MIR4のWEMIXが10倍に

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

2021年ギャラクシーアプリのSamsung賞の1つとして選ばれた、MIR4(ミルフォー)。

ゲームで育てたプレイヤーが、NFT(代替不可能なトークン)として使えるように、現在開発されており。

(まもなくリリースされる予定)。

 

ゲーム性とブロックチェーン技術との双方からの注目度が高く、

開発しているWemade社の独自トークン(←株式みたいなもの)Wemixは、テンバガーに。

 

簡単にメモしておきます。

とみます
この内容は「WEMIX」についてです。

 

ゲーム銘柄の勢いがスゴイ

 

2017年、猫詰まりによる、イーサリウムのトランザクション手数料が高騰化。

>>ちょ。ETH(イーサリアム)が動かない(pending)、ちょっとだけ調べてみた

 

そこから、NFT(当時は、dApps)に興味を持ち、

2019年から、本格的に、ブロックチェーンゲームを触り始め。

>>年末年始はブロックチェーンゲームで稼ぐ?

 

そして、2021年。

Facebookのmetaを筆頭に、メタバースなブロックチェーンゲームが注目を集めており。

 

私自身、この活況を感じたことから、久しぶりに、触り始めているのだが、すごい進歩で。w

その1つに、

  • MIR4 (ミルフォー)

 

MMORPGと呼ばれる、

  • Massively Multiplayer Online Role-Playing Game

ゲームで、とにかく、完成度が高い。

 

今は、ゲーム内の一部に、

  • 黒鉄(ゲーム内で獲得できるアイテム)→DRACO(仮想通貨・暗号資産)

が、使われているだけなのだが、12月には、キャラクターがNFTになる予定で。

 

まあ、何より、値動きが物語っており↓

 

WEMIXが10倍に

MIR211121-1

引用…https://coinmarketcap.com/view/metaverse/

 

注目したのは、1ヵ月前の21年10月。

今となっては、上位にランクインするほどに。

 

MIR4の運営元は、韓国Wemade社で、

彼らが発行している暗号資産がWEMIXだ。

 

ゲーム自体は、2021年ギャラクシーアプリのSamsung賞の1つとして、選ばれるほど↓

 

少し前にインしていたのだが、1ヵ月で、テンバガーに↓

MIR211121-2

引用…https://coinmarketcap.com/currencies/wemix/

 

当時、200円くらいで、それなりの価格が付いていたから、不安だったけど、なんのその。

今は、2500円まで、跳ね上がっており。

 

当時は、取引所などには、上場しておらず、

さらに、専用のアプリ(wallet)を入れて、不慣れな

と呼ばれる通貨を経由する必要があり。

まあ、とにかく手間で。w

 

そのかいあってか、テンバガーなのかな?

が、DRACOにして、ステーキングとして使ってしまい、WEMIXが少ない… (泣)

 

MIR4のDRACOステーキング

MIR211109-4

>>https://xdraco.com/

 

↑DRACOのプレステーキング時の画像。

DRACOを投下した量に応じて、ゲーム内で使える武器などを獲得できる。

(外れたら、DRACOは戻ってくる。)

 

あー、

こんな感じに、ブロックチェーン技術が使われるんだなー

と、プレイしながら感心し。

 

なかなか、ゲーム性も面白くて、ブロックチェーンが上手く使われているケースは少なく。

MMORPG×ブロックチェーンゲームで、リーディングしていきそうな。

 

これからも、楽しみにしつつ。

自動でキャラクターを動かせるので、放置できるのも嬉しい。

>>MIR4の公式サイトよりダウンロード

 

PCを終夜運転させる、一種のマイニングです…

 

おわりに

 

以上「MIR4のWEMIXが10倍に」でした。

 

MIMIXを、DRACOにして、ステーキングに回してしまったので、さほど、リターンを得ていませんが。(泣)

とりあえず、原資の回収を。

 

今のGameFiやMeta銘柄は、上げ上げ。

上手いこと、余剰資金をトレンドに乗せていきたい。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です