戸籍の附票(ふひょう)とは/住所2回変更+結婚で新戸籍の場合

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

区分を3年間所有し、物件の価格が上昇したことから、売却を決断。

その際に、登記手続きの関連で…

 

私の場合、

  • 住所を2回以上変更している
  • 結婚し、新戸籍になっている

と、少し、手間のかかる状況に。

 

登記関連で必要な、附票(ふひょう)について、まとめておきます。

とみます
この内容は「附票」についてです。

 

住所変更を2回変更した場合、附票(ふひょう)が必要

 

悪戦苦闘しつつも、戸建てを入手。

>>引き戸の玄関扉が開かない(錠前修理)

 

住所変更も行い…

ん?

 

並行して進めていた、ワンルームマンションの売却。

登記手続きが変わるかも?

 

ということで、

不動産業者に、事前連絡を入れたところ…

 

  • 新しい住所の住民票

に加え、

  • 戸籍の附票(ふひょう)

が必要とのこと。

ぬ?

附票ってなんだ?

 

戸籍の附票(ふひょう)とは

 

住民票の場合、

  • 引越し前 (1つ前の住所)
  • 引越し後 (新しい住所)

が表記されている。

 

ところが、住民票に記載されるのは、1つ前の住所まで。

私のように、購入時の住所から、2回以上の住所を変更した場合、購入時の住所を証明できない。

 

そこで、

  • 戸籍の附票

を用意する必要が。

 

附票とは、

  • これまでに変更した、全ての住所が表記されている証明書

のこと。

 

ちなみに、この附票は、

  • 本籍地の役所に、問合せる。

 

地域によっては、

郵送でも対応しているみたい。

 

私の場合は、郵送でオッケーだった。

ところが…

 

結婚した場合、戸籍が変わる。その場合、旧戸籍の附票が必要

 

早速、附票が家に届く。

(ちなみに、新住所に届くので、まだ引越していない場合は、少し面倒。郵便局に取りに行く羽目に。)

 

んで、早速、内容をチェックすると…

 

あれ?

1つ前の住所と今の住所しか、記載されていない。

(欲しい住所が記載されてないない…。)

 

ん?

どういうことだ?

 

業者経由で、司法書士に聞いてもらうと、

  • 結婚した場合などで、戸籍が更新されている場合がある

とのこと。

 

ぬぬー!

それだ。

 

ということで、

  • 旧戸籍の附票をもらうことに。

 

市役所に電話で聞くと、

父親の戸籍にて、自分の分を指定すればいいとのこと。

 

どうも、合っているか不安だったので、

  • 投資物件購入時の住所と、
  • 1つ前の住所が記載されている、

附票をくれと、郵送しておいた。

 

結果…

無事に、欲しい住所が記載されている、附票が届いた。

 

ふー。良かった、良かった。

結局、残金決済日のギリギリに。(→余裕を持って、売却活動を。)

 

売却担当者も焦ってたみたい。

(本籍地まで足を運んだそう。申し訳ない!!)

 

これで、何もなければ、予定通り、1区分目の決済が終わるはず。

一歩ずつ、進めていければ。

 

おわりに

 

以上「戸籍の附票(ふひょう)とは/住所2回変更+結婚で新戸籍の場合」でした。

 

司法? 登記関連って、煩雑な書類が多くて、滅入りますね…

ブロックチェーンで、チャっと証明できるような時代になることに、気長に期待しつつ。

 

今回の1区分の利益(約180万円)を元手に、次の物件へ。

キャッシュフローを増やしていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1003名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って、行動してきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です