3-73 20代投資家にとっての「団体信用生命保険」とは-不動産購入前に考える

 

こんにちは、今回は「団体信用生命保険」について。

「不動産を借入で購入した場合、生命保険の代わりになる」のはどういった仕組みなのでしょうか。



 

 

投資家にとっての「保険」の重要性

 

投資家は、未来の収益を獲得するため、貴重な資源を投げている状態なので、損失はできるだけ避けたい

勝ち続ける投資を行うためには、予期せぬ出来事のために、事前に準備してある必要があって、その一つに、保険という考え方が大変重要だ。

 

その考え方は「生命保険」にも当てはまる。

ただ「生命保険」と言っても沢山の種類があるし、仕組みが複雑なものも多く、正直言って億劫になってしまう。

必要とする人の、家族構成、家計状況、年齢など…

全てを考慮した最適な保険の選択は簡単ではないし、正直面倒だ。

でも、ちゃんとやらないと、無駄な保険料金を払うことになってしまうので、それは避けたい。

 

そこで、20代独身の私が実際に使用している「生命保険」ついて、紹介する。

 

 

 

私の加入している「保険」について

 

社会人3年目の12月末を迎えたこともあり、自分の「保険」について考え直してみた。

答えから言うが、私は「保険」らしい「保険」には加入していない。

 

これはどういうことかと言うと、もちろん、義務付けられている「健康保険」には加入している。

(勤務先の企業で天引きされているので、あまり実感はないものの…)

私は20代独身であるため、過去のブログでも紹介したが健康保険で十分に賄えると考えている。

また、私の両親は自分らで生計を立てており、現状仕送りをするといったお金の補助の必要性がない。

 

また、資産運用目的に海外の保険には入ってものの、認識としては金融商品の購入である。

 

そして、今年新たに加入した、不動産購入にあたって付随した「団体信用保険」が「生命保険」の代わりになっている。

「その仕組みについて」自分なりにまとめてみた。

 

 

「団体信用保険」とは

 

簡単に言うと「団体信用保険(団信)」とは

死んだら不払いな不動産ローンがチャラになる」ということだ。

 

なぜ、これが成り立つかというと、

①金持ち父さんで言う「良い借金」として、銀行から融資を受けるときに、団体信用保険への加入が必要条件の場合がほとんどで、私もこれにあてはまる。

②保険料は、融資の際の「金利」に込まれており、銀行はここから、保険会社に支払っている。

③ローン利用者が「死亡あるいは高度障害状態」になったときに、これが適応され、残ったローンは保険会社から銀行へ充てられる。

④銀行は保険会社からお金を回収するので、ローン利用者の家族に「不動産だけ」が残る。⇒収益不動産の場合、家賃収入がそのまま、家族に…

 

だから「生命保険」なんだって。

へ~、なるほどね。

 

収益不動産に投資をすることで、月々のキャッシュフローがプラス運用しつつ、こんなおまけの「生命保険」が付いてくるなんて、けっこう魅力的だわさ。

もちろん、銀行に金利利息として払っているので、100%お得なんてことはないんだけどね。

 

注意点としては「生命保険」目当てに不動産投資してはいけないといったところか。

プラスのキャッシュフローを出す収益不動産を選択した上での話であって、

月々のキャッシュフローがマイナスでは、本末転倒だ。

収益不動産はなかなか探すのは苦労するものの、投資目的としている不動産会社に「月々のキャッシュフローはプラスが絶対条件!!」と言えば、

腕のある営業マンはそれに準じた不動産を紹介してくれるだろう。

「そんな物件はありません」と言われたら、他の不動産会社をあたればいい。

 

 

おわりに

 

今回は「団体信用生命保険」について、まとめてみました。

すでに生命保険に加入している人にとっては、不動産投資を始める際は「保険料の払い過ぎになる可能性があるため、生命保険の見直しが必要である」。

これから保険を検討する人にとっては「不動産投資の借入れを上手く利用し、団体信用保険を生命保険代わりに利用する」という選択も面白いのでは。

私にとって、当分、新規の保険加入は必要ありませんでした。

一度しかない人生、少しでも賢く生きたいものです。

以上「20代投資家にとっての「団体信用生命保険」とは-不動産購入前に考える」でした。

読者登録もよろしくです。

 

 

 

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、
「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。
ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です