Bonus」で確認できる。

 

んで、全てのクリプト通貨に対する「配当合計」が「約13円」。

最近、クリプト市場が旺盛になってきたってのもあって、いつもより多い。

 

これが「毎日」だから…

13円×30days = +390円/月。(推定)

  • 月利にして「+0.39%」。
  • 年利にして「+4.68%」。

 

おぉー。

Bnakeraも今は「年利1%」を切っているから、こっちの方がすごい。

 

しかも、投資金は、すでに回収しているので、実質の利回りは「∞」(無限大)なわけで。

去年からの読者は「ニヤニヤ」しているんじゃないかな。ホントにおめでとう。

 

もし、まだ投資金を回収していない人は「原資回収」を第一優先にしてね。

精神的な余裕が違うので。かなり。

 

その後で、余った一部で、トレードをしていき、さらに増やしていこう。

 

KuCoinの本当の魅力

 

なんでこのクリプト通貨が気に入っているか、理由が3つある。

  1. ファンダーの顔が確認できる。
  2. 彼らのKCSはロックされている。
  3. マーケティングが秀逸。

かな。

 

それぞれを見ていく。

 

1 ファンダーの顔が見える

 

といっても、私は、直接会ったことがない。

インターネットでしか確認したことがない。

 

だから、ホントはどうかはわからないよ。

一応、チームの顔がアップされているので、どうぞ。

ブログに書かれた内容は、

  • ユーザー400万人以上
  • 133トークンを取り扱う
  • 334の取引ペアを扱う
  • 2017年8月の最初のチーム写真あり
  • シンガポール拠点のチーム写真あり (本社をシンガポールに設立)
  • フィリピン拠点のパートナーチーム写真あり
  • 水増しのない取引量を報告している。
  • イングランド、リトアニア、ドバイ、マルタ、日本、韓国に拠点を設けるための申請書を提出
  • 第3四半期に向けて、ユーザーサポートをより徹底する

とのこと。

 

個人的に気になったのは、

「確実にチームメンバーが増えていること」と「国際的に進出している」ということ。

 

あと「Binance」や「Okex」の水増し問題を、誰も触れていない? が、KuCoinは「潔白な」感じが印象的。

 

2 彼らのKCSはロックされている

 

ホワイトペーパーに書かれているんだけど、改めてまとめておこう。

  • 第一期で発行された「7,000万 KCS」は、4年間(~2021年9月2日)ロックされる。
  • ↑ファンダーは、譲渡もできないし、売却することもできない。
  • 第二期で発行された「3,000万 KCS」は、2年間(~2018年9月3日)ロックされる。
  • ↑コンサルタントやエンジェル投資家が相当する。
  • 私のような一般ユーザー向けの「1億KCS」は、ロック期間がない。

 

ということは、少なくても「2021年」までは期待。

 

今、市場を動かしているのは、一般ユーザーか、エンジェル投資家らの追加投資か、である。

まあ、それでも大きく動いているんだけど。

 

とりあえず、今年の9月は「3,000万KCS」がリリースされるので、注意が必要。

どんな動きになるかを楽しみにしつつ。

 

あと、今月、第2四半期(2018月1月~2018年3月)のKCSのバーンが行われた↓

ホワイトペーパー通り、彼らの利益の「10%」を四半期ごとに、買い戻してから消滅させる。

 

だから、これを狙って、仕込んでいたんだけど、直ぐには増えなかったね。

まあ、ちょうどトレンドの転換期になっているみたいだけど…

 

偶然かな。

それは、後述するとして、3つ目の魅力について。

 

3 マーケティングが秀逸

 

たまに、こんなキャンペーンをしている↓

↑USDTの取引手数料が「30%オフ」キャンペーン。

さらに、リツイートし、その画面をスクショして、指定されたフォームを送ると、BTCをゲットできる。

 

意外に、これが、当たる。実際、私も、2回当選している。

といっても、合計で「+450円」くらい。

 

このような活動を積極的に行っているので、認識がどんどん広がっていく。

去年みたく「ドッ」と押し寄せることになるんじゃないのかな。

 

ちなみに、KuCoiinでかかる手数料は

 

海外株を買うときと比べたら、相当安い。

そして、取引所の中でも、まあ安いかな? くらい。

 

気にしなくていいレベルだろう。

んで、やっと本題。

 

KCSが暴騰!! チャート確認

 

KCSが暴騰した↓

KCS180422-1

引用…KuCoin

↑ETH/USDTのチャート。

個人的に、KuCoinの「UI(ユーザーインターフェース)」が一番使いやすいので、これで説明していく。

 

いつものように、下落局面の買い戦略。

時間を分散させることで、リスクをへッジしている。

 

3回の買いエントリー。

赤いレ点で示している。

 

3月21日、資金が「ぐっ」と入ってきた。

だが、その後、抜けていく。ダマしかな?

 

ここでは、何もしない。

(できれば売りたかった。反省。)

 

んで、次に、平均移動線「50日」を超えたあたり「4月9日」。

ちょうど、KuCoinがKCSを買い取りバーンした後。

 

トレンドが転換したように見える。

その後、緩やかに上昇していき、昨日から今日にかけて、再度、資金が「ぐっ」と入ってきた。

 

それに伴い、急上昇。

約1.5倍に。

 

底値で買えた人は今のうちに、原資を回収しておこう。

私も一部をUSDTに戻した。

 

んで、その後は、トレンドフォローが続くかな。

 

今のところ、市場にインした資金は、前回の場合とほとんど変わらない。

なので、それを超えてこないと、下がる可能性がまだある。

 

様子を見つつ、上がるようなら、売りシグナルが出るまで、大半(8割くらい?)の「KCS」は寝かせておこうと思う。

一方、KCSの一部(2割くらい?)は、予約「売り」注文をしておき、指さればラッキー程度に出しておく。

 

これから帰宅後が楽しみになるんじゃないのかな。

わくわく。

 

こんな感じに、会社員の優位性(相場に張り付かなくていい性質)を生かして、勝手にお金を増やしていこう。

 

KCSの買い方

 

  1. Zaif」等の取引所より「ETH」を買う。
  2. KuCoin」取引所に送金し、「ETH」で「KCS」を買う。

この方法が、最も、手数料が安い。

 

おわりに

 

以上「KuCoin取引所とは、直近の配当実績から「KCS」トレード方法まで」でした。

 

思った以上に早かったですね。

もう1段階下落してから、買い増ししようと、注文を出していましたが、指さりませんでした。

 

いつも言っていますが、私はど素人。

完璧なトレードはできませんが、トレード術を学びつつ、実践しています。

 

それでも勝てる市場が、今のクリプト通貨。

早くリスクオンして、早くリスクオフする。

 

これで、原資を回収できた人は、おめでとうございました。

これからも自分のペースで、トレードライフを楽しんでいきましょう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも幸あれ~。

 

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「536名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、495人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です