【奴隷制度からの解放】サラリーマンが会社を買う時代? その理由とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

本屋で、気になる本を見つけました。

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」です。

 

筆者は、投資ファンドを切り盛りしている「水戸 政和」さん。

企業の買収かぁ。

 

どんな、世界なんでしょ。

サクッと、レビュー? まとめておきます。

とみます
この内容は「会社×買収」についてです。

 

筆者「三戸 政和さん」とは

 

  • 株)日本創生投資

の代表

  • 三戸 政和 (みと まさかず)

さん。

 

彼は「30億円」の投資ファンドを運用しているそう。

 

もともとは、

  • ソフトバンク・インベストメント (現 SBIインベストメント)

の会社員だったらしい。

 

その時は、ベンチャーキャピタル(VC)の仕事に携わっていただとか。

 

「ベンチャーキャピタル」は、会社を丸ごと買うのでは無く、みんなで持ち合って「出資」すること。

一人「数%」だとか。

 

んで、その後は、独立。

投資家を口説くことで、「30億円」の出資を集めただとか。

 

すげー( ゚Д゚)。

 

サラリーマンが会社を買う3つの理由

 

んで、そんな彼が、会社の買収を勧めている。

その理由は、3つ。

  1. 自分のキャリアを生かす
  2. 資本家になることで、労働の対価では得られない金銭的メリットを享受する
  3. 人生100年時代の老後不安から自由になる

引用…サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

とのこと。

 

なーる。

彼のアプローチは「会社の買い」。

 

一方、私のアプローチは、

区分、日経225オプション取引、ブログ、クリプト通貨、VIXなどの「組合せ戦略」に、なるのかな。

 

なんだか「会社の買収」とか、敷居が高そうじゃん…。

 

300万円で会社を買える時代?

 

と思いきや、

中小企業の「M&A」市場が、ここ10年で、盛り上がっているらしい。

 

M&Aは、

  • Mergers(合併) and Acquisitions(買収)

のこと。

 

上手くやれば、

「300万円」で会社を買えるとか。

 

なんと。

区分所有と同じようなノリ? で、できるものなの?

 

とまあ、そう、甘くは無い。

専門的なスキルや経験は、やはり、要るみたい。

 

仲介やフィナンシャルアドバイザーを頼りに…

と、書いてあるが、情報の格差があるため、やはり、ぼったくられることも。

 

うーん、やぱ、それなりの研究は、必要な感じ。

もともと、クローズドな案件が多かったらしいが、今は、オープンになってきただとか。

 

試しに「M&A案件」で検索してみると、

などなど、売買サイトが見つかる。

 

へー。

意外にも、多くの会社が、売りに出ている。

 

ゼロイチ起業よりも、買収の方がうまく行く?

 

ゼロから事業を立ち上げること「ゼロイチ起業」。

 

成功している起業家は、スゴイ。

ただ、「起業家そのもの」になるのは、避けた方がいい。

 

あなたが思っている以上に「ハードモード」だし、彼は、実際に「起業地獄」を見てきたらしい。

大多数は、水面下に沈んまま、「しかばね」として、転がっているのだそう( ゚Д゚)ヒエー。

 

それよりも、経営が成り立っている会社を引き継ぐことで↓

  • 設備
  • 顧客
  • 従業員
  • 仕入れ先
  • 取引銀行

を、そのまま維持し、業績を保つことができればOK。

 

確かに、起業するよりは、ハードルは低いかも。

 

まあ、そもそも、従業員を持たない働き方を、模索してきたんだけどね。w

こういう考え方もあるんだなぁ。メモメモ。

 

あと、飲食店は「M&A」でも、絶対にやらない方が良いってさ。

立地に左右されやすいし、競合が多いから。

 

なーる。

 

終身雇用は現代の奴隷制度?

 

キャッチーだねぇ。

  • 終身雇用は、現代の奴隷制度。w

 

今の会社員は、幕末の武士みたいなもの。

給料(石高)は、減り続けることが分かっているのに「組織」と「制度」を重んじて、集団で座して死を待つ、みたいな。

 

経済成長期の「過去モデル」が、今も運用されていて、もう、通用しないんじゃないか、って。

 

なーる。

あながち、合っている気がする。w

 

脳死で働いている人、多くない?

 

ってことで、

  • 会社は、趣味で行って、
  • お金は、自分で稼ぐ

くらいの方が良いのかな。

 

簡単じゃないんだけどね。w

まあ、「安定」と「お金」を求めて、会社に行ってはいけない、と理解した。

 

「社長になる」とは

  • 自分の人生を心豊かに歩むために必要な「自由」を手に入れるため。
  • 好きなことを、好きな時に、好きなようにやる。
  • 時間の切り売りをしている「会社員」では、自由になれない。

とのこと。

 

やはり、「自由」かぁ。

自分の時間が作れるのが、一番。

 

  • お金に、働いてもらい、
  • 人に、働いてもらう。

 

うーん、

「人に」働いてもらうのには、ちと違和があるけど、「お金」に働いてもらうには、大賛成。

 

「お金に」どんどん働いてもらおう。

決して「お金」のために、働くのではなく…

 

社長業。

ハヤリそう。

 

選択肢(オプション)のある人生を。

 

今回、参考にした本です。

>>サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

 

合わせて、私の本も、どうぞ↓

>>経済的半!自立を達成するための5steps

 

おわりに

 

以上「【奴隷制度からの解放】サラリーマンが会社を買う時代? その理由とは」でした。

 

実は最近、会社は「無担保無保証」の制度に変わったらしく、社長の「返済義務」が無くなったらしい。

(ただし、法人と個人が明確に分離されている場合)。

 

その理由は、中小企業の黒字「倒産」が増えているからで、国も「ナントカしたい」状況だとか。

これにより、実質的な、会社の買収リスクは「株式買収の資金のみ」に。

 

なーる。

これからハヤリそうな…。

 

てか、もう、ハヤッてる?

情報のアンテナだけは、立てておこう…。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「731名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です