3-7 ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ氏

こんにちは、

良いなと思った、ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ氏の言葉について。

 

 

 

 

「東京新聞TOKYO Web-4/9」を引用する。

 

 

「私たちにとって最も大切なことは何か

 

 

生きていることだ」

 

 

この言葉に、すごくいい印象を持った。

 

 

「当たり前じゃん」

 

 

と言われそうだが、

 

 

その当たり前のことに、

 

 

気づかず、流されている人が多い気がする。

 

 

 

 

「私たちはグローバル化世界で生きていて、

 

 

金融資本が爆発的に大きくなっている。

 

 

国境がなくなり、人々が忙しく働く。

 

 

生活を大きく変え、お金が重要で、

 

 

そのための人生になっている。

 

 

お金のために自分の人生をぶちこわしていいのか。

 

 

そうした世界と若い人は闘わなければならない。」

 

 

なるほど、

 

 

昨日、この人のスピーチを見てみたが、

 

 

「私たちは、

 

 

グローバル化を作ってきたのではなく、

 

 

グローバル化にコントロールされている」

 

 

とあった。

 

 

「自分の人生った何だ?」

 

 

「幸福とは何か?」

 

 

自分を持っていないと、

 

 

グローバル化に飲み込まれてしまう。

 

 

 

彼の質素の生活が好きだ。

 

 

彼は大統領のとき、

 

 

月給140万円の9割を寄付し、

 

 

残りの14万円で生活していた

 

 

と聞いたことがある。

 

 

人間の欲は無限大だが、

 

 

彼は、お金に対して欲をコントロール

 

 

できているのだと思う。

 

 

私も見習う。

 

 

 

引用サイト

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016040990070429.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です