1-13 ウォール街のランダム・ウォーカー

こんにちは、

紙のレバレッジについて、継続して勉強中です。

チャートをフォローするも多いので、「ウォール街のランダム・ウォーカー」を参照しました。

 

この本では

 

「個人投資家にとっては、個々の株式売買やプロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックスファンドを買ってじっと持っている方が、はるかに良い結果を生む」

 

とあります。

 

それは、

「物事の過去の動きからは、将来の動き方や方向性を予測することは不可能であるから」

らしいのです。

 

ランダム・ウォークとは

「コインを投げたときに、表が出たら右へ1、裏が出たら左に1進む場合、コインを何百回投げた後は、ランダムな過程を経て最終的に0になる」

というものです。

 

この法則は、2次元系(x,y)には成り立ちますが、3次元系(x,y,z)には、この法則は成立しないので、金融市場という難しい系に対しても、私は成立しないと考えています。

 

この本では

 

「目隠しをしたサルに相場欄めかげてダーツを投げさせ、それで選んだ銘柄でポートフォリオを組んでも、プロの専門家と変わらぬ運用成果を上げられる」

 

と表現されています。

 

また、

 

「ファンダメンタル価値」(企業本質価値重視)理論

 

「砂上の楼閣」(心理的要素重視)理論

 

双方のアプローチを十分に理解することは金持ち父さん同様に大事だと言っています。

 

以上、まとめます。

個人的に参考になった点として、

 

・若い人は投資の選択の幅が大きいのに対し、年配の人は選択の余地が少ないこと。(リスクに対する許容度が異なる)

 

・人生の各ステージに応じて、株式、債券、不動産、マネーマーケット商品などの「アセット・ミックス」をいかにバランスのとれたものにするかということ(総リターンの90%はアセット・ミックスに依存)

 

・最適な資産運用計画を立てることは、科学というよりは芸術の領域に属すること

(投資原則を個人に応用する問題は、投資個々人のリスク選好である。)

 

なんか、ぐちゃぐちゃしちゃいましたね。

余裕ができたら、今回の本をより整理し、アウトプットしていきたいと思います。

ライン登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

とみますに興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在「ライン登録」して頂いた方に限り、「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに

ライン登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

ライン登録はこちらから↓↓
友だち追加

【ライン登録のメリット】

①「定期的なブログ更新情報」+「一言とみますコメント」を受け取ることで、「プラスの投資収入実績」を出すために必要な知識を得ることができる。

②個人を直撃するような経済や金融ショックが起きた場合に、その概要と解決策をタイムリーに入手できる。

③有料コンテンツを販売しているが、ライン登録者には事前にプレリリースとして、一部あるいは全てを共有しているため、無償で有料コンテンツを入手することができる。


メールアドレス登録も始めました。どうしてもラインは…という方は、こちらから↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です