1号アパートのプロパンガス業者との契約について

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ようやく、契約書が届き。

もう1年6か月が過ぎようとしているが。w

 

当時、初めて購入した1号アパートは、空室があり、プロパンガス屋と協力して、仕上げたんよね。

今回は、大家視線での、無償貸与の契約書についてです。

とみます
この内容は「プロパンガス屋との契約書」についてです。

 

プロパンガス業者からサービスを受けよう

 

1号アパートは、プロパンガスが使われており。

アパート購入後、貸与サービスを受けるために、そのプロパンガス屋に電話したのが始まり。

>>プロパンガス「価格の調べ方」から「仕組み」まで。LPガス屋への交渉術

 

相手のビジネスを知り、相手に利益を持たせながらも、

自分にとっても、好ましい条件を引き出す。

 

言葉にするのは、簡単だが、

実行するのは、とても難しく。

 

結果的には、交渉が苦手な私でも、なんとか、これだけのモノが無償貸与に↓

  • エアコンと室外機 3式 24万円
  • 給湯器とリモコン 3式 45万円
  • 浴槽とシャワー水栓 3式 20万円

計 89万円

 

おー、

店舗価格に近い金額かな?、少し高い印象だが、

まあ、これだけ、協力して貰えたのは、当時30歳のヒヨコ大家にとっては、とてもありがたく。

(これらは、10年の無償貸与契約。→10年経てば、貸与分がタダでもらえるよー、的な。)

 

自分らが、床の貼り替えや内装DIYをしている一方で、業者らの仕事を拝見し。

>>202号室にガス業者が下見、浴槽が…

 

ん?

この契約書では、台所までの混合水栓などの、配管工事が含まれていない…?

 

まじか。

工事に関しては、貸与ではなく、本当の無償サービスしてくれたんか(*´▽`*)スゲー。

 

んでだ。

なんでようやく、契約書が届いたかというと…

 

他のプロパンガス屋の営業がきっかけ

 

他のプロパンガス屋さんが、1号アパートの謄本を調べて、よく家に営業に来るんよね。

 

ここ1年で、3社は来たかな。

不動産の話もできるので、とても楽しい時間なのだが。

 

相手もビジネス。

  • ウチは口頭ベースで契約書が無いんですよ~

みたいなこと言うと、

 

法的に有効な文面が無いので、

  • 向こうが勝手にやったもの

として、新しい契約もできますよー

と、そそのかされ。

 

さすがに、それは、できません。w

ってことで、今のプロパンガス屋に、契約書を催促したんよね。

 

何回も。w

担当者が変わったこともあり、幾度かスルーされ。

(良いのか、100万円レベルに近い、契約だぞ。w)

 

それが、ようやく、届いたので、

具体的な金額が分かった次第で。

 

口頭ベースでの約束が多い?

 

ってことで、まだまだ、

  • 口頭ベースの約束事が多い業界

なんだな~と悟り。

 

この辺は、キッチリしすぎるのも、うるさく思われそうだし、

さじ加減が難しいわね。

(イーサリウムのコントラクトなどとは全く逆だ。)

 

信頼関係を、上手いこと構築しつつ、

大家業を軌道に乗せていければ。

 

もう1つくらい物件が買えると良いなぁ。

(借金してだけど。w)

 

気長に活動しつつ。

 

おわりに

 

以上「1号アパートのプロパンガス業者との契約について」でした。

 

地方あるあるな内容で?

田舎といえど、プロパンガス業界の競争率は高いので、これだけ有益なサービスに繋がっているのかもですね。

 

1つずつ、知識と経験を積んでいければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「125名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です