根太/断熱材の個人(DIY)施工-床が見えてきた?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

シロアリを発見し、早10日。

床下の解体/修繕を進めてきました。

 

ようやく、根太(ねだ)/断熱材の施工に。(個人/DIY)

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「根太/断熱材×DIY」についてです。

 

根太(ねだ)/断熱材のビフォーアフター

 

ビフォー↓

neda190815-12

↑以前に、補強したのだろうか。

根太の間隔が、途中で変わっている。

 

ん?

補強後の箇所には、断熱材が施工されていない…

 

ちょ。

業者が手間を省いたのか?

 

断熱材を切って施工するだけなのに…

しかも、断熱材の両端には、隙間のある個所がチラホラ。

 

どうなってんの、リフォーム業者。w

 

素人でも分かるくらいのヒドさだな…

ってことで、根太の引き直し+断熱材を新たに施工。

 

アフター↓

neda190815-11

 

↑うん、良い感じ。

これなら、冬は暖かいし、夏は涼しくなるはず。

 

根太(ねだ)/断熱材の費用@8畳の1部屋

neda190815-1

 

  • 根太として、米松 AD 垂木 4本1束(45×45×4000mm) 3280円×3式=9840円
  • 断熱材として、フクフォーム 8畳用 3980円×3式=11940円

小計 21780円

 

他の部屋にも使う予定なので、余裕が出る程度に、購入している。

 

根太(ねだ)/断熱材の施工手順

 

断熱材を、隅から、当てていく。

大工系youtuberによると、中央から、根太を施工していたが…

 

見ての通り、端には、前のフローリングが↓

neda190815-2

 

その下に、断熱材を入れるためには、ここから始めるしかない。

ということで、端から、施工。

 

角は、カッターでカット↓

neda190815-3

切れ目を入れると、サクッと取れる↓

neda190815-5

 

断熱材を仕込んだら、根太の施工を↓

neda190815-4

下に、根太掛け、大引きがある箇所に、ビスを打ちこんでいく。

 

ぬあっ?

やたら、打ち込みが悪いと思ったら…

neda190815-7

 

↑ビットの形状が変化している。w

こりゃあ、ビスが回らんわ。

 

そんな些細なトラブルに直面しつつ、

うん、良い感じ↓

neda190815-6

↑断熱材の幅は、約30cm。

それに、合わせたたtめ、根太の間隔も、割と短め。

(→33cmくらい。床の強度が出るので、良しとした。)

 

途中で、合板(厚さ12mm)を乗せて、随時、チェック↓

neda190815-15

 

水平器を当てて、確認するが、問題なさそう。

思ったよりも、平らになるもんだな。

 

嫁と二人×半日で、施工終了↓

neda190815-14

 

なんだか、床らしくなってきた?

シロアリの被害が無ければ、この状態がデフォルトだったのに。w

 

想定外の築古戸建て。

予定より、大分、遅れちゃった。トホホ。

 

次回は、合板をこの上に敷設。

その次は、合板の上に、クッションフロアを敷いて、床を完成だぁ!!

 

ようやく、ゴールが見えてきた(*´▽`*)。

少しずつ、前進。

 

おわりに

 

以上「根太/断熱材の個人(DIY)施工-床が見えてきた?」でした。

 

形になってくると、実感が湧きますね。

とりあえず、1室できれば、そこを拠点とすることに、できますし。

(拠点→木材の置き場や引越し時の荷物起き。)

 

一歩ずつ、進めていきます。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1084名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です