20代の私は絶対に「生命保険」に入らない「3つの理由」

 

とみますです。

 

生きていく上で欠かせない「生命保険」。

本当にそうなのか。

 

私は「生命保険」に、入ったことがありません。

むしろ、入らない方が「お得」だと思っています。

 

その理由を。

とみます
この内容は「生命保険」についてです。

 

生命保険の3つの役割

 

ポイントだけを。

生命保険を「3つの役割」として考える↓

insurance5

それぞれ、

  1. 死亡保障
  2. 医療保障
  3. 貯蓄。

 

①死亡保障

insurance4

まずは「死亡保障」。

これは、生命保険において、最も重要。

 

これは、あなたが死んだとき、「残された家族」のための保障のこと。

ただ…

 

a. 独身の場合

 

  • 独身の場合、まず不要

 

その理由は、残す家族がいないから。

 

b. 結婚している場合

 

次に、

  • 既婚の場合は、計算する必要がある

 

たとえば、死んだ人が会社員であった場合、その会社員は、勤め先の給料から、「社会保険料」や「共済会費」が天引されている。

 

その中には

  • 「遺族基礎年金」
  • 「遺族厚生年金」
  • 「弔慰金(ちょういきん)」
  • 「共済保障」

などが。

 

死んだ人の遺族へと支払われる保障金が、すでに用意されている場合がある。

 

その金額を調べた上で、必要な金額を調べればOK。

 

一般的なサラリーマンで、保障金額は3000万円が目安。

ちなみに、個人事業の場合、サラリーマンより年金が少ないので、4000~5000万円を保障金額とする場合が多いそう。

 

少し面倒だが、今死んだ場合の保障金を調べ、不足分を補うために、必要な分だけの生命保険に加入するのが賢い。

もし仮に必要だった場合、「死亡保障のみ、掛け捨てタイプ」が安く、費用対効果が期待できる生命保険です。

 

不足分は、個人の事情によって違いが出ますので、奥さんと話し合って、決めていきしょう。

 

c. 不動産投資をしている場合

 

  • 不動産投資をしている人は、絶対に不要。

 

そう、私だ。

「団体信用生命保険」に、加入している。

>>生命保険に迷ったら、20代会社員独身は「団体信用生命保険」が最強!!

 

 

簡単に言うと、借入をしたにも関わらず、ローン返済が「ちゃら」になる。

家族に、不動産が残る生命保険のこと。

 

仮に、会社員の旦那さんが死んだ場合でも、奥さんは、家賃収入という「お金」を不動産から得ることができる。

つまり、月に、数万円~数十万円の家賃収入が入る。

 

「生命保険」なんて要らねー( ゚Д゚)。

 

ただし、賃貸者が着くような物件であること。

まあ、収益物件を選んでいればOK。

 

②医療保障

insurance2

次に、医療保障。

 

これは、死ぬまではいかないけど、いざというときの「医療費」のため。

たとえば「がん」や「大けが」など。

 

だが…

  • 「健康保険」があるじゃないか。

 

日本には「健康保険」がある。

誰もが入っている↓

 

  • 会社員は、健康保険。
  • 自営業者は、国民健康保険。

 

でも、意外に知らない人が多い。

この健康保険、実は「かなり手厚い」。

 

  • さらに「高額療法費制度」も。

 

この制度は、万が一、大きな事故があった場合、「自己負担額の上限額」が決められている

たとえば「100万円~200万円の医療費がかかった」としても、原則として「月10万円前後」で済まされる、だとか。

 

データによると、支払われた医療保険給付金の一件当たりの平均額は「約14万円」。

アンケート調査では、実際の支払金は「月11~12万円+ベット代」だそう。

 

ここから言えることは、

  • 「月10万円+数万円の覚悟をしておけばいい」

ということ。

 

ちなみに、ベット代は、1日「5,000円」くらいも。

結構高い。泣き

 

③貯蓄

insurance3

最後に「貯蓄」。

これは、保険会社が、みんなのお金を集めて「資産運用」する。

 

本来、プラスになった、お金を、私たちに分配していく。

が、プラスの運用ができていない。w

 

分配されねー( ゚Д゚)。

 

さらに、一度、加入すると、途中で解約しづらい。

「反則金」とかで、お金を持ってかれるらしい。

 

どうなってんじゃ。

なら、自分で「運用」するわ。

 

3つの理由のまとめ

 

それぞれ、

  1. 死亡保障 ⇒ そもそも独身だし、もっと言えば、団体生命保険あるし。
  2. 医療保障 ⇒ 健康保険あるし。
  3. 貯蓄 ⇒ 自分で運用できるし。

ってことで、不要。w

 

さいごに

 

以上「20代の私は絶対に「生命保険」に入らない「3つの理由」」でした。

 

保険の営業マンは、自分の売上のため「必死に不安を煽り、売ってくる場合が多いらしい。

気をつけましょー。

 

仮に、遭遇した場合は、営業マンに「どんな保険に入っているのか」聞いてみましょ。

多分、答えられないので。w

 

なお、このブログは「生命保険のカラクリ」岩瀬大輔著作、文春新書、2013年第14刷発行、を参考にしています。

 

アマゾン↓
生命保険のカラクリ (文春新書)

 

楽天↓
生命保険のカラクリ(by 楽天)

今日も、最後までありがとうございました。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です