プロパンガス「価格の調べ方」から「仕組み」まで。LPガス屋への交渉術

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

2年前は、賃借人として、プロパンガス屋に交渉して、プロパンガス単価を下げましたが…

今度は、大家として、プロパンガス屋に初期投資の交渉を。

 

点と点を結びつつ、

彼らの収益モデルを事前に調べた上で、いざ交渉GO!!

とみます
この内容は「プロパンガス屋との交渉」についてです。

 

【賃借人なら】プロパンガスって高い。

 

千葉に越してから、早5年。

当時、賃貸物件を借りて、住んでいたが…

 

プロパンガス高すぎ。

>>引越したアパートのプロパンガスが高すぎ、ガス会社と交渉して安くなった方法とは

 

  • 単価 620円/m3
  • 基本料金 1,700円

そこで、大家や管理会社に相談した後、プロパンガス屋に直談判。

 

結果、

  • 単価 450円/m3
  • 基本料金 1,700円

に、なったんだよね。

(自分だけ特別に…。誰にも言うなよ。)

 

そういう背景もあり、

気にする人が少ないのかも…

 

ということで、今度は、自分が大家に。

まず、プロパンガス屋の収益モデルとは?

 

プロパンガス屋のビジネスモデル

 

簡単に調べてみる。

 

このサイトに、なんと、販売価格が記載されている↓。w

propane-gas191225-1

引用…http://www.j-lpgas.gr.jp/

 

  • 価格→LPガス価格の推移

とあるので、そこをクリックすると…

 

こんな感じのエクセルがダウンロードされる↓

propane-gas191225-2

 

ざっと、大きな流れとして、

  • 原産国→輸入業者→卸業者→小売業者→最終消費者

の流通経路。

 

単位がバラバラに記載されているので、それぞれ、同じ単位にしてみよう。

そのためには、プロパンガスの重さと容積の関係を用いて↓

  • 1kg=0.458m3。

 

19/10月で並べてみる↓

  • 原産国→輸入業者  105円
  • 卸売→小売  243円
  • 小売→消費者 676円

 

ぐっは。

小売りから、消費者で、

  • 約3倍に

跳ね上がるのね。

 

まあ、

  • 人件費
  • ボンベの輸送費
  • ガス化? 充填費用

等があるので、あながち、仕方ないにしても…

 

高すぎ。w

 

それだけ、儲かってなら…

大家への設備サービスを充実させてよ。

 

【大家なら】プロパンガス屋の設備サービス(初期投資)を利用しよう。

 

なんとなーくだが、プロパンガス屋の収益モデルが分かった。

となれば、一緒に協力の関係を築こうじゃないか。

 

たとえば、空室が埋まるものなら、

大家の私も、プロパンガス屋も、嬉しいわけ。

 

プロパンガス屋にとって、

2年とかで投資分を回収できれば、万々歳じゃない?

 

ってことで、

今のプロパンガス屋さんを、まず、アパートに呼び寄せる。

 

できれば、

  • 卸売り(元付)

の方が、仲介が少ない分、サービスが充実しそうと思ったけど、どうも今のプロパンガス屋さんは、

  • 小売り

のようで。

 

それでも、そこそこに大手?

でやっているらしく、サービスは充実してくれるそう。

(地域毎に、担当者がいるので、その方と交渉し、プロパンガス屋の上司/会社へ提案していく。)

 

空室の部屋を、

ああや、こうや、談話しながら、話を具体化していく。

 

さすが、プロ。

的確な施工内容なこと。

 

ん?

その中で、一つ、私に見落としていたことが。

 

なんと、202だけでなく、203も、流し台に水道しか来ていないことが発覚。

くぅー。蛇口が、混合栓だったので、油断してた。こんなこともあるのね。

(教訓。流し台の下の棚奥の壁は、必ず開けるべし。)

 

そして、気になる交渉結果は…

 

プロパンガス屋へのサービス交渉結果

 

空室の3部屋に対し↓

  • バランス釜を給湯器に変更。
  • ↑追い焚き。
  • ↑浴槽も交換してくれる。(バランス釜の抜けた穴を埋めるべく、一回り大きくなる。)
  • ↑シャワー水栓付き。
  • 台所まで、給湯の配管工事も。
  • エアコンも。

(給湯器など、故障や退出があった場合のケアも一部あり。)

 

のほー。

けっこう、サービスしてくれるのね。

 

ざっと、100万円くらい?

Max想定の90%の回答を得られたので、大満足。

 

さすがに、+流し台は、厳しいようで。w

(せっかくなので、別途、見積を依頼中。)

 

ん?

思ったより、トータルのリフォーム費用が、からないんじゃないか。

(内装は、我々の得意分野だし。)

 

結論↓

  • 部屋を借りるなら、プロパンガス単価の価格交渉をしよう。
  • 大家なら、プロパンガス屋の協力を得よう。

 

つまりはあれだ。

どちらに転んでも、知っていれば得するってやつだ。

 

ちなみに、本アパートのプロパンガス価格は…

  • 単価 570円/m3
  • 基本料金 1,700円

 

う、ちと高い?

あまりに高いと賃借人からクレームが来るので気を付けつつ…

(独身向けの1Kなので、そこまでに気にしていないのかもね。)

 

おわりに

 

以上「プロパンガス「価格の調べ方」から「仕組み」まで。LPガス屋への交渉術」でした。

 

彼らのビジネスモデルが分かってしまえば、交渉もスムーズに進められますね。

無理な要望で毛嫌いされるのではなく、互いに利益をもたらすように。

 

彼らの修繕は、来年になるので、今の内に、それ以外を進めておこう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1166名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です