【年利28%?】Moonwellで1500ドル(18万円)のMOVR運用開始

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

Moonwellが1000万ドルの資金調達をしたそうで。

これまで、Moonネットワーク系を触ったことが無いので、早速、触っていきます。

 

Moonwellは、レンディング系のプロトコル。

暗号資産MOVRを預け入れると利回り28%と、表示されており。

 

本当なのか?

実際に運用していきます。

 

Moonwellのプラットフォーム

MoonWell220321-1

引用…https://moonwell.fi/apollo/MOVR

 

↑Moonwell Apolloというプラットフォーム。

メタマスクでログインできる。(接続すると、Moonriverネットワークを追加できた。)

 

見た感じ、レンディングサービスだね。

  • Moonriver (MOVR)

の利回りが高かったので、これを運用してみようか。

 

まずは、MOVRを入手するところから。

 

Moonriver(MOVR)とは

MoonWell220321-2

引用…https://coinmarketcap.com/currencies/moonriver/

 

↑価格は、急落中。

一時、5万円を超えていたものの、今で7000円くらい。

大分、割安感が。w

 

まだ下がるかもしれないが、インしていこう。

扱っている取引所は↓

MoonWell220321-3

↑Gate、Binance、KuCoin、Krakenの4つだけ。

思ったよりも、少ないね。

 

まだまだメジャーな通貨じゃないのかな?

調べてみると、

  • KusamaやPolkadotのEthereum互換のスマートコントラクトパラチェーン

と認識した。

>>ホワイトペーパー

 

んー、去年のSolanaやAvalanchと比べると、この辺は見劣りしていた印象だね。

まあ、今は、チェーンネットワークの群雄割拠の時代なので、その内、人気が出てくることに期待しつつ。

 

取引所のwithdrawalにて、Moonriverネットワークを選択し、Metamaskに送金完了。

 

Moonwellのレンディングの始め方

MoonWell220321-5

引用…https://moonwell.fi/apollo/MOVR

↑接続したwalletに、対象の通貨があると、Deposit欄に表記される。

 

試しに、

  • 25.5 MOVR (約1500ドル)

を預け入れてみる。

 

トランザクション処理を終えれば、完了。

MoonWell220321-7

↑トランザクション処理中は、こんな感じの画像が出てきた。

可愛い。w

 

処理が終わると、状況を確認できる↓

MoonWell220321-8

 

ん?

  • Collateral (担保)

のNo, Yesって何だ?

 

MoonWell220321-9

ざっくり、

  • 自分のMOVR資産を他のプロトコル参加者から借りられるようにできる。
  • さらに、自分のMOVRを担保としてプロトコルから他の資産を借りれる? →Moonwellプロトコルに知らせることができる。
  • ただし、注意すべきは「健康度」が1以下になると、あなたの資産は清算の対象となる。

と書かれており。

 

うへー、今回の資金を担保にすることも可能なのね。

通貨のボラティリティリスクはあるけど、価格が下げなければ、(むしろ、上がってほしいが)、こういった使い道もあるのか…

 

色々と資金効率を高めることができそうで。

一方で、今の暗号資産のDeFi系は、サブプライムローン破綻のように、何かの拍子で、崩れ落ちる土台が整いつつあるような。

 

レバレッジにレバレッジを重ねて…?

その辺のリスクは恐いね。適宜、アクセルとブレーキを使い分けながら、運用していければ。

 

おわりに

 

以上「【年利28%?】Moonwellで1500ドル(18万円)のMOVR運用開始」でした。

 

前回のAnchorと比べると、レンディングする通貨が法定通貨では無くて、MOVRなので、その価格変動リスクがありますね。

その分、リターンが大きいといったところか。

 

色々と、勢いのある(資金調達している)DeFiを触ってみて、自分に合った運用方法を見出せていければ。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です