1-14 オプション取引の証拠金

こんにちは、

前々回にオプション取引について話しました。

今回は、プット(売る権利)の購入に挑戦です。

 

が、エラーが出てしまい、買うことができません。(泣

 

なぜ?

 

それは、今回の取引の場合、前回よりも多額な証拠金が必要らしいのです。

 

証拠金とは、取引を行うための最低限必要なお金です。

 

これは現金だけでなく、持っている株式でも代用できます。(NISA口座の株式は×)

 

証券会社のヘルプに従い、証券会社が提供しているシミュレーション(無料)を使用し、欲しいと思ったプットを買うのに必要な証拠金を調べました。

 

その金額は約30万円…。

 

取引内容によって、証拠金額は大きく変わるんですね。

 

また、結構な金額が必要なことを思い知らされました。(泣

 

フィールドにも立てないなんて…。

 

と思いつつ、切り替えます。

 

今は下積みの段階であると考え、以下の本を読んで、株式について勉強しました。

この本では、

 

①筆者の投資スタイルの紹介

 

②外国人投資家の投資に対する考え方や売買パターン

 

について紹介されています。

 

現状、投資スタイルを確立できていないので、まずは、①を優先的に取り入れていきます。

 

相場のことは相場に聞け」理論のもと、上昇トレンド、ボックストレンド、下降トレンドにおける、チャールズ・ダウが述べた見分け方について、勉強しました。

 

今までは、上値抵抗線と下値支持線で何となく判断していたので、トレンドを見極める判断材料を増やすことができました。

 

本書の売りでもある、外国人投資家の動向はまた後日。

 

最近、トレードばかりの話で、投資ではなく投機になっている気が…。

 

反省しつつ、投資と投機の違いを理解していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です