4-38 マークの「大富豪の投資術」まるで「投資の辞書」、不真面目な20代は絶対に読まないで

 

こんにちは、読者の富を増す、とみますです。

今日は「大富豪の投資術」についてです。

 

Jpeg

 

この本の筆者は「マイケル・マスターソン」という人です。

 

彼はもともと「年収350万円」の人でした。

ですが、たったの「2年」で「年収1億円」を達成したそうです。

 

その「資産形成術」をこの本で公開しているとのこと。

「お金の匂い」に敏感な私は、早速、購入し、読んでみました。

 

タイトルに「大富豪」とありますが、本の中には

20代会社員が使える「資産形成術」が詰まっていました。

 

このブログを読んだ後のあなたは「ふつーに生きていたら知ることのできない投資術」を知ることができるでしょう。

とみます
この内容は「ただの従業員が大富豪になった資産形成法」についてです。

それでは、どうぞ。



 

マイケル・マスターソンとは

 

「マイケル・マスターソン」と言う人を知っていますか。

私はこの本に出会うまで知りませんでした。

 

「マイケル・マスターソン」は言葉にすると長いので、

本名の「マーク」って呼んでいきます。

 

マークは、年収350万円を

たったの2年で年収1億円にしました。

 

一体どんな人なのでしょうか。

 

 

学歴

 

マークは、

ニューヨーク市立クイーンズ校で学士号、

ミシガン大学で修士号、

カトリック大学で博士号

を取得しています。

 

なかなかのエリートです。

ですが、彼がすごいのは、それだけではありません。

 

17歳のとき、自分で事業を立ち上げて、その事業からの収入を大学費用に充てていたそうです。

大学院では2つ3つの仕事をしつつ、修士号、博士号を取得したらしい。

 

すごい、バイタリティーのある人ですね。

 

 

「正しい道」を教えたい

 

経済的に自立していない読者に「正しい道」を伝えたい。

 

その想いでこの本を書いたそう。

 

そんな彼は、冒頭に、

「多くの人は「株式に投資するだけ」で経済的に豊かになれる」

勘違いしている、と言う。

 

そこで、「え?」っと思った方は、是非この本を読んでほしい。

株で安定的に利益が出ない理由がわかります。

 

>>マークの投資術

 

 

真面目な20代に読んでほしい

 

「株式で投資するだけでは、豊かになれない」

そんなことは知っている。

 

そう言える方は、日ごろから私の配信を読んでくれている

金融知識力の高い読者だ。

 

読者と共に成長を目指しているので、

うれしい限りである。

 

だが、そんな真面目な読者だからこそ、ぜひ読んでほしい。

 

その理由は、

これから説明します。

 

 

それは、理解しようとするから

 

マークはこう言う。

ある程度の理解力と積極的な姿勢を持ち、賢く賢明に働いている人は、7年以内に経済的に自立できる。

と。

 

なぜ、7年かというと、彼が「お金持ちになることを最優先にしてから要した期間」だそう。

 

つまり、今ある資産状況は関係なく、無一文でも「経済的な自立」は可能だということ。

そのためには、投資を深く理解し、実行することが大事なので、不真面目な人には向かない。

 

だから、物事をちゃんと理解しようとする真面目な方には、ぜひ読んでほしい。

 

Jpeg

 

 

お金の管理はできていますか

 

お金の管理は基本的に3つです。

  1. 使うこと
  2. 貯めること
  3. 投資すること

これだけです。

 

ですが、その本当の目的を知っていますか。

 

ぜひ、一度考えてみてください。

 

  1. 使うことの目的は、今かかっている●●を養い、○○を避けること
  2. 貯めることの目的は、余剰な現金を蓄えておくことで、◎◎の費用を賄うこと
  3. 投資することの目的は、△△を××すること

 

Jpeg

 

 

金のバケツの秘密

 

目の前のバケツをいっぱいにしてください。

 

Jpeg

 

この本では、こんな質問があります。

 

どうしたら、3つのバケツを「いっぱいに」できますか。

いつも読んでくれている、あなたなら簡単なはず。

 

 

実践的な内容が多い

 

他にも「自己診断」演習なんかがあって、

この本に従っていけば、

自分の経済的な立場を簡単に理解できる。

 

この演習なんかは、買って直ぐに実践できるから、

なんとなく将来が不安」という方は、

絶対にやった方が良い。

 

 

かなり詳細に書かれている

 

この本は、かなり分厚い。

Jpeg

まるで「投資の辞書」である。

実際、かなり詳細に書かれている。

 

  • 初めての賃貸不動産取引で1080万円を稼ぐ方法
  • 美術品を長期の投資戦略に組む込む理由
  • 平均的な投資家が犯す最大の過ちを回避する方法
  • 金が究極の保険と言われる理由
  • ファイナンシャルプランナーをクビにしなければいけない訳
  • 複数の収入の流れを確立する方法

 

などなど。

 

うーん、今までかなり投資をかじってきたけど、

「そんな方法があるんだ」っていう内容が盛りだくさん。

 

これから「どんどん」取り入れていこうと思う。

 

特に刺さった内容

 

この本では「経済的自立へと至る4つのステップ」が詳細に書かれている。

その4つ目の内容が、特に私の胸に刺さった。

 

簡単に言うと、

 

私の胸を刺した言葉
1万円の積み重ね」が億り人への道

 

なるほどなー。

何回も読んだけど、読めば読むほど、この言葉の本質が染み出す。

 

実際、私なんかは

  • 区分所有「桜木町」
  • 区分所有「関内」
  • 日経225オプション
  • ライティング

でそれぞれ毎月約1万円の投資収入を得ている。

 

大きくは稼げないんだけど、

やっぱり小さな積み重ねを続けることで、だんだんと結果が出始めている。

 

億を稼ぐことは、私の目標じゃない。

だけど、億を稼いでいる人と同じことをやっている。

 

そんなことに気付け、

道半ばではあるが、大変勇気づけられました。

 

今出会えてホントに良かった。

執筆者、商品の開発者に心より感謝、ありがとうございました。

 

まずは「お金持ちになること」を最優先にしよう。

 

 

おわりに

 

以上「マークの「大富豪の投資術」まるで「投資の辞書」、不真面目な20代は絶対に読まないで」でした。

この本には、日本の銀行員や証券会社の営業マンが絶対に口にできない内容がたくさん含まれています。

本来、こういう本がメジャーになるべきだと思うのですが…

 

それはさておき、この本に出合えたことに、心より感謝します。

そして、ここまで読んで頂いたあなたも、ぜひ一度読んでみてください。

5000円の本ですが、今なら50%オフの2500円で買えました。

 

>>「大富豪の投資術」の詳細はこちら

 

Jpeg

 

もうすぐお盆休みですね。

時間のある時に「じっくり」お金と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

公式LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「公式LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「80%」で、「満足率」も「80%」とのことでした。現在、43人の方が登録しています!!めちゃくちゃ嬉しいです。

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です